FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



秋の片づけ
写真も撮らずに必至で歩き回り、稲を干した竹を運んで片づけて廻りました。
そして倉庫の二階へチェーンブロックを使ってバインダーの燃料を抜いて上げました。
そして籾摺り用の機械を出して、ハーベスターの掃除をして入れ替え。。。
なんとも尽きない用事ばかり。農業なんてやるものじゃない?

深刻な問題として今使えてる農業機械が壊れたら・・・・悩みます。
近所で高齢となったおじさんが農業をやめるらしく、乾燥機を安く譲ってくれるかもという話もあって考えてみたけど、それにはコンバインも必要となるわけで・・・・絶対無理無理。。。
米の品質にこだわれば、天日乾燥の一点。乾燥機も温度を上げないように使えば使えるのだが・・・・天日乾燥とは異なる訳で・・・・

また今週の日曜は、先日水路点検したばかりなのだが、次は冬支度の為に板の堰を取り除くとかで、また8時集合とか。
毎週の日曜が共同作業に消えていきます。まだ籾摺りも藁切りもできてないというのに、自分所の作業を後回しにして・・・・・

釣りも中止でそんなWの憂鬱の中、ネイリをもらった。誘ってもらったが自分が仕事の為に行けなかったから。
さっそく開いて食べてみたら・・・

20191017114111b64.jpg

想像以上に  むっちゃ旨かった!!


半分はラップにくるんで、後日いただきま~す。

2019101711411301c.jpg


     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

県道の草刈りと水路点検
やはり台風19号はただ者ではなかった。
被害は凄く、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

幸い台風が来なかったこちらでも風は結構吹きましたが、お天気に恵まれたのでまたまた共同作業で県道の草刈りをしました。

自分とこの畑も刈りたいけど、その後は恒例の水路点検。
水を流してその水と一緒に歩いて終点の藻屑を取り除き終了。

201910131550278f5.jpg
左手から水の先頭が来ています。水量を半分にして流しているので歩く速度程度です。

今日は草刈り、水路点検と結構歩いたので疲れました。

さてご飯を行きつけの店に。
「今日は鰹がある」
「え?珍しいね、いいの?」
「自分が食べたかったから買って沢山あるから」

201910132151038df.jpg

こんな定食になりました(笑)

2019101321510416b.jpg

モチモチで美味しい鰹でした。
コーヒー、デザート付きで850円はお得です。


     ←Blogランキング、よろしければクリックを。


外の収穫作業終了
台風の影響は予想以上に範囲が広く、金曜の夕方から結構な風が吹いていますね。
まともに来たらタダでは済みそうにない感じです。関東方面の被害が心配されるところ。

さて台風の予想進路が関東方面向きになったことで、こちらの収穫作業はなんとか当初の予定通りに進めることができ、脱穀作業も乾燥がイマイチで残しておいた田んぼも本日無事に終えることができました。

20191011203111266.jpg

まだ竹を片づけたり藁を切るなどの後始末があるのですが、これは濡れても大丈夫なので後日に回します。

20191011203113ef6.jpg

イノシシにやられた田んぼの稲は草刈り機で泣く泣くなぎ倒しました。
来年は早めにネットを張ってみようかと思います。実は栗も猿にやられました。
収穫したのはわずか2個だけ。根こそぎやられました。
こちらも何か対策を考えないといけません。

まさに野生との闘い、その合間には海でお魚さんとの闘い(笑)



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

確率20%を引いてしまった😵💧
7年目に入った軽のバンのメーター、エンジンチェックランプが付きっぱなしになった。
ほとんどの場合、O2センサーの不具合でそれを交換しないといけない。

ところが、その部品が高価・・・・・聞けば純正で27,900円 (高っ!)
しかも触媒の前後に計2つ付いている。(車種により1個の場合もあるらしい)

2019100115201741e.jpg

さてどちらが壊れているか? 修理専門の方に聞いてみるとだいたいは触媒の前側(上流)の確率が80%、後ろ側(下流)は20%ぐらい。しかしひとつが壊れる頃なので、そのうちもう一個も壊れる可能性も近いかも・・・ということらしい。

先に述べたように純正部品は高価なので、まずはディーラーさんで純正部品番号を教えてもらい、ネット通販でそれに対応した部品を探す。
すると・・・・純正部品と同じメーカーの部品が15,000円!そして・・・・・某中華製だと5,000円。
迷わず(実はちょっと迷ったが)中華製を買ってみた。(笑)

流通ルートは、ちょっとややこしくて包装のやり方で推測できたのだが・・・・・
まずは注文を入れると日本の販売元から中国にオーダーされ、その中国で単品包装され袋の表に「日本・〇〇(名前)」と書かれて、日本の販売元に送られてくる。そして日本の販売元でそれをそのまま包装して私に送って来るというルート。
だから包装が二重になっていた。そういう訳なので国内なら発注して2~3日で来るのが10日余りもかかった。

さて来た製品を見ると・・・・なんと!!!!   「JAPAN」    ホントなのか?
シールはいかにもといった中華っぽいシールが貼ってある。 さすが怪しい(笑)

2019100115201904a.jpg

でもアタリならこれでも長持ちしたりするので、それに賭けた。。。。ランプをリセットして走行してみたら問題なさそうだ・・・・・・・と思ったのも束の間で、一度エンジンを止めてかけなおしたら、あっけなくランプ点灯。(泣)

やはり中華製?それとも確率20%の下流側が故障しているのか?

そこで今度は下流側を検索し・・・・今度は日本メーカーで送料を入れて約7,000円を発見!即購入、2日後に到着しました。箱を開けてみると親切に解説書もあり、いかにも信頼度は高そう。

そして下流側を祈るような気持ちで付け替えてもらい・・・・・


直りました!!!

・・・ということは今回は下流側の故障で、先に交換した上流側の中華製は大丈夫だったということ。さらに上流側は交換しなくても壊れてなかったともいえる。まぁ中華製ゆえに上流側が早く壊れたら、交換した純正品も置いてあるのでそれに戻せばOK。

しかし、私の場合は中華製と承知してJAPANと刻印のある部品を安く買っているのでかまわないが、知らずにJAPANと刻印された中華製の部品を日本製と偽られて、それなりの価格で買わされている人も居るはず。
今回のような経緯の購入をしなければ気づかない。

知らずに悪い業者にあたるとJAPANの刻印がある中華製を日本製として高く買わされることもあるかも知れませんね。

危ない危ない。。。。。。



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。


へとへと・・・・
珍しく日頃の行ないが良かったのか?雨予報がことごとく外れて10月1日までほとんど雨が降らず無事に稲刈りができました。

20191001152038c11.jpg

先日どこかで稲の下敷きになって亡くなるという事故がありましたが、よほどの重量があったのでしょうか?うちのレベルでは考えにくい事故です。
しかしながら現実に起きた事故、謹んでお悔やみを・・・・

2019100115203122d.jpg

うちは未だに稲を刈って天日乾燥をしています。周囲はコンバインで刈ってそのまま乾燥機に直行なので、うちがこうやって先に刈って干している間に、後からお先にという感じで結局うちが最後に取り残されます。

しかしながら天日干しの米は旨いと言われていますし、正直コンバインを買う出費は完全に大赤字でやってられない・・・・・しかしそれだけの労力を人力に頼るしかなく米農家なんて正直やるもんじゃありません。しかし中途半端に田んぼがあるだけに止めるに止められない。半分意地でやってるようなもんですが、自信を持って言えるのは農薬は使ってないこと。初期に除草剤は少し使いますが初期ゆえに残留は無いといえるでしょう。農薬(消毒)は一切しないので虫が付くリスクがあり、当然ながら収穫量も少ないですが安全性は高い。

大口を叩きましたが、米の自作のメリットは素性のハッキリした米が食えるというだけ。
普通に採算だけを考えれば米は買ったほうが明らかに楽で安くつきます。


まぁどっちを取るかは各自の考え方です。


     ←Blogランキング、よろしければクリックを。



お天気との戦い
日照時間の関係などで稲の熟れ具合がまちまちゆえ刈り取るタイミングの判断が難しい。
いつ刈ろうかと考えた答えが25日~1日頃、ところが後半は雨天の予報。

とりあえず一番熟れてる田んぼを25日に少し刈ってみたが、他は微妙・・・・・
もうちょっと置きたいがお天気が・・・・と悩んだ。

20190925193132603.jpg

27~28日は仕事なので、その後に刈れる日は9月29日~10月2日の間。
その間雨が止むのを待てば熟れすぎるかも知れないし、何より大幅に収穫が遅れる、だからポロポロ降り程度なら刈りたいのだが・・・・。
しかし多く降ってあまりにも田んぼがぬかるんだら刈れない可能性もあるので悩ましい。

幸いにも29日は朝から晴天!
友人も畑の芋ほりと唐辛子の収穫に来て、そして稲刈りを手伝ってくれて大助かり。
予定以上にはかどりました。

といっても刈った稲は約半分、30日はまだお天気が持つみたいなので頑張って刈る!!
2日と3日は台風の影響があるだろうし、1日までに終わらないなら5日6日で何とか・・・・


     ←Blogランキング、よろしければクリックを。



県警ヘリがホバリング
嵐の通過した23日は朝から秋色になってのどかな田舎はいつもと違って賑やかでした。

190924-1.jpg

警察・消防・救急と車が勢ぞろいしただけでなく・・・・・

190924-2.jpg

  県警ヘリ 「くろしお」  ホバリングでも、とても静かなエンジン音。

190924-3.jpg

不謹慎になってもいけませんので、あまり詳しく書くことは控えさせていただきますが、
行方不明になった方がおられたようで捜索しているとのことでした。

無事に見つかるといいのですが・・・・そう願いながら、嵐の後のいつものセレモニー。

そうです、急遽呼び出しがあり、水路の点検と水門のオープン。
結構小枝などがたくさん落ちてましたので思った以上に時間がかかりました。

190924-0.jpg



9月26日追記

あれから三日後の26日の午後、また県警のヘリがやってきて、今は何もない現場?付近をしばらくホバリングして、また去って行きました。

20190926222532632.jpg

ホバリング中、隊員が下を捜索するように見ていましたが、いったい何が目的なんでしょう?
あれだけ三日前に空からも地上でも捜索した場所です。まさかそこに戻ってきていると思ったのか?まあ絶対にありえないでしょう、犯人は現場に帰ってくるなんて諺とは訳が違いますからね。

だから道中の一部を除き、ここでのホバリングに関してはハッキリ言って税金の無駄遣いとしか思えませんね。


     ←Blogランキング、よろしければクリックを。