☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



宙吊りの危機その後は天国へ
雪の中から生還したばかりで懲りもせず今度は寒風吹きすさぶ中での空中散歩。

時折突風に見舞われては減速し、文字通り宙吊り状態になりながら・・・

130127-3.jpg

それでも見たかったコレ!! 高さはどれも2mぐらいあります。

130127-4.jpg

さらにさらに・・・・

130127-5.jpg

こんな凄い作品が何十も並んでました。割引を使い観覧料400円は惜しくない、感動!




そしてまた宙吊りのケーブルカー乗り場に戻ったものの何か様相が違う・・・・

え?さっきの便とかは途中で断念して引き返したって?

次も出しますが風の状況で引き返すこともあります・・・・て。

あきらめた客もいた中、おのれの日頃の行ないを信じて乗ってみました。
途中やはり減速を何度も繰り返しながら、先の便が引き返したという地点をクリア。
しかしその先には地上最大高150mの渓谷越えという難関が待っています。

・・・徐行・・・・・・停止・・・横揺れ・・・・徐行・・・・

それでも何とかクリアして通常12分のところを25分ほどかけて無事に生還!

ご褒美に待っていたのは


温泉~~!! しかもテレビ付き! 

130127-6.jpg

その夜、どっと疲れが出て爆睡したのは言うまでもありませんでした(笑)


         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

  
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック