☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



三里うどんにチャレンジ -前編-
さてさて、うどん屋さんのうどんを再現する勝手に企画を敢行!

確か以前にも「三宅」に挑戦し、出来上がったのが「ふやけの夢-似せん」だったという輝かしい屈辱の過去を持つ私であるが・・・・・

また「岡崎」に至っては加水率のガセネタを信じたことで違うものができたという顛末も。

そんな実力の持ち主である私ゆえ・・・・心配(笑)

計量 
120831-1.jpg

水合わせ・・・・ 
120831-2.jpg

今回は、三里うどん本舗の大将に教えてもらった加水率を基準に塩分濃度を推測し、同時に山雀のやり方でもつくっている。
同時進行で2つの生地を作っていくのだが、三里と山雀の違いは塩分濃度である。純粋な水の量はほぼ同じであることが前回記事の計算から導き出されているので単純に固さは同じなのだが、4%もの塩分の違いから生地の固さも全然異なってくるから面白い。また三里ふうのほうがよりシットリしている。

120831-4.jpg

寝かせ・・・・・ 

<120831-3.jpg

延ばし
やはり塩分の違いで山雀のほうは若干固い生地となっているが、表面はなめらかに落ち着いてきている。一方の三里ふう生地は柔らかくしっとりなめらかだ。
延ばし作業でも三里ふうは柔らかで簡単に延び、山雀式はやや固めではあるが麺線を傷めることがないので作業はやりやすい。

切る 
生地の粘りで包丁にくっつき気味なのが三里ふうだが、さほどの差はなかった。

120831-5.jpg

さて、これで両方の麺ができた。

120831-6.jpg

あとは試食である。

<後篇へ続く・・・・・・・・>


        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 



山雀うどんをテイスティングしてもらった
再び、三里うどん本舗だよ~(笑)

かけうどん~ 

120829-1.jpg

一口目にきゅっと塩分を感じる出汁、暑い日には嬉しいかもですね~。

こういう個性、自分も出した出汁を提供したいんだけど、イベントでは万人向けの平均点+美味しい出汁(個性は控えめ)が無難なのであまり出せないんですよね~。
以前「草や」さんで試してみたら評価は案の定「薄い~良い」までバラバラ(汗)
個性ある出汁は家の中で食べる場合と屋外では感じ方が違ったりしますしね。
いつもの無難な設定の出汁だとほぼ全員に美味しいと言ってもらえるわけですが。
それでも時々は入れるものを少し変えてみたりと密かに試作変化をやってます。
市場調査として凄く有意義な出張イベントを有効に使わない手はありませんからね~。



さて、今日の本題は三里うどん本舗の大将が不肖私こと山雀うどんの麺をテイストしてくださるということで、恐る恐る自作麺を献上つかまつったというお話。

厨房で茹でてもらい綺麗に盛付けまでしてもらって自分もいただきました。

幻の山雀まかないうど~ん @三里うどん本舗厨房 (非売品)
120829-2.jpg

味は粉の種類で全然違うのでそこは置いといて、うどんとしての作り方・出来栄えを重点にチェックしてもらっています。前にも書いたことあるけど「形だけはうどんだが中身がうどんとして成り立ってないものもある」わけで・・・・まあ余程ひどいのは別として職人レベルの話ではありますが。

見た感じ、エッジ・窪み・ツヤ感などまずまず良いとは思います・・・・さて・・・

120829-3.jpg


 大将どうですか???

120829-4.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・  

どう・・・・ 
 
・・・・・・・・・・・・・もぐもぐ・・・・・・・・

        ・・・・・・・・つるつる・・・・・・・・・・・・・

・・・もぐもぐ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       ・・・・・・・・・・・・・・つるつる・・・・・・・

あのう・・・・・


        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 
どうでしょう?・・・・・・
 
(この続きはココをクリック・・・)

変わりやすい天気
猛暑は過ぎたものの、時々スコールのような雨が降ったり、でも陽があたると暑かったりと局地的にコロコロとお天気が変動しますね。
そんなお天気ボケか?大きなクマゼミも至近距離まで寄って撮影しても逃げません。

120828-6.jpg
でもつい先日より蝉の鳴き声が聞こえなくなりました。
台風15号と引き返してきた14号が過ぎれば、もうすぐ秋の気配なのでしょうね、


そんなある日、自宅から東を見ると・・・・・

雨が降ってきて、こちらに向かっているようです。
山が白く霞んでいます。

120828-2.jpg


・・・・で、反対の方はと、西を見ると・・・・・
晴天!
120828-1.jpg


東と西で全然~空が違ってますね~。


そこで! 凡人が思いつくのは 「じゃ、真ん中はどうなってる?」という疑問。

ほれ、この通り・・・・・・・見事に半々でした(笑)

120828-3.jpg


        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

三里うどん本舗の釜たま
三里うどん本舗にメニューが追加されてましたね~。

ひとつは 釜玉 !!
120826-1.jpg

あと、要望の多かった「かけうどん(温)」も追加となってますが、かけうどんの写真は次回ということで。

釜玉を食べて、すじ肉ぶっかけを食べて(どんだけ食うんや!)、大将を捕まえて色々と技術的な質問をしまくり教えてもらって、話の流れから次には自分のうどんを大将に判定してアドバイスをもらうことになりました。

その後、車に戻ってゴソゴソと電話をしていたら・・・・なんか見覚えのある自分と同色系統のいかにも走りそうな車が横に止まった。

おぉ~!お久しぶりの麺友Mさんじゃあ~りませんか。
お嬢ちゃん、大きくなったね~。おんちゃんのこと覚えて?・・・覚えてくれてました(笑)

120826-2.jpg

時間があったのでまた自分も店についていく(笑)

子供が注文するうどんメニューで一番多いのが・・・・・

ざる 
120826-3.jpg

しかし、子供ってざるうどんの注文確率が劇高です。
これって麺の味や合わせ出汁がストレートにわかるわけで怖いですね~。

うどん屋さ~ん、子供に全然ざるを注文されないのは要注意、麺ヤバいかもよ~。


最近は大将が居ることが多く、捕まえては色々と質問攻めですが嫌な顔もせず教えてくれ、製麺室のほうも見せてくれたりと、優しい大将にマジ感謝。。。

加水加減の考え方など改めて振り返り学びなおすことも多く、大将とお話するのは最近ちょっといい気になってる自分にとっては良い薬です(御迷惑をおかけしてます)
 
<予告>
後日は大将が「山雀うどん」のテイスティングをしてくれた編です。


        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 


オヤジギャグか!?
高知県の観光推進にバスにも色々と工夫がなされている。

まずはコレ、高知県観光キャンペーンのメインタイトルでもある。

120827-1.jpg

もう言わずともおわかりのように「ローマの休日」をもじったものだというのはすぐにおわかりになるだろう。

・・・ところが、

高知県民でないと意味がわからないものまであるのがちょっと痛い(笑)

例えばこれ。

120827-2.jpg

観光地を回る乗合バスなのだが、「MY遊バス」って・・・・・

おそらく県外の方は「私(MY)の遊び(観光)に使うバス」ぐらいの認識ではないだろうか?

ところが、「まいゆう」とは土佐弁で「ぐるぐると回っている」という意味なのである。

苦労の報われないまま埋もれていくオヤジギャグ(駄洒落)もあるのだ。(笑)
 

        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 


裏方スタッフ紹介
イベント前の仕込みや準備は、目が回るほどの忙しさ!
120824-1.jpg

ホント 爽(そう)なんです! 

そこで助っ人にと雇ったのが・・・イベントの準備に役立つ頼もしい裏方さん。

その名は・・・ ネギスライサー!? たぶん。    (入手した時の過去記事

120824-0.jpg

使い終わった後のお掃除が包丁とまな板よりは面倒ですが、手早く細かく刻めていい仕事してくれるんですよ、これが。指を切る心配もなく時間の節約ができます。

・・・というわけでネギ刻みは機械化ですが、うどんは手打ちにこだわりたい山雀でした。
 

        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 
 

競輪場イベント
来れなかった方、残念です!
 こんな素敵な方々がうどんを配っていたのに・・・
 
120822-2.jpg

モザイク限定で公開をOKしてくださったのでお見せできないのがとっても残念ですが、笑顔がキラキラと素敵な美人2名。山雀うどんも2倍美味しくなったことは間違いない・・・・?
 
そんな素敵な鼻が華が添えられるとは自分もつゆ知らず(笑) 前夜と前々夜は仕込みをア~でもないコ~でもないとブツブツ言いながら深夜までしておりました。

その仕込み風景、半袋(ハンタイ)煉り! 25kg袋の半分相当を踏んでおります。
踏みが効くのはこのあたりまで、25kg1袋では踏み込みが充分に効きません。
120822-1.jpg

さて、当日は10時半から配布開始と言う事で、前々日に老健で試した茹で時間配分の研究成果を活かし全部茹でました。
ちょっと来客は予想より少なめでしたが無事に終了。。。。

午後のうどん作り体験は、日頃私の師匠の”とがの藤家”さん、本日定休日ゆえなんと私の弟子としてアシスタントの無料奉仕です(感謝)


それも無事に終わり・・・・帰りには・・・・またまた綺麗な虹が!!
 
120822-3.jpg

今日ばかりは綺麗な虹を見て疲れも・・・・やっぱ疲れました(笑)
これにて8月は6つのイベントや教室を終了しました。よくやった・・・・自分へ。
 

        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

老健の夏祭り
某老人保健施設での夏祭りです。

120821-1.jpg

うどんの花畑ができました。

120821-2.jpg

さらに最後は余ったナルト満開!!!

120821-3.jpg

最近、スコールのような雨があちこちで降りますが、止んだら空にこんなものが。

120821-4.jpg

綺麗な虹を見ると疲れも・・・・やっぱ疲労は疲労(笑)
 

        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

牛スジぶっかけ
三里うどん本舗、辛口コメントの私が久しぶりに麺作りを絶賛したお店です。
18日の三里うどん教室の前に寄って食べてきました。

お盆開けの16日から出ている「牛スジぶっかけ」は、かつて丸亀でうどん屋「こうめ」の頃から人気だったメニューです。(別盛りにしてもらいました)

*こうめをクリックするとエンジョイさぬきうどん様のこうめページが開きます。
 エンジョイさぬきうどんさんのHPはよく参考にさせていただきました、感謝です。。。

120819-1.jpg

前回来た時と違って麺にゴチ感がなく私の好みの食感になってます。

120819-2.jpg

分厚く、しかしホロリと噛み砕ける甘~い煮込み具合です。
個人的には甘みを少し抑えてもいいかなと思いましたが美味しいです。
 
御主人も居て少しお話もでき、この店で使っている白鳳Aも5kg買ってきました(笑)
21日のイベントが終わったら久しぶりに触るこの粉で遊んでみましょう。
 

        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

三里ふれあいセンターでうどん教室
こちらへは初めての訪問、奇しくも先日開店した三里うどん本舗のある地域です。午後からのうどん教室なので、11時半に三里うどん本舗でうどんの昼食(笑)

そして1時からの教室、約20人がワイワイとうどんを作りました。

120820-1.jpg

120820-2.jpg

120820-3.jpg

子供たちは麺切り台に興味深々・・・・無事にうどんができました。

そして山雀うどんの試食タイム!
ぶっかけと冷かけを選べるシステムで試食してもらいました。
小さな子供さんが完食しておかあさんも驚いたりと嬉しい時間となりました。

センター長、そしてお世話をしてくださったTさん、お気遣いいただき大変やりやすかったです。ありがとうございました。

何よりだったのは皆さんが親父ギャクに敏感に反応してくれたこと(笑)
三里地区は優しい人ばかりでした~!!
  

        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

10kg仕込み
久しぶりにお天気がスッキリ!そのぶん暑いなぁ~。
モコモコっと面白い雲もでていました。
120818-1.jpg


きょうは夏ちゃんのダンナちゃんの参考になればと10kg仕込みをアップしました。

粉10kgへ入れる塩を530g、水4320g、総加水率48.5%です。
120818-2.jpg

これが10kgの座布団です。
120818-3.jpg

10個に切り分けた玉。
120818-4.jpg

しかし・・・あづい暑い~~~ 

生地を寝かす間に冷凍庫の霜が凍りついたのを掃除して、扇風機の前に置く。

これで無駄なく 扇風機がクーラー並みの性能にアップ!!!

120818-5.jpg
 
今日はスイカを畑から取ってきてないので氷水で我慢です。
120818-6.jpg

        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

仕込み のち スイカ
先日の夜須町うどん教室の報告にT師匠のおうちへ寄ってました。

ゴンちゃん、暑いのに毛皮を着て大変だよね~。

120817-3.jpg

しかし・・・・この後ろ足って(笑)


さて、麺を切るのに一定以上包丁を上げると麺幅が自動的に揃う便利な規制付の麺切り台は現在貸し出し中なので、規制なしの麺切り台を使っています。

・・・が、慣れるとこっちがイチイチ調整せずに好きな麺幅が切れるという利点があります。
規制なしで切ってもホレこの通り、バッチリ揃ってるでしょ?
120817-2.jpg
夏ちゃんのダンナちゃん、慣れてきたら規制を広くしてマニュアルで練習しようね。
そろそろ福井君の虜になってきたころ・・・また高知県に福井君仲間が???
世間の噂では福井君所有率は香川県より高知県が高いとも・・・(私の周りだけ?)


しかし夏の夜、何時になっても暑い暑い・・・・

自家製のスイカを冷やしておいてガブっと水分補給代わりに食べるのって至福ですなぁ。

120817-1.jpg

 
        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

今月3回目のうどん教室
8月になって香南市3回目のうどん教室で、今回は中央公民館。
もちろん平日ゆえ職場は夏季休暇を半日とっての出張講師です。

120816-1.jpg

この教室は香南ケーブルテレビにて来週か再来週に放送されるとのこと。(ほぼ確定)
また民放テレビかNHKテレビにて放送されるかも???(未確定です)

今回も前回の夜須町と同様に午後開催ゆえ試食はなくて山雀麺もお持ち帰りです。

配って余った麺は・・・・・知り合いのベーカリーのおばちゃんにお土産。
米粒よりもうどんが好きというおばちゃん、あんたパン屋やろ!(笑)

で、お返しをこんなにくれました。

120816-2.jpg

売りもんやろ!(笑)

 
        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

竜巻渋滞
14日未明に安芸市赤野で起きた竜巻(突風?)で国道55号線が渋滞。
民家の屋根瓦、園芸ビニールハウス、電柱や電線などに被害をもたらしました。

120814-1.jpg

竜巻が南の海側から上陸し民家の屋根をめくりあげて北方向のビニールハウスの方へ進んだものと考えられます。

先月だっけ?ちょっと前にはここより3kmほど西の芸西村でも竜巻が発生しました。いずれも明け方前の出来事です。この時は海に近い知人の民家の門扉が吹き飛ばされて国道を飛び越し落ちたそうで、その後ビニールハウスにも多大な被害をもたらし、山側の集落の寸前で消滅したとか。NHK取材でテレビに映り時の人に(笑)

当時、門扉を吹き飛ばされた人いわく・・・
「竜巻が通る時、パ~っとオレンジ色というか黄色に外が明るくなって、トラックが通り過ぎるごとくゴゴゴゴと大きな音がした」そうです。

そして今回の体験者は・・・
「直近で大きな落雷が2回あり、その稲妻が赤く見え直後にゴゴゴゴと・・・・その後、ハウスのちぎれたビニールなどがヒラヒラと舞って落ちてきた」そうです。

どちらもケガ人などの犠牲が無かったのは幸いです。
 
意外と知られてないのですが、高知県は竜巻発生率が全国でもトップクラスだとか。幸い"超"巨大な竜巻が少ないのであまり印象として目立ってないだけなのかも知れません。

そういえば十数年前だったか?夕方に現在の高知龍馬空港の南側の土佐湾に見事な竜巻の黒い柱が5本も立ったことがあり、その後空港側へ1~2本、香南市へも1~2本?(正確な数字は忘れました)上陸したことがありました。
ちょうどその時、香南市の国道を農機具屋さんが軽トラックにバインダーを積んで走ってて竜巻に遭遇、人も軽トラも無事だったけどバインダーのフェンダーかなにかの金属板がネジ曲がってしまったそうです。

振り返って思い出してみたら竜巻は海沿いだけでなく、うちの田舎のような中山間部でも発生することがあって、ずいぶん昔の話ですが自宅から100m余り前方を横切って走る竜巻が他の民家を捻じ曲げ、そして倒壊した家もあったそうです。

いやぁ、竜巻って怖いですね~。
  
 
        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

香南市夜須町でうどん教室
いつもならT師匠が講師をする夜須町のうどん教室ですが、T師匠がオリンピックでロンドンへ選手で行ったらしく(未確認情報)・・・・代打の講師をしてきました。

毎年、香南市(野市町と夜須町)のうどん教室は人気がありキャンセル待ちが出るほどなので、少しでも多くの方に参加してもらえるよう試食時間を割愛、その代わり講師作の麺も持ち帰りとして、参加者を多く受け入れることにしました。
午後からの教室は試食時間が3時半とかになるので昼食には遅いし夕食には早すぎて、試食したら子供たちは夕食を食べなくなるという危惧もあり良い選択だったと思います。

受け入れ人数が多く、低学年生徒もいて写真を撮る間がなかったのでイメージ画像。
120812-1.jpg

受け入れ人数も多く怪我のないよう配慮を厳しくしたため、麺切りに時間がかかり予定時間ぎりぎりでなんとか終了できました。
 
公民館スタッフの皆さんには準備や片づけをたくさん手伝っていただき本当に助かりました。
私が持参した予備の麺のお味はいかがだったでしょう?
 
 
        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

「三里うどん本舗」ひそかにOPEN!
8月9日、まさによさこい祭り開幕の日に同じ高知市で密かにOPENしていた三里うどん本舗へ行ってきました。

120811-3.jpg


7月から気になり前を通りながら事前にリサーチをしていたつもりが、偶然にも時を同じくして道路沿いの新築中の物件は全然違うお店でした。てっきりその道路沿いの店がうどん屋だと思い込んでおりました(汗)

事前に知人らに配布したというチラシの地図で再確認。

120811-1.jpg

マルニの北側に8台分の駐車場があり、壁に十津スーパー専用駐車場と書いてあります。また売地の立て札もあるのですが、ここに置いて良いとのこと。
駐車場の両側には坂を登る道があり左側の道が正解です。(県道から遠いほう)

駐車場のはじっこから店舗はこんなふうに見えます。
120811-2.jpg

さて、歩いて登り店舗の入り口に着きました。
120811-4.jpg

120811-5.jpg

カウンターのみ8席、ちょうどお客さんがいなかったので女将さんに聞いてみたら以前は中宝永町でしていたとのことです。(当時のお店へは行ったことなかったなぁ)
御主人は大工さんでもあり、隣に木工場がありました。

チラシにギフトセット3800~とあって気になっていたので尋ねると・・・・
ここで食べていただいて美味しいと言ってくださる方が、知り合いなどに贈答うどんとして送っていただけたらと作っているとのこと。
お店としては食べさせるよりもギフトをメインに考えておられるようです。
若干違えど讃岐の製麺所スタイルという感じですね(確か御主人は讃岐出身?)



まかないうどん 350円 チラシにあって何だろうと気になっていたメニュー
120811-6.jpg

要するに冷やかけ・・・ぬるかけというほうが正しいかも。


ぶっかけうどん 500円 
120811-7.jpg
 
綺麗な麺線で手打ちのスキルの高さがわかります。
よく下手な人が「食感のアクセントを狙って麺線にバラつきを持たせた」という言い方をするのですが、それはこういうふうにマトモな麺線を作れる人だけが言っていいセリフです(笑)
 
いやぁ、嬉しいなぁ~最近ガッカリする店ばかりだったけど久しぶりに良い仕事のうどんを食べさせてもらえました。

ただ・・・・白鳳(A)を使っており国内粉にありがちなゴチっとした食感が少し感じられるのですが、これをどう評価するかが人によって異なるかと思います。
もちろんこの部分はあくまで個々の好みによるわけです。

私としては自分が作るうどんにはそれが表に出ないよう、使う国内粉の選定をいくつも試し、更にブレンド比もいくつか試し、今の山雀うどんになっているわけです。
 
しかし嬉しいですね~~、マトモな(失礼)うどん屋さんに久しぶりに出会えました。


注意! 8月13.14.15日は盆休みだそうです。
     そして牛スジぶっかけ 700円?は、16日からデビューするようです。
 
 
        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

水もしたたるイイ車?の油汗!
毎朝、車に乗るたびに車の下はチェックしている。(何か漏れたりしていないか)
そしてしばらく前から冷却水(LLC)が少量落ちているのに気づいていたので注意して水の量を見ていたが、最近少し落ち方が多くなってきたようなので修理してもらおうと車を見せに行った。

ここから滲んでますねぇ・・・ホントだ!サーモケースっていうの?エンジン横に冷却水のホースが何本も集まっているケース(下図の赤矢印)がある。

120810-1.jpg

後でディーラーに聞くと「あ、やっぱり」・・・よくあるらしいですが「リコールじゃないの?」と聞くと「違います」ときっぱりあしらわれました(笑)こんなもんプラスチックみたいな素材で作って更に合わせ面(緑矢印)が溶着って、そりゃ弱いに決まってるだろ!!
ASSY(一体交換が必要)で部品代約14000円+工賃20000程度+冷却水代が必要。

部品を注文、税関にあるから2~3日で着くということで車はその時に預かってもらうのでいいからと、その翌日の仕事帰りに水を足しておくべしで、車の下を見ると・・・・

げげっ!!ゲゲゲの水太郎!?結構な量のものが路面に落ちてます。
ところが触ってみると・・・水じゃなくOIL(オイル)だよコレ!!どうなっちゅうが?

エンジンオイルの量をみれば先月交換しレベルゲージ上限にあったのが下限ギリギリまで減ってます。おかしいな急に漏れ出して。底を擦るような所も走ってないしドレーンのボルトもキッチリ締まってるはずだし。

ということで急遽代車を借りるようにして車やさんまで自走。着いてみてもらうと、
「結構(エンジンの)上の方から漏れてますよ」
「ええ~~~!!それってかなりまずいのでは?」

原因個所がここだと言うので見ると・・・そこってタイミングチェーンを張るテンショナーのボルトじゃないの?え?緩んでオイルが吹いてる???

120810-2.jpg


確かそこ(矢印)は不良部品があり無償交換対象でディーラーに交換してもらったところ。

・・・・ということは締め付けの甘さが原因?・・・・でしかない。
電話したディーラーもそれしか原因は無いと自白して認めた(笑)

ということでオイル漏れはディーラー持ち(ボルトは増し締めのみでOK、あとはリッターあたり二千数百円のオイル代)で直してもらえることになりました。
(ディラーのBMWもオイルはASHの高級なのを入れてるので高いとか文句は言われません)

翌々日には部品が来て水漏れもオイル漏れも完ぺきに直り、水もしたたらず油汗もかかない安心して乗れる車に戻りましたとさ。  
 
        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

「ささ家」のうどん
8月5日OPENした高知市仁井田の「ささ家」に行ってきました。
場所はさんごセンター前のローソン跡地です。

191555_1340252579.jpg

営業時間は11:00~21:00と長いですね~。

平日の13時過ぎ、客は10人、スタッフも・・・・・10人(汗)
開店間もないこともあり多めに居るのでしょう、そのうち絞るのでしょうね。
店内は広く(ローソンの広さだったゆえ)、ゆったりしています。

店の造りからしてセルフかと思ったらフルサービスでしたが、セルフにも変更できる造りでもあります。コーラなどのサーバーもありびっくり!ドリンクバーができそうです。
120808-3.jpg

さてメニューですが、うどんの種類は少なく「かけ」「ぶっかけ」「ざる」を基本にトッピング各種や丼物も常時あるので純粋なうどん屋さんとはちょっと違うのかな?

120808-2.jpg
ぶっかけ!380円 麺だけ味見すると・・・・あれ? 雀?  ん???
出汁はイリコ主体でアッサリ感があるけどちょっと甘めです。

120808-1.jpg
かけうどん!330円 イリコ出汁を飲むとさっきの麺の味がわからなくなりました。

あと写真はないけど、ざるうどん330円。    ぶっかけが50円高い・・・・

私的なうどんの感想を正直に言うと・・・・
特徴というか個性は感じられないけど無難にまとめたセルフレベルのうどんという感じ。麺の量は多く300g近いのを知らずに2つ頼んでしまい結局残してしまいました。スマソ・・・
(後日気付いたのですが、小にすれば-80円ということがわかりました)
機械麺(自家製麺?)だけど茹でなどは上手なので、きっと手馴れた方が釜を仕切っているものと思われます。

ただ接客はアルバイトの女の子で言葉使いも動き(仕方ないか)も全然ダメでした。営業マンの朝礼みたいに発する言葉を声に出して反復させて体に覚えさせることも必要かも知れません、おそらく日常でも常識程度の敬語すら使ったことがないのでしょう、ぎこちなくてとっても聞きづらかった。笑顔でごまかす余裕もまだないから(笑)言葉使いを徹底するのが一番です。せっかく広く明るい感じの店内なのに掛け声が暗いのはマイナスです。
 
うどん単体の価格は量も多いので安い感じはします。ただ丼物と一緒に頼むとすぐに1,000円ぐらいになってあまりお得感はないかも?
でも営業時間は長いので夜でもちょっと寄ることができますね。
 
私的感想を勝手気ままに書きましたので全く違うように感じる方もいるかも知れません、何の参考にもなりませんのであしからず・・・汗
 
        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

香南市うどん教室(冨家防災センター)
子供たちにとっては待ちに待った夏休み。今年も夏の思い出のひとつになったらいいね。・・・というわけで毎年恒例になった香南市の「親子教室」です。

今年は少しでも多く参加してもらえるよう、会場をホールに変更しました。

120807-1.jpg

5日後の夜須町教室の担当者の方もおっしゃってましたが、うどん教室は人気があってキャンセル待ちの方もいるとのことで、有難い反面とても申し訳ないところ。

その日の参加者の興味によって話す内容やペースを変えるのですが、今日の参加者の皆さんはオヤジギャグを見事にスルーし(笑)みんな真剣にやってました。

滞りなくうどんは出来上がり・・・・・・試食タイム!静かに黙々と食べる(笑)

味見に自分も少しだけいただいた。
120807-2.jpg




<粉ぼれ話>
恥ずかしながら自分は知らなかったが、「どんどんうどん」という歌があり(石川英昭さん作詞)、土佐弁の合いの手も入り楽しい歌である。
今日の参加者にはこのCDがプレゼントされるというサプライズもありました。

もちろん私ももらってきました(笑)
うどん教室のBGMとして使うと楽しいかも~~♪

120807-3.jpg

 
        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

ん?どこかで会ったうどん?
先日、新しい店に行ってみました。

120730-2.jpg

120730-1.jpg

閉店時間が近いこともあってか?お客は1人。

麺はセイロの残り3玉あたりだったので少しダレ気味でしたが、そんなことよりも他の方のBlogで麺を見たら「手打ち」だったはず、なんで今日は「機械麺」なの?
どうしたのでしょう?まあ確かに先日の他のBlogの麺じゃ少々食感にバラつきが出すぎますわな。もうちょっと練習しないと客には出し難いと思います・・・というので変更?

ぶっかけつゆ・・・ベースにちょっと工夫したのでしょうが醤油が勝ちすぎです。
かけつゆ・・・・・・・これと同じ味を高知近辺だけで2店は知ってます。
麺・・・・・・・・・・・先日のはわかりませんが、今日のは某セルフうどん店と同じ?
          そこからの仕入れでしょうか?訳あって仕込みができず急遽仕入れた?
(麺のいきさつに関しては全くの想像ですが、太さも味も確か同じ店があります)
 

偉そうなことを書きますが、近年ホントにスキルのない人の開店が目につきます。
それでも持続していれば何とかなる場合もあるのですが、すぐにあきらめてしまう。
景気は決してよくありません。しかしそれを承知で開店したのだからもうちょっと
根性を据えてやって欲しいものです。

このお店が繁盛するよう切に願っています。
 

 
        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 

真夏の夜の仕込み
先日イベントの仕込み、昼はもちろん夜もなかなか暑さがひきません。

できた麺はつぶれないように箱に納めて冷凍します。自分も一緒に入りたい~~。
120731-1.jpg
ひんやり熟成を止めて休んでるの図
120731-2.jpg

しかし、この暑さ、夜間の室内土間でも出てくる汗が止まりません。
やかんに氷水を入れてきてそれを置いて飲みながら、そして仕込み用の岩塩をちょっとナメて塩分やミネラルも補給。・・・・できてるのかな?
120731-11.jpg

それで温度計を見たら・・・・な、なんと

120731-12.jpg

さ、30度~~~~!???
田舎の夜の室内で・・・そりゃ暑いはずだわ。でもなんでこんな温度??

あ、原因がわかりました。この真上は二階よりも飛び出た構造ですぐに上が屋根瓦。
次回は屋根に散水してから作業してみよう、もしかしたら27度ぐらいまでは下がるかも。

 
        ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 



小麦粉の仕入
夏のイベントや教室にむけて、粉の補充をしました。

小さな車にドド~んと小麦粉の図(1~4が小麦粉、5は打ち粉)
120801-2.jpg

しめて(25×4+20×1)120kgです。卸やさんの出荷担当さんがちょうど居なくて事務の方が電話で指示をしています。事務所横にある倉庫の分はセルフで(笑)自分が台車を使い車に積みましたが、ある貴重な一種だけは特別に別の倉庫へ保管してあるので、電話を受けた担当がわざわざ取りに行ってくれてます。

そして担当さん、戻ってきて私の顔を見るなり、「あ、毎度!」と・・・・
あのう私、毎度と言われるほどそんなに仕入れてはないんですけど。しかし師匠と私の関係のこともあって、完全に覚えられてるようです。

それを持ち帰り保存の倉庫に積み上げる。穀物貯蔵庫は年中15度なので非常に理想的なのですが、出してからすぐ開封すると湿気を吸い込むので1日常温で置かねばならず、急ぐ時は困るので今の時期はあえて昔ながらの土蔵へしまったりしています。そうすると外気との温度差や湿度差が少し緩和されるので急な時に便利なのですね~。
120801-1.jpg

すなわち 土蔵へど~ぞ~! これで夏季に使う分は大丈夫。
 
 
        ←Blogランキング、よろしければクリックを。