☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



フェリー代金は90円也
しまなみ海道を北へ走り、NHK連続テレビ小説の舞台になった向島と尾道に。
ミーハーな私は「風のハルカ」で由布院、「どんど晴れ」で岩手県、「だんだん」と「ゲゲゲの女房」で島根、「ちりとてちん」で福井などなど行ってるので、この尾道も絶対にはずせないのです(笑)

                  今回はこれですね。
        101129-1.jpg
           鉄板を貸すって・・・・焼きうどんでもするか・・・・笑

撮影場所を探すのが楽しいし、テレビでは登場するのに実際にはない撮影の為だけに風景の中に組まれた大道具小道具の秘密を探るのって結構面白いのです。(変な趣味?)

それと向島と尾道の渡し船(一応立派なフェリーです)にも乗らなくては。
フェリー待ちの車が路上で待ってました。数分後にはフェリーが来て順次乗船。
101129-2.jpg

驚くのは料金です。(以前にQOO36さんに教えてもらったけど)
101129-3.jpg

ええええ~~~~~!!????

4m未満の自動車が運転手込みで90?

何と フェリー代が 90円  (乗船時間わずか3分ですけどね)

人間が60円だから自動車が30円ってこと? 自転車10円、バイク20円。。。

そしてステキなのが運行時刻表?
101129-4.jpg

ひんぱん  て・・・確かに。常に折り返し運転してました。
フェリーは前進し対岸へ行き、バック(後進)で戻ります。だから動きに無駄は無し。
運転手はクルマに乗ったまま、そこへおじさんが料金を集めに来ます。100円玉を渡すと10円のお釣りをくれました。ホントに90円です。

てっぱんの町でひんぱんに運行していました。

尾道へ3分で上陸しコインパーキングへ車を置き、さっそくロケの現場を探して歩いてみると第一回にヒロインが海に飛び込んだ突堤を発見!

ここでさっそく週刊誌などにある間違い探しのような発見がありました。

現場検証写真(笑)
101129-5.jpg

テレビの画面 ↓
101129-6.jpg
(実はテレビの中だけでも違いがあるんです。この写真は満潮に近いけど飛び込んだのは干潮時?(笑)この写真の場面から数十秒以内の出来事だというのに・・・というような突っ込みどころ大好きです。)

尾道編は次回へ続く・・・・・・
 


ミニ集合!
しまなみ海道の大三島へ行ってきました。

中四国のminiが27台・・・だったと思う(笑) ズラリ勢ぞろい。
その他、九州佐賀からも1台参戦!!
101128-1.jpg

道の駅では干物を売ってる海産物屋さんが、サメの干物を・・・・
さすが鮫肌というだけのことはある。ザラザラなので飲み込むと喉につかえる?
101128-2.jpg

そして自慢の真ダコの干物!5kgで140cmあるらしい。
値段も1万円ぐらいするって・・・・
101128-3.jpg

昼食は集まったみんなでヒラメにぎり定食!!
101128-4.jpg

クルマ談義であっという間に早くも半日が過ぎましたが、ここでまた新しいお友達ができました。
なんと、以前に私もお邪魔していた徳島の某うどん店のお披露目の日に来られてたらしく、店長の共通の知り合いでした。そして9月には香川のうどん店あたり屋の朝一開店の時間に、これまた遭遇した方でした。その時は「あ、○○ナンバーのminiが来た。」とちょっと注目してたんですが、まさか知り合いになるとは・・・・世間は狭いですね。
そして今朝は今治の国道で2台後ろに何となく見たことのあるminiが来てたので、もしやと思い高速の入り口で待ち、手で合図しただけで意味をわかってくれてワンツーツーリングで会場まで。Kさん、これからもよろしくね。

と、楽しい時間も途中で私は早退・・・というのは行きたいところがあったのです。

さてそれは次回以降に書きます。(なんと夕方暗くなってUFOを目撃か!!?)
 
 


キツネの大群
先日の文旦うどんの時、きつねを仕込んでいました。
ハーフサイズにカットして240枚の仕込み。12リッター寸胴に一杯で一度に味付けができず3回にわけて味付けをしました。

101126-2.jpg

アブラ抜きするにも大量で大変。。。。笑

そして加温沸騰させて味付けしたら出汁に浸して冷凍するのですぐに取り出し次のアゲを入れていきます。

4個のボウルで冷まして大型タッパーへ並べます。

101126-3.jpg

下のほうみたいにきっちり整列させた分はペタンコで貧弱に見えました。上のように横置きにしたほうがフンワリとして豪華に見えました。(教訓)
 


警告灯バンザイ!?
先日の朝一にタイヤ空気圧警告灯が点いた。前日は1度も乗らず車庫の中に置いたままで、昨夜20分ぐらい走った時にはなんともなかったけど。
ざっとタイヤ見ても異常はなさそうなのでそのまま乗って通勤すると若干左にハンドルを取られる気がしてました。
帰りには雨・・・・気になるので職場の屋根のあるところに行きタイヤをチェックしてみると、左前が空気が少なくなってる。あ、パンクかぁ・・・・

行きつけのスタンドへ電話すると、「今どちらですか?」って、「いやいや、まだ空気あるから大丈夫、今から寄って見てもらえる?」ということで走って3分のスタンドへ。

これまた偶然にもジャストな位置に止めたことですぐに犯人が割れた!!

前輪なのでハンドルを切ればタイヤをはずすことなくパンク修理ができます。

この溝の中に犯人がいました。
101123-2.jpg

手際よく犯人を逮捕し、パンクの修理終えるまで5分もかかってない。(はやっ)

素晴らしい手際の良さに感心しながら、料金1500円を払って何事も無かったようにすぐに帰ってこれました。

捕らえた犯人はこいつでした。

101123-1.jpg

わずか1cmちょっとのビス。タイヤの山に刺さってたら空気が漏れなかったかも。
しかし見事に谷で捕らえてましたからね~~~~。
 
でもタイヤ警告灯って素晴らしい、45扁平のタイヤなので減圧が目視でわかりにくいけど、ぺちゃんこになるずっと前に知らせてくれてました。
このまま走って空気がなくなったらホイールもダメにするところでした。

そして雨で面倒だと思ったけどタイヤチェックして良かった~。
 
たぶんコイツは実家の車庫の中で拾ったんだと思います。(自業自得?)
 

文旦出張うどん
101121-1.jpg

今年の秋は紅葉が綺麗ですね。

でもそれを見に行く暇もなく先週に続き今日も出張うどん。

101121-2.jpg

のれんもつけて店構えだけは一人前。。。。

101121-3.jpg

裏側はこんな感じです。今年は動きやすいように釜を近くに置いて機能性を重視。

うどんを打ち始めると例年のごとくちびっ子が集まり、生うどんの切れ端をねだる。
塩の効いた生麺が狙いだ。お腹を壊さないたくましい子供達・・・・(汗)

そして些細なパフォーマンスをするおやじにイチイチ大うけしてくれる気の使いよう、こういう世間ズレしてない子供達をおじさんは大好きです(笑)

101121-4.jpg

子供達もユニフォーム作ってもらって太鼓をたたいても得意げ。

「こじゃんといわしちゃるき」のBlogを書いていらっしゃるオーナーさんとも今年は話もできてよかったよかった。
 
近くのPAへスマートETCゲートもついたので、軽トラ山雀号にもETC搭載をし行き来に要する時間は半分になって楽ちんでした。

もちろん残ったお土産の農産物は一手に引き受けて帰宅、明日職場で分けます。。
 
関係者の皆様、お疲れ様でした。
 
 

仕込み継続中
先日のイベントの疲れを癒す間もなく翌週の仕込みを開始。

最近の冷え込みを考慮し、落ち着いたのは塩分濃度11%の塩水加水率51%
ええ感じの生地ができてます。

101116-1.jpg

先週の仕込みで大失敗をやらかしました。・・・・・それは単純な計算ミス。
小麦粉7kgに対して、5kg換算の水しか入れず、やけに固いなぁと・・・笑

実は換算表を作ってあるのですが、1kg~5kgまでで、それを越える場合は
粉5kg+2kgというように水や塩の量も同様に足し算するのですが、うっかり
5kgのところの水の数値だけを見て入れてしまったのです。

まあその後は学習して計算違いもなく無事に踏み終え生地を寝かせてあります。
 
明日も夕方から 仕込みダ~~~!!!
 

ポジションLED化
11月15日は龍馬の誕生日で、そしてまた暗殺された日とか。とんでもない誕生日です。

そんな日を記念して?麺喰うたぁ~号のポジションランプのLED化を実行。

所詮ポジションランプなんて点いていればいいさと思っていたけど、純正の黄色がかった色が妙に気になる・・・ということで検索してみたが・・・・。

値段が高い!!!   2個で9800円ぐらいってボッタクリでしょうよと長いこと放置してました。

まあ3000円ぐらいなら考えんでもないけど・・・とセコイことを思って時々調べてたらあった。

なんと2950円!   これならもったいなくないかも。

ということで購入し、さっそく片方だけつけてみた。

101115-2.jpg

向かって左の端が純正バルブです。

ん~~、右端のLEDのほうがやっぱり白くて綺麗です。(中の2個はデイライトです)

拡大!!!

101115-1.jpg 
          (向かって左が純正バルブ、右がLED)

粉ぼれ話
実は1個つけてみたら・・・・点かない!不良品???
で、もしやと思って左右(+-)を入れ替えてつけたら・・・・点いた!(笑)
LEDは極性が決まってたという、1/2の確率を見事にハズしたんですね。
ちなみに2個目は一発でビンゴでした。
 


脱藩うどん
本日のイベント無事に?終了。
今年はスタッフ数がやけに多いので、うどんの他に芋天も揚げようということで準備しました。

うどんは龍馬にちなんで・・・・というリクエストで「脱藩うどん」

101114-1.jpg
                   (つゆを張る前の状態です)

龍馬が、国抜け(脱藩)をするのに山を越えて歩いたのは脱藩の道として有名ですが、それをうどんの中で表現してみました。
山菜で緑を演出し、あげで山を、そしてナルトで太陽を(天才バカボンの太陽?)
それぞれの味も山菜は少し塩気を効かせ、あげは軽い甘みというアクセントです。

おかげさまで一気に限定数が出てしまい、あげを余分に持っていたので急遽きつねうどんに変更しました。

そろそろ後継者の育成も・・・・・ということで釜場はもう熟練の茹で技術を習得した後輩に任せられるようになったので、今日は麺打ち後継者を・・・、どうだ女流麺打ち師!!!!若い
もうおじさんのうどんとは言わせない!?

101114-2.jpg

ん~、華やかでええですね~~。。。(ま、まだポーズだけ一人前というところですが)

ツイッターで知り合いの大将とおかみさんや、旦那と子供を映画館に放置してうどんを食べに来てくれた美人とか(店がなければデートできるが・・・できんできん)、いつも気にかけてくださってる麺◎郎さんなどなどわざわざ来てくださってありがとうございました。

秋の夕暮れはつるべ落とし・・・にならない前に帰路につきました。

101114-3.jpg

次のイベントは・・・・・あ、7日後やったわ!  今夜は休ませてもらいます。
 




麺中八菜
 明日のイベントで出す、龍馬のうどん? 「脱藩うどん」のキャッチコピー

       101113-3.jpg

  船 中 八 策   に ちなんで

  麺 中 八 菜  (麺の上に山菜が載ってる)


    14日10時OPEN、限定30食限りです。。。。 

麺の準備
いつものように麺線を作って、自作の箱に納めます。

101113-1.jpg

一箱で約10人前、これにふたをして冷凍庫へ。

101113-2.jpg

麺線をつぶすことなく、すっきりと収まるので重宝しています。でも今回は
龍馬の食べた(かった?)うどんがテーマなので手切り感を出すために
意図的に荒々しく仕上げてありますので、少々つぶれたほうが良かったかも。

しかし生めんの冷凍術を覚えてからはイベント前の仕込みがしやすくなってます。
何日も手前からゆっくりと準備できるので勤め人としてはとても合理的な方法です。

もちろん味も食感も生めんに何ら劣らないので心配ありません・・・・・が、
正直言うと今回の出来栄えは40点です。納得できる仕上がりとは言えません。
(食べる人にはわからないところの問題ですけどね)
 

うどんのテーマは龍馬だと?
今年の高知はどこへ行っても龍馬・りょうま・竜馬・RYOMA・FOMA(これドコモ)というわけで、今回のイベントもテーマは龍馬でお願いしますと言われた。

そこで、特別メニューの脱藩うどんを数量限定で作ることにした。
まあ早い話が山菜うどんですけどね。

そして重要なのがキャッチコピー!!(ていうか、それが楽しみ?)

というわけでスンナリ龍馬の名言からパロってできたのがこれ。

101110-1.jpg

「うどん」と「麺」を 「道」と置き換えれば龍馬の名言となる・・・・はず。

そして付け足した一行の脱飯(藩ではない)というのがミソです。めしではなくうどんですね。
しかし、飯を脱すると書きながら店舗内ではチャッカリお米も売りますけど~!(笑)

もちろん署名も抜かりなく・・・中華風の名前になってしまったが(ラーメンの時に使える?)


麺の仕込みもそこそこに放置して遊んでばかり・・・・・
 
 

気温一桁の誤算
さて、来週と再来週はうどんイベント!・・・ということで仕込み開始。

倉庫に新しい粉を運びこんで125kgの在庫です。開封したのが2種類約25kgあるから
トータル150kgの手持ち在庫ですが、もちろん私はうどん屋さんではありません!(キッパリ)
今回からちょっと違うメーカーの違う粉にしています。基本的には変わりない麺質の予定ですが・・・・・微妙に変わるかも。ちょっとドキドキですね。

101109-1.jpg

とりあえず従来の在庫分の粉を使って仕込み開始です。

塩分11%、加水48%で24時間寝かせてバッチリ!・・・・のはずが、

101109-2.jpg

あれ?1日寝かせて置いてたのに熟成が遅く固い・・・・・・Why?

気温は・・・・え? 7度????  あちゃ~~~~、忘れてました。
山雀工房は土佐の山間にあったことを・・・。昼間も温度が大きく上昇してなかったんです。

ちゅことで1.5kgの生地を10個延ばす予定が、固くてはかどらず余計な力ばかり必要。
作業効率は半分、ということで4個だけ延ばして冷凍しあとは断念。もう1日熟成です。

とりあえず作った麺のハギレをゆがいて試食してみました。

101109-3.jpg

味と食感は良くまずまず合格で使えるけど、肌がイマイチですねえ。(写真なし)

今日の予定が狂ったので後日する予定だったカエシを2リッター程作って冷ましてきました。

明日は6個の生地を延ばして切って冷凍し、さらに翌日分の生地を作り寝かせます。
加水は49%か思い切って50%ですかね~?迷ったらその中間(笑)
 

インターナショナル
高知県産小麦の試食もして、会場を回ってみた。

国際色豊かなブースがある。民族衣装を着てたりでこりゃ面白いねえ。

そして中国ブース、さすが中国やね 餃子 だよ。。。。 ん??

101103-5.jpg

なんか見たことあるけど、どこかが違うような・・・・こういうの大好きです♪


で、餃子はスルーして         (スルーかよ!!?)

うろうろしていると 「山雀さ~ん」とカレー色の声が聞こえた!!

あら! ◎△ミラさんじゃんか。こんなとこで会うなんて・・・・

101103-4.jpg

早い話がお友達のお手伝いに来たんだとか。。。
 
で、スリランカの食事を購入(名前忘れた)
要するにカレーピラフみたいなのにチキンにキャベツにえっと混じった日常食らしい。

スリランカはやっぱりインドと同じで食事は手で食べるらしい。

101103-3.jpg

自分の知ってるスリランカの人は、明るく暖かく優しく朗らかで細かい事は気にしない。
とにかく陽気で人なつこくて好感が持てる。
日本人も見習いたいところが沢山あるような素敵な人達です。
 



高知県産:夏まき小麦
小麦生産農家をしているT氏から電話があり大学一日公開の中のイベント&試食会へ行ってきました。
高知大学農学部の石川教授が開発した「夏まき小麦」です。

101103-0.jpg
ポスター貼りなどをちょっと手伝って、店構えは完了!

興味があったこの品種、石川教授に挨拶しこの小麦にかける思いを聞きました。

そしてはじめての試食。

101103-1.jpg

全粒粉なので蕎麦のような色ですね。

101103-2.jpg

茹で方が難しいとT氏の弟さんがぼやいていました(汗)

スッキリした甘みがいいですね。以前食べた高知県産小麦とくらべてモッタリ感がありません。味も香りも単独でバランスがとれています。

ただこれを現状のままでの商品化はできません。やはりうどんは喉越しとコシが求められ、その弱点を補うのには粉のブレンドか何かの工夫が必要だと思うのです。

有難みと珍しさだけで終わってはいけないし、そのままでは新品種というだけで埋もれてしまう可能性もあるわけで何か特色を持たせてあげないといけないので、商品化へ向けての今後の課題だと思います。

まあまだ研究栽培の段階なのですぐに商品化はないのですが、この小麦はポリフェノール含有量も高いようなので用途が広がる可能性もありそう。

これから先が楽しみですね。


そして会場を回ってイベントを見てきました。
それは次回に・・・・・・・・
 

ナッシング
自分が毎年買いに行くところの梨は出来具合が悪く、今年は購入をあきらめた。
その農家も、いさぎよく美味しくないと言ってくれるところが何とも良心的だ。
 
・・・・・で、父親がたまたま行った先の近くで売ってたという梨を買ってきた。
今年は山の梨は美味しくなかったけど、平野(うち)の梨は大丈夫だとか。

101101-1.jpg

確かに見た目はハネ物だが大きくて美味しそう。。。

でも食べてみたら、それなりに美味しいという程度でした。
商売上手のクチにだまされた?やっぱり毎年行くところが良心的だね。

というわけで、今年は本当に美味しい梨がナッシング  orz