☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



一蓮が手打ちに?
土佐市役所前にある「うどん一蓮」にまた行ってみました。

ここのお奨めメニューである「釜なっとう」?? 記憶が曖昧です(笑)

110907-3.jpg

なかなか美味しそうです。。。

110907-4.jpg

納豆好きでないとダメですが、見た目も味もなかなかのものです。

ところで・・・・・・

おや? 前と麺が変わってるような?

110907-1.jpg

これが6月の画像です。
110620-1.jpg

以前は製麺機で麺を作っていたと思いましたが、今回はちょい練習不足な手打ちのように見えますね。お出汁もなかなか美味しくなってます。
 
110907-2.jpg

まだまだ麺線がまばらですが(笑) 手打ちのほうが嬉しいですね、次回がまた楽しみです。
 
*麺線しかり、明らかに風味も変わっているのでそう思いました。(打ち手が交代か?)
     
関連記事


この記事に対するコメント

おっ、期待できますね(^_^)

【2011/09/07 11:13】 URL | butch.t #9DD8ZWDM [ 編集]


山雀さんもそう感じましたか?

前はもちもちツルツルだったのが、2回目に行ったときには手打ちらしき繊細さが出ていたように思いました。

コシはあまり感じられなかったけどよれた感じが手打ち風でそれはそれで楽しめました~!

ここの出汁は1回目からごくごく飲んだ記憶があります^^

しかし納豆はそれだけで腹持ちがいいので
私にはちょっと・・・

【2011/09/07 21:34】 URL | 高知うどんこ #- [ 編集]


おおぉっ・・・これが一蓮の釜なっとう・・・・・・!(;・`д・´)
納豆が乗っているうどんはまだ食べたことが無いので、とても興味深いです!
市販の納豆1パック分ぐらい、結構乗っているんですね・・・!

納豆のほかにも、生卵、カツオ節、海苔、ネギ・・・!
いろんな香りや味が入り乱れて・・・・・・!
・・・・・・うーん、想像しただけでヨダレが・・・・・・・・・。(^q^)

変化しているという麺も、これからどうなってゆくのか楽しみですね!
一蓮は少し遠いけど、夜営業を始めてくれたおかげで若干行きやすくなったので、また行ってみます。(^ω^)

【2011/09/07 21:43】 URL | 竜一 #L6KKX1SU [ 編集]


機械か手打ちか見て食べて分かるってとこがすごいですヽ(;゚д゚)ノ
ココのお店も気になりますね~また土佐市に行きたくなりますよ~~♪
ダンナちゃんとドライブに行っちゃおっかなヽ(・∀・ )ノ

【2011/09/08 08:21】 URL | 夏子 #- [ 編集]


butch.t さん
変化を時々チェックしてみてください^^
 

【2011/09/08 09:59】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


高知うどんこ さん
なかなかチェックしてますね^^
開店間もない頃の出汁は少し落ち着かなかったけど
今回の出汁は上手くまとまってたように思います。
麺線はもう少し揃えばクオリティーが上がりますね。
 

【2011/09/08 10:06】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


竜一 さん
納豆好きさんは、これプラスご飯で充分なっとぅくできるかも。
確かに納豆の量が多いので納豆に麺をトッピング状態(笑)
 

【2011/09/08 10:09】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


夏子 さん
機械麺と手打ち麺は見た目ですぐにわかります。
(ただ麺幅が均一ということではありませんよ^^)
そして基本的に食べてわかるのは触(食)感・風味・味の違いだけ。
同じ粉を使ってても機械と手打ちでは麺質が全然変わります。
是非ダンナちゃんと麺ドライブしてみちゃってくださいっ。
 

【2011/09/08 10:12】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック