FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



ながら運転、赤信号停止中は?
携帯・スマホ操作をしながらの運転に12月から厳しい罰則が科せられました。
これは事故抑止の意味を考えると歓迎なのですが、曖昧なのは赤信号停止中の操作の是非。

車のニュースという記事の中に「警視庁総合相談センター」へ聞き合わせて回答をもらったものがあったので紹介しますね。

参考URL: こちら  2019年8月の記事です。(消えると読めないので下の続き(追記)に本文を載せておきます。)

警視庁総合相談センターによると

「厳密にいうと、赤信号での停車時にスマホを操作しても違反にはなりません。道路交通法でも、『当該自動車等が停止しているときを除き』とあるように、タイヤが完全に停止していればスマホの操作は可能です。それは、渋滞中の停車も同様で、徐行ではなくタイヤが完全に止まっている停車であれば取り締まりを受けることはありません」


確かに文面を四角四面に分析すればそういうことですね、まぁこれが法律の解釈ということです。

しかしながら・・・それは違反ではないと解釈された訳ですが、実際には(以後にも書いてあるように)信号が青に変わったことに気づかず後ろの車にクラクションを鳴らされるケースも多いと思われますし、実際にそういう場面によく遭遇します。
すぐに発進しないのは「故意でなければ違反ではない」と書かれていますが、円滑な交通を阻害しているのもまた事実。
実は昨日も片側二車線の信号待ちで青になったが先頭の並んだ2台ともが発車せず、数秒後に2台目の私と横にいる車に同時にクラクションを鳴らされて発車したといった事があったばかり。

だから信号で停止している場合も、すべきではないと思う訳で、やはり走行する車線からはずれた待避所などへ止めて操作すべきだと思います。

また曖昧で細かな部分は都道府県によって条例が異なるケースもあるので、疑わしき事柄については避けるほうが賢いと思われます。
「警視庁はそうでも高知は解釈が違うから違反!」と揚げ足を取られることもあるかも知れません。

揚げ足よりも「揚げ出し豆腐」のほうがいいですからね(笑)

20200121084225de1.jpg



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
  


(この続きはココをクリック・・・)

小さな物は当たるが・・・・
先日、お昼を食べる間もなく仕事場から別の仕事場に移動し、午後の仕事前に少し時間がとれたので近くのお弁当屋さんに行ったら、スクラッチくじをくれた。

待ってる間にこすってみたら・・・・

2020012018224275c.jpg

ん?なんだ??? 窓口のおじさんに出すとこんなものをくれた・

20200120182240a68.jpg

何のキャラかはわからんが巾着袋?何に使えばいいのかわからんが、まぁ当たると嬉しいもので貰ってきた。
本音はB賞の400円引きが嬉しいかも(笑)

こういう小さな物は時々当たるのだが。。。。大きな・・・・・・宝くじなどは・・・・・当たらん!
小さな物はスルーして、どかんとデカイ物を当てたいものだ。(交通事故には気をつけたい)

さて今日の一枚は、、、(お弁当屋さんとは無関係です)

2020012018224858f.jpg

南国市?にある定食屋さんのトンカツ!

この近くに仕事に来たら昼はここ、結構流行ってますね。



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
  
 

新年の美味しい写真
今日のランチは何?

松笠焼き?

なんだろ、とりあえず待ってると。

20200113002415212.jpg

あ、見たことあるかも。これがそういう名前なんやね。

そしてデザートは?

20200113002417dc9.jpg

エクレアにちょっと手を加えておしゃれになってます。
見た目がきれいですね~。


     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
  


猪さん🐗の道
冬場はあまり触らない田んぼの畦道に跡がついてます。
もちろん猪🐗です。
夜な夜な出没し、人家のあるところもお構い無し。

畦道には通り道のごとく跡がついています。

20200113213338938.jpg

猪は規則正しく通っているのがわかりますね。
分岐点はYの字にキチンと跡がついています。

さて、それにもめげず田んぼは作らないといけません、その為には水が命なわけで用水路の取水口に奉ってある水神様にご挨拶に行きました。
こういった儀式も共同作業のひとつです。

20200113213339375.jpg

こんなに清みきった綺麗な水をいただいて作る米が不味い訳ありませんよね。
しかし水路の途中で橋の上からゴミを捨てる輩がいます。ここを通って上がったひとつだけしかない集落の人間だとすぐに推測できるのですが困ったものです。
水路の終点にある木あげ場に沈んでいた電撃殺虫器を、捨てた橋の上に持って行き警告を書いて晒しておこうかと思います。


     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
  



1月は3日も共同作業
新年の1月は3日も共同作業があります。
まずは去年の暮れに半分やってた未舗装水路の残り半分の土砂をスコップで取り、土嚢袋に入れて廃棄し後はコンクリートを練って塗ります。

20200113002414a1d.jpg

この日は参加人数が多くて楽でしたが、昼から半日まるまるかかりました。

こんな地道な作業を必要とする場所があちこちにあります。

作業は休日にあるので、12日、13日、19日と続きます。
勤め人は休みがありませんね。
これが田舎の実態です。



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
  

垣根刈り第二弾
暮れに第一弾に簡単な方を刈って、お天気が悪くなり年明けになって流石に元日は・・・・と思い、2日にやっかいな方を刈りました。
何がやっかいかと言うと背が高く足場が悪いのです。それでお隣さんにトラクタ用の橋を借りてきて足場を作り、太い杉の幹が伸びているてっぺん部分をエンジン・チエンソーで刈り、後は電気バリカンを使って刈りました。

202001021928178da.jpg

結局、準備からすべてを済ませて片付けるのに約4時間かかりました。垣根の背が低ければ1時間ちょっとあれば終わる作業ですけどね。
エンジン・チエンソーを肩の高さまで上げて使うので結構きます。電気バリカンも片手で扱うケースも多く結構たいへんでした。
内側は足場を組み、それを4回ばらして組みなおし、外側からは長いはしごを田んぼから垣根にかけて8回ぐらい上がっては刈って下りて動かして、また上がって・・・・の繰り返し。

20200102192815e51.jpg

全部終わったら歩くのに足がヨレヨレでした。(笑)
まぁとりあえず見た目はそれなりに良くなったかと思います。



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
  


門前にパンジー
お正月も殺風景な家の門先の登り口へ、大晦日に花を植えてみました。

2019123119143180e.jpg

薔薇の花がまちまちにあったので壁際に寄せて空間を空けて、ホームセンターの店先で
凍えながらも元気に生きてるパンジー、売れ残った感のある花を救ってあげました。(笑)

それでも並べてみると、それなりに綺麗に見えます。
殺風景な場所に花があるとちょっとは賑やかになり、癒しの空間が生まれました。

45年ほど前に家の前に農道をつける時に作業に来ていた,、海沿いに住む作業員の方にいただいたハマユウも未だに健在、さらにわかりにくいですが向かって右端にある松、これも自分が物心ついた頃から庭先にあって、農道がついたときに移植したものです。長
生きなこれらって凄くないですか?
これらにあやかって元気で(←ここポイント)長生きできたらいいですね。


     ←Blogランキング、よろしければクリックを。