☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



何のためのうどんか?
小麦粉をブレンドする・・・・ここでよく間違いを犯すことがある。

一番多いのが同じ性質(特性)のものをブレンドすること。
実はこれ意味がないわけではないが・・・・意味がないと言っていいようなもの。
これは案外多くの人がやっているのだが、残念ながら自己満足であることが多い。
もちろん趣味でやられている方については私がとやかく言うことではないので、
理屈は気にせずどんどん何でも試して遊んでほしいと思う。
時間は無限大にあるし、それから何かが見えてくることも。。。。


で、話を戻し効果的なブレンドとは・・・・違った特性のものをブレンドすることであって、
そのブレンド比をいかにするかということになるのだが・・・・

ある人が決めたというブレンド比を聞いて、「ん?」と思ったことがあった。
たぶん自分の「ん?」は間違いはないと思うけど実際にやってみないと、それが思い込みで
あったりすることもあるので、その小麦粉をもらい家で実際にやってみた。

110628-2.jpg

単体100%・ある人の比率・自分が経験から決めた比率の3種である。(でかい生地は別の物です)

出来上がった麺、それぞれを比較するため、別々にゆがく。

110628-3.jpg

自分では思い込みがあるので、ここで父親登場!!!

一切の知識をもたせず3種を一緒に味見してみた。

110628-4.jpg

もちろんラベルの意味も教えていない。

まず麺だけの味で比べる・・・・・

旨い順
1.単体100%(スッキリしたクセのない上品な風味)
2.自分が経験から決めた比率(ややクセがある感じ)
3.ある人の比率(とくに個性を感じない中途半端な感じ)

次に醤油をつけて味を比べる・・・・・

旨い順
1.自分が経験から決めた比率(旨みが出ている)
2.単体100%(上品だがちょっと物足りない)
3.ある人の比率(旨みも中途半端で特長がない)

父親の評価も自分の評価もほぼ同様で順位も同じだった。

想像するに、ある人は色々と試行錯誤するうちに妥協点を無意識に求めて
中途半端なところで落ち着いたということになったのかも知れない。
おそらく味見も何回も何回もして、だんだん訳がわからなくなって迷い込んだ?

こういう場合は多くのクチに味見をさせると簡単に答えが見つかるんだけどね。
肝心なそれをしてないからこういう結果になったと思われます。

趣味の自己満なら「これが俺流のうどんだ!」と、それでもいいけど、商売で人に
食べさせるうどんを作るのなら、最大公約数のうどんを作るのが無難だということ。
ただし、最大公約数と妥協点とは似て異なるということを忘れてはならない。
そしてそれが「商売の上では旨いうどんになる」のである。
 
ん~、勉強になるなぁ・・・・・。
 
   

関連記事


この記事に対するコメント

麺だけで食べるのと

醤油をつけて食べるのとで

順番が変わると思いませんでした

奥が深いですねーー

【2011/06/27 21:47】 URL | レスキュー #sNmeE86I [ 編集]


レスキュー さん
他の味が加わるのと加わらないのでは味わいが
変わったりするので順位が変わることもあります。
   

【2011/06/28 07:06】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック