☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



離島生活1日目~上陸~
もはや尻込みはできない離島生活へ・・・・・

事前のリサーチではこんな島のようだ。
121229-5.jpg

車で町のある大きな島の頂上に上がって、その島が見えるかどうか確かめてみる。
121230-1.jpg

どうも見えていないようである。

島に行くには船で渡してもらうか泳ぐか二者択一なので迷わず船を選択!(当然です)

え~~!? これのうちから選択???
121230-2.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後のコンビニで飲み物と食料を調達し、出航!・・・・したのですが、
121230-3.jpg

今日の今日になって周辺の島で驚きの最新情報を入手!

それによると・・・・・2名いるはずの住人は亡くなって、今は人口がゼロとのことで、

完全なる無人島!!

121230-4.jpg
      誰もいない無人島(誰もいないから無人島やね)

以前は人も住んでいて昔は小学校もあったほど居たとか・・・昔の割には割りと綺麗な痕跡が至る所に残っていて今でも誰かが住んでいてもおかしくないような生活痕がそのまま残っていたりします。

しかし誰もいないはず・・・・・ ん? 

誰かの視線を感じる。。。。  だれ? 

121230-5.jpg

げ! 野犬!!?

2名の最後の住人が飼っていた犬が2匹いると情報で聞いた通りでした。

目つきを見ると野犬化しているのがわかります。

パンの耳を投げてみると、警戒しながらも空腹ゆえにくわえて距離を置くように逃げます。

2匹とも一定の距離を置いて近寄ろうとしませんが興味津々のようです。

121230-6.jpg

普通なら怖いのですが、無人島では懐かしい友に会ったような気分。(でも目つき怖い)
しばらくじっとしていると1匹が少し近くに来るようになりましたが、もう1匹はなかなか警戒心が強いみたいです。


それから日が暮れる迄にとりあえず周囲を探検してみましたが、この島はDocomoの電波だけが通じるという意味がわかりました。

NTTの中継塔が丘の上に立ってます(笑)
121230-7.jpg


その後、水場がないか降りてみると・・・・

獣道でしょコレって。

121230-8.jpg

その先に突然現れたプライベートビーチ for 山雀 (本日から私専用のビーチです)

121230-9.jpg

降りてみると誰の足跡もありません。(当たり前ですね、あったら怖い)

そして夜露をしのげそうな屋根を発見!! 昔の休憩所跡?
121230-10.jpg

確かめてみると・・・・これじゃ、ずぶぬれでしょ?屋根ないし(汗)
121230-11.jpg

夕方になって風が強く吹いて寒くなりました。せっかく止んでいた雨も少しだけ降ってきて・・・でも今は止んでます。何も無いけどスマホのテザリングだけは使えBlogアップがリアルにできます。

では、また明日更新できたら・・・・・


         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 


*当記事は内容にヤラセ的脚色がありますが、写真や離島に居てリアルに記事の更新をしている事などは、すべて事実です。
関連記事


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2012/12/31 13:35】 | # [ 編集]


師匠、大丈夫ですか!?
心配だわー

でも、一つひとつを乗り越え、
ひとまわり大きい師匠になられて
無事生還してください♪


野犬に負けず、
電波を捉え、
悟りを開いた
スーパーやまちっちさんに
再会できるのを楽しみにしてます♪

【2012/12/31 20:14】 URL | みい #- [ 編集]


みいさん
大丈夫ですよ~~、昨日朝に雪がチラチラしましたがすぐに止みました。
上陸以来、1円もお金を使ってないのが何よりの手柄です(店ないし)
のんきにすごしてひとまわり大きく(太って)帰るのが少し不安ではありますが。

【2013/01/01 09:50】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック