FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



お墓参り
そろそろお彼岸、お墓の掃除をハシゴしました。
裏山にあるお墓に向かう坂道には彼岸花が咲いています。

20180920080459397.jpg

本当にお彼岸の頃に咲くから忌み嫌われることもある彼岸花ですが色違いもあり、結構綺麗だと思います。

20180920080437f5d.jpg

お墓につながる小道が傷んでいたので、道の補修もして危なくないようにしたり、一時間半ほどかかりました。

そして次は母の里のお墓に行きました。こちらは車で20分程、山奥の里山感が半端ない。
いつもは母が行ってたお墓参りですが、高齢で諸々の事情で行けなくなり、それで私がひと月前に墓掃除に何が必要かを確認するために行って来たのですが、どうも母の弟さんの奥さんの里が管理をして下さっているみたいで、凄く綺麗にされていて一安心するとともに、山奥の方は昔からの風習も大切にされてるし、御先祖様をもきちんと見てくださってるんだなと改めて感心しました。

車を置いて登るのはなかなかしんどい傾斜です。先月に行った時にお墓から上を見るとガードレールが見えてたので、あそこから下ればラクかもと、車で道を上がってみました。3回目にやっと正解の小道を見つけ降りてみるとビンゴ!
しかし帰りはまた急な坂を登るハメに(笑)
ほぼ中間に位置してるから、どちらから行っても似たようなものでした。
でもこんな里山の絶景が見れたのは良かったです。

20180920080521d86.jpg


          ←Blogランキング、よろしければクリックを。



段違いな稲の正体
稲もそれなりに大きくなり、月末頃から稲刈りできるかなと思っているのですが妙なことがありました。
それは特定の品種だけ稲穂の背丈がバラバラ・・・・というか概ね二段になってること。

普通ならこんな田んぼです。
20180915150758017.jpg

おかしな田んぼはこんな感じ。
2018091515102988d.jpg

わかりにくいので稲穂だけを比べてみます。

まずは普通の稲穂、だいたいかたまって穂がついてます。
20180915150826725.jpg

ところがおかしな稲穂は・・・・段差があり二段になってます。
201809151508517a11.jpg

肥料のやり方?こんなもの?・・・・・いやいやこれはおかしくない?

すると先日、JAから電話があり・・・・・
「その品種に他の品種が苗の段階で混入した疑いがあり調べている。」と。

なるほどね、香り米の苗を買った全部の農家を対象に現地調査に来てるとのこと。(すでに他の農家の稲をもとに遺伝子で?混入品種も調査済みらしい)

結果、香り米にもち米が混入していたとのことでした。言われてみれば確かに背の低い稲穂は赤っぽく丸いのでもち米のようですね。

自分が何かやらかしたのか?と不安になっていましたが、そういうことだったのね。。。逆にほっとした。
それと実は香り米を植えた田んぼを自分自身が間違えて記憶してて、偶然にもこれのおかげで自分の間違いに気づけたのは怪我の功名です。(笑)
もちろんこれは内緒の話ですが・・・・(汗)

だからJAさんに「すみませんでした」と謝られても逆に申し訳ないぐらいで、だから「うちは全然いいですよ」と言ったのですが、なんか説明会に来てくださいとのことで、損害の補償もあるとか???さらに収穫した玄米?白米?を預けたら、それをJAのほうで概ね選別ができるらしい。まさかの手作業でひとつぶひとつぶ・・・ってことはないよね。

おそらく籾種の時点で混入してたんだろうね。ちなみにエリア内で対象農家は46軒らしい。。。


          ←Blogランキング、よろしければクリックを。



どんよりの天気
ふたつ続いた台風はうまく避けてくれ被害がなく助かりましたが、まともに食らった地域では大きな被害が出たみたいで本当にお気の毒です。
昨今は気象の変動が極端になりました、これも温暖化のせいなのか?きっと地球規模で変わって行ってるんでしょうね。
かつて恐竜が絶滅したように人類もいつか?なんて時代が繰り返されるのかも知れません。そう思うと贅沢な今の時代に生れた事に感謝し精一杯生きなければいけませんね。
20180908091348c70.jpg

さて8月下旬に続いて9月も初日からうどん教室をしてきましたが、今回の参加者の皆さんは凄く熱心でこちらも熱が入りました。もっとあれもこれもと沢山のことをお伝えしたかったのですが、あっという間に時間が過ぎました。
次の教室は10月に予定していますが、グループでの依頼ゆえ一般公募はありません。


          ←Blogランキング、よろしければクリックを。