☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



2日間連続イベント終了
盛況のうちに2日間で900杯余り出ました。(少なめサイズですが)

121118-3.jpg

茹で担当、表まわり担当のバイトさんを雇い、スタンプ押しなど主催者の社員さんにお願いして万全の5人体制、しかし10時過ぎてお客さんが動き出したら休みなし。

・1日目は豪雨の中、少ないかなと思いきや10時~13時半で418杯完売。
・2日目は晴天ゆえ、来るだろうとの予想通り10時~12時半で503杯完売。

トータル  921杯! 

依頼されていた800杯ラインを軽く超えてしまいました。食べれなかった方ごめんなさい。
今月23日の有料のうどんイベントでリベンジお待ちしています(笑)
しかしさすが某主催者さんの集客力には驚きました。(無料招待というのも大きい?)

さてこんなイベントの裏側では・・・・・

22kgの生地を1回で踏むという暴挙もしながら

121118-5.jpg

ネギ農家の同級生にお願いして6kg直販してもらい

121118-4.jpg

実演付きという荷物が最大級のイベント内容なので軽トラック満載の技!

121118-1.jpg

この角度からも・・・・・満載っ!
121118-2.jpg

今回は室内ゆえ排水ホースを釜にも2ヶ所取り付けて対応したので排水やオーバーフローの心配がなく、更にサブの30L寸胴で釜に補給する熱湯を沸かしつつ対応したので茹で温度を下げることなくスムーズにできたのは収穫でした。

年配の方も美味しいと言ってくださり、子供さんもわざわざ美味しいと言いに来てくれたりと、嬉しい2日間でした。

やはり予想通りよく聞かれたのは「お店はどこでやってるのですか?」という質問。

もちろん「どこにいるのか知られないようアチコチへ逃げ回ってやってます、住所不定の・・・いえ、だから文字通り幻のうどんなんです。」とお答えしておきました(笑)


ヘルプの社員さん、バイトのスタッフさん、そして主催者さん、更にお客さんに感謝です。

皆様、お疲れ様でした~~!


         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

関連記事


この記事に対するコメント

22kgをいっぺんに踏むんですか?!ヽ(;゚д゚)ノヒイイ
ウチでは3kgが限界だとダンナちゃんが申しておりました(汗
いい経験ができたようで「もっと早く行っておだし作るトコ見たかった」ですって(ノ´∀`*)
燃えた前掛けの裾に深くお詫び申し上げますorz
ありがとうございました♪

【2012/11/19 06:36】 URL | 夏子 #- [ 編集]


夏子さん

> 22kgをいっぺんに踏むんですか?!ヽ(;゚д゚)ノヒイイ
> ウチでは3kgが限界だとダンナちゃんが申しておりました(汗

粉だけなら15kgですが、それに加水すれば22kg余りの生地です。
51%なので計算上は22.65kg
多加水の生地でないと踏みが効きませんね。
・・・・ていうか自分所有のミキサーはMAX15kgなので機械が
止まりそうでやばかったです(汗)
(通常の仕込みでは粉で10kg、生地で約15kgです)

いい経験になったと思います。初めてにしてはまずまずだった?
うどんを作ってる人だけに理解が早く作ったことない人との差が
ありました。
ただ、初めてゆえ、スピードにはなかなかついていけないのは仕方
ないかと思います。次の麺の投入タイミングの判断、盛り付けの
スピードなど慣れると翌日みたいに1時間短く、それでも100杯多く
出せちゃいます。
1時間120杯ペースが200杯ペースになりますから経験した感じの
2倍近い速さになるので2日目を経験したら嫌になったかも(笑)
(自分経験上のMAXは240杯ペースです)

裏側から見る感じは外から見るのでは見えなかった作業や注意点が
あって、いい意味で刺激的だったと思います。
おつかれさんでした。

【2012/11/19 07:34】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック