☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



許可証交付講習
先月、営業許可は下りていたものの許可証交付講習は月に1回とのことで、一ヶ月遅れで行ってきました。

130315-11.jpg

講習内容は予想通り、免許の取り扱い変更申請などの説明、そして食中毒について。

なんでも3年ぐらい前までは講習無しで交付していたけど、あまりにも食中毒や感染について知識がないということで講習を必須にしたとのことです。
これらは食品衛生責任者講習でやるんじゃないの?それでも問題が起こりやすいとしたら講習内容が全然身についてないからではないかな?と思いますね。だったら終了試験をやれば真面目に聞くかも(余計なお世話ですが)
でも人間の命を左右するかも知れない責任を担う仕事ゆえに本来ならあるべきでしょう。
保健所の担当さんも「保健所が言わなかったから知らなかった」とか、あまりにも無責任な経営者が多いと本心ちょっと怒ってました(笑)
自分で情報を仕入れれる手段の多い現在ゆえ「それじゃ通用しない。それぐらい自分で調べろよ!」という感じで。

たまたま?自分は仕事柄、ウィルスについても食中毒についても感染症についても常識の範囲、知ってて当然なので、講習はわかりきった内容でしたがそれでもちゃ~んと真面目に聞いてきました。新たな知識もしっかりメモってきました。
そういえばメモってるのは少数(自分だけだったかも)
保健所担当さんが苛立つのもなんとなくわかりますね~(笑)

こんな感じだったらそのうちもっと許可要件が厳しくなっていくのかも知れません。
何年か前まで自分は飲食店をやるには調理師免許が必要だと思っていて、ところが実際は逆に調理師は少ない(免許無しでも食品衛生責任者講習を1日受ければ開業できる)という事を知りました。
まじめにやってる方が大半だと思いますが、許可さえもらえればという結構いいかげんな方が居たら・・・人のクチに入れるものだけにゾっとします。
講習が必要になったのも保健所のせいではなく営業者側の質が低いからやむを得ずそうした。だから我々営業をしようとする側の責任です。

食の安全に関する知識をしっかり身につけ食中毒などの事故が起きないように注意し、安心して楽しく食べてもらえるようにしなければなりません。
・・・と心新たな気持ちになった山雀でした。


         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

  
関連記事


この記事に対するコメント

いつか使う機会があるだろうと、10年ほど前に食品衛生責任者の講習受けました。

札は多分部屋のどっかに転がっているはず^^;

【2013/03/15 10:12】 URL | butch.t #9DD8ZWDM [ 編集]


butch.t さん

> いつか使う機会があるだろうと、10年ほど前に食品衛生責任者の講習受けました。

早く使ってくださ~い!うどん屋の開店日には皆でお祝いにかけつけます(笑)

【2013/03/15 10:16】 URL | 山雀 #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック