☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



しらさぎ小麦「一文字うどん」に学ぶ -その①-
岡山県産の地粉「しらさぎ小麦」を打ってみました。

打って・茹でて・盛り付けてみる。。。いい器でしょ?(器かよ!!)
ベージュ色のうどんです。地粉をいろいろ打ったことはありますが、経験した中でもこれはピカイチですね。
sira0.jpg

実はこの粉は岡山県の一文字うどんさんから分けていただいた粉なのですが、なんと御自分で小麦を植えて収穫し石臼製粉まで自家製でやっているのです。
これは自分で行って確かめるしかないでしょう。

ちゅうことで・・・・・・・はい、行ってきました(早っ!)
sira8.jpg

これが本家の「一文字うどん」
sira9.jpg

蕎麦のごとく色がついています。
思った以上に喉越しも悪くなく食感もいい。味・香りともに洗った麺でも濃くて、目をつむって食べると美味しい蕎麦を食べているような錯覚にも。しかしモチ感もあり間違いなくうどんです。
凄いよこれ、石臼製粉の長所を余すところなく活かしていると思います。この素材ならクッキーを焼いてもメチャウマ間違いなしですね。
また、一文字さんに怒られるかも知れませんが、超細麺に仕上げて黙って食べさせたら、そこいらへんの蕎麦屋より旨い蕎麦だと思っちゃうかも。
このうどんを作っている一文字のホームページには岡山特産しらさぎ小麦を自家栽培し、石臼で自家製粉して作った『一文字うどん』のことを詳しく書いてあります。

この凄いこだわりの粉を自分で打った過程は次回に・・・。(毎日掲載3回構成です)
関連記事


この記事に対するコメント

やまちっちさん
初めての告白。まだ回りの人は誰も知らない。
・・・ですが、実はうちの実家というか、オヤジは製麺所をやって
いたんですよ。
話は長くなるので割愛しますが、小麦の製粉からやっていました。うどん、そば、中華そばを作っていたんですよ。
その前はそうめんも。

漂白された粉を使った真っ白いうどんが出回り始めたころ
うちのうどんは真っ白では有りませんでした。
そのことにオヤジはプライドを持っていたと思うんですがね(-_-;)

身近過ぎてワタシャうどんに興味がありませんでした。ヽ(;´Д`)ノ

【2007/11/06 22:59】 URL | やまとおのこ #uv1J38xk [ 編集]


えぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!そりゃもったいない話やん。
うちで小麦を植えて製粉してもらうがやったに(笑)
一時期は食品を白くする方法で漂白という手があったんよね。
野菜もそうやけど消毒バリバリで見た目のいいものが売れるとか。
最近は虫食いも見直されてきたけど、まだまだ見た目重視の
ものを選ぶ消費者が多いのはどうかと・・・・。

【2007/11/07 09:08】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック