☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



夏子のひとりごと
タイトル見て山雀の間違いじゃない?って思った方もいるかと・・・・。

しばらく前になるがドライブをしていて休憩所の看板を発見! な?夏子ぉ?

111213-1.jpg

私の脳裏によぎる・・・・そうBlogやTwitterでお友達になった夏子さんと同じ名前やん。

御家族で揃って私のうどん教室にも来てくれ、今や御主人は一人前のうどん打ちにまでなってる様子(笑)
味覚のしっかりした御主人のようなのでメキメキと上達しているのがBlogを拝見するとよくわかる。

 夏子さんのBlogは こちら → 夏子のひとりごと  

111213-3.jpg

もしや副業で休憩所をやっているのか?( んなことはないかと・・・)
111213-2.jpg

とりあえず寄ってみる。道の駅に遭遇すると必ず寄るという習性(笑)
何を隠そう、実は私は四国の道の駅ユーザーズクラブNo.3**番なのだ!(ホントか?)

まぁそんなことはどうでもよく(笑)店を拝見しようと車を止めてたら蕎麦の看板を発見!
これは食ってみなきゃ・・・この建物の中かな?

111213-4.jpg

とりあえず入口で夏子さんらしき人に聞いてみよう。









「えっとすいません、蕎麦はこの中で食べれるのですか?」

111213-5.jpg

「・・・・・・・・」    (夏子さんに失礼じゃろが!  (゜゜()☆○=(-"-)バキッ! )
 




イタタ・・・・ 建物の中に入ると2階への階段があり、蕎麦は2階で食べれるらしい。

111213-6.jpg

ありゃりゃ? 期待していた細い麺のそばではなく、いわゆる田舎蕎麦・・・・・・

勝手に本格手打ちの細い麺の蕎麦を期待していました。 m(_ _;)m  


そんな夏子さんの経営する休憩所は(だから経営してないって)徳島県某所にあります。
よく見たら夏子の読みは「ナツコ」じゃなく「ナツゴ」という地名なんですね?

夏子さんの御主人、ここで手打ちうどんを出しませんか? (だから違うってば)  
  
関連記事


この記事に対するコメント

いつものように見にきたらビックリしましたよ~Σヽ(`д´;)ノ
ドキドキしながら読んじゃった~♪
徳島県にそのような地名があったとは~存じませんでした!
冒頭の写真をよく見たら~ホントだNATSUGO PARKって書いてある~ヽ( ・∀・)ノ
ダンナちゃんがうどんを出すとしたら龍河洞だと思いますが~まだまだ満足のいくうどんができなくて若干スランプ中なんです~(;^ω^)
タイトルから最後まで~夏子イジリありがとうございます~。゚(゚^∀^゚)゚。

【2011/12/13 15:08】 URL | 夏子 #- [ 編集]


夏子さん
これはしばらく前のことなんですが、名前の看板を見つけて
思わずカメラに収めたもののどうしようかと思ってました(笑)
イジらせていただきました~~(失礼)
 

【2011/12/13 21:20】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック