☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



四国電力もヤラセかよ!
原発問題に関して九州電力のヤラセだけでなく四国電力でもヤラセ・シンポジウムが開催されていたことがわかった。

110611-3.jpg
       (伊方原発ビジターハウス南側の土手に並ぶ原発反対看板)

以前より四国電力は原発広報に凄くチカラを入れており、無料~数千円で一泊二日の伊方原発視察ツアーを開催しており、私も2000円負担で参加したことがある。
貸切バスで出発し途中の料理屋さんの二階で昼食を取り、伊方原発の上に位置する道の駅きらら館と並ぶ原発ビジターハウスで概要の説明を受けて原発へ降り、原発施設内を見学して回る。そして夕方には貸切バスで松山市へ戻りホテルにて夕食と宿泊。翌朝もホテルの朝食をいただき研修施設の見学を行ない、帰りに自然公園(名前忘れた)に寄り昼食をとり、帰るという一泊4食付きの企画だ。

えらいサービスやなぁと不思議に思ったものだ。

こうやって金を使い広報活動をし、ヤラセまでしなければならない原発って何なのだろうね?
よほど悪い事をしているという負い目による裏返しなのかなと疑ってしまうね。
(そんなふざけた話どころの騒ぎじゃない事は知ってますけど・・・皮肉です)  

  
しかし、牛肉に関してもまた汚染が言われ出荷停止とか、福島原発事故にからみ被害が拡大する一方ですね。

ここでハッキリさせておくべきは、原子力損害賠償支援機構法が成立したからと言っても、この事故の第一番目の賠償責任があるのは東京電力であることだ。
汚染肉は国が買い取ります?順序が違うのではない?
買い取りの費用を最初から国(=我々の税金)が出すの????おかしいでしょ?
まずは加害者である東電が被害の100%を補償するのが当たり前。

結局東電はまともな賠償をしていたら破綻することはわかってるから(破綻して当然だけど)、破綻を期に国が手をすければいいでしょ。
もちろん電気を止めるわけにはいかないので、一時的に国が預かり、経営陣を一掃し東電を第二東電として再出発するのでもいいじゃない?
もちろん今やってる福島第一の始末は東電がしなければならない。

東電が賠償しきれんかったら、次は原発利権で肥えた自民をはじめとした国会議員にも賠償してもらわないかんね、増税なんて最後の最後だよ。

保安院?・・・ああ、あのヤラセ指示した税金窃盗のゴミ集団な。
もちろん解体!こいつらにも賠償金出させて当然でしょ。
こういう腐ったたくさんのゴミ虫組織が税金を食いつぶしてるんだよな。
税金なんか払いたくない気持ちになって当然でしょ?

とにかくセシウム検出などというのは100%原発が原因なのだから、その被害の100%を賠償するのが当たり前のこと、それに慰謝料がついてもおかしくないが、まずは実害の100%補償は最低ラインだということだ。払う気があるんかね?東電は・・・・・

福島原発1号機で5Sv/hの線量が検出された。(実際は5SvMAXの計器が振り切った)
5Svの被ばくを1時間すれば・・・・1ヶ月以内に約50%の人間が死亡するんだよ。
原因はベントしたものの残り?だということは、こんな強烈なものをベントして大気に放出していたということ。

放射性物質の放出拡散は3月11日からずっと続いています。
冷却の装置を稼働させたとか言っても全く終息に向かっているわけではありません。
事故から5ヶ月が近づいた現在でも全然止まってないのです。そしてやっと5Svなどという、とんでもないエリアに到達したばかり。この危険区域から中へ手がつけれるのか無理なのか?まだまだわからないところ。これからが核心なのです。今まで以上に周辺へ汚染物質が拡散しないという保証は今までも、そしてこれからも一切ありません。




おっとそういえば震災義援金配布はどうなった? まだ半分も行きわたってないだろう?
これは地震被災者個々への分配分だから公平に頼むぜよ~~ってか、早よう配っちゃれや!
  
  
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック