☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



UDON KUA'AINA 開店
四万十市(旧:中村市)の具同に新規開店した「うどん クアアイナ」へ
KUA'AINAとはハワイの言葉で「田舎」ということらしい。

事前に場所は把握していたので迷うことは無く開店15分前に到着。

店の周辺あちらこちらには、すでに10人以上が待機中!
(いざ開店となっても先を争うことなく何となく自然に行列を作り、先だ後だとモメることはなく皆さん大らかでちょっと心が温まる光景となった)

120430-0.jpg

一週間前から半額サービスを行なってました。
いよいよ2週間目となる30日からはメニューも増えるとの事。

120430-1.jpg

とりあえず手打ちしている窓から大将に挨拶しといて店内へ。

120430-2.jpg

今日までの半額サービスの恩恵にあずかり、かけ150円、カレー200円をいただいた。

イリコと昆布の効いた出汁。
120430-3.jpg

程よい辛さのカレー。
120430-4.jpg
 
麺打ちはキチンとしたスタイルで細かく透かし打ちを織り交ぜながらリズミカル。
加水やや高めの生地でできた麺は、ふんわりした感じで本家:鶴丸の遺伝子を感じます。

開店間もないこの時期ですから、あえて意見を呈させてもらえば「茹で時間」・・・大将は手打ちのほうを主にやってて茹でをスタッフに任せているようですが、最初の一番・二番釜あたりは大将が茹であがり具合(茹で時間)をチェックして茹で時間を細かく指示したほうが良いと思われます。(自分はこの日の一番釜の茹で上がりは1分ちょい長かったと感じました)

まだ日々の気温・湿度・水の具合もろもろの要素に完全に馴染むには時間がかかるでしょうが、これからが楽しみなお店ですね。ちかくなら頻繁に行けるのですが距離が・・・・笑

あと勝手な要望として、県西部は宗田節も有名ですし、しまんとの海苔も有名、これら地元の食材を使った出汁やメニューを!

皆さんに愛される人気のお店になることを願ってます!
 
関連記事


この記事に対するコメント

山雀様
幡多路のドライブ、お疲れさまでした。
辛口エールは期待の現れですね(^_-)

店主はなかなかに勉強熱心ですので、まだまだ進化しそうです。

自分は再々通いそう、、^^;

【2012/04/30 15:18】 URL | butch.t #9DD8ZWDM [ 編集]


butch.t さん
最近の新店でも今後が楽しみな一店。
まだまだ伸びしろがある店主ゆえ期待が高まりますね。
butch.tさん、再々行けるってうらやましい~。
 

【2012/04/30 19:04】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


はやくも行ってらしたのね~(;^ω^)
気にはなってるんですが~なにぶん遠くて・・・
田植えがひと段落したら行ってみよう~青のりも欲しいし♪

【2012/05/01 09:00】 URL | 夏子 #- [ 編集]


夏子 さん
行ってきましたよ^^
さぬきうどんというジャンルでは合格点のお味でした。
今後、しまんとのうどん屋さんとしてどうアレンジが
なされていくのか?大将にも構想があるようですので
今後が楽しみなところです。
 

【2012/05/01 09:13】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック