☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



映画ロケをうどんでお手伝い
また今年になってからも高知で映画ロケをしています。
今までBlogには書かず内緒にしていましたが、高知観光コンベンション協会から打診があって「うどんを所望している」とのことでケータリングサービスに行ってきました。

130414-13.jpg

四万十海苔をまぶした「かき揚げ」や「タチウオお握り」なども調達。

休憩の予定時刻が延びて待ち時間ができ映画ロケの様子も見せてもらいました。
モニターをのぞく監督さんらの後方からモニターやスタッフの動きを見ていると、リハーサルが終わり監督が立ち上がり振りむいて・・・

「ん?」

(あ、俳優で映画監督のO氏!)    かっこ  え~~ (すっかりミーハー)

当初の予定より2時間遅れで先に撮影の終わった主演女優Aさんのうどんだけを先にゆがいていると、全員休憩となり、一気に30人ほどのスタッフが詰めかけ大忙し。

「かけうどん」「カレーうどん」「パスタうどん」などメニューを提供。


水道が自由に利用できないので水を100リッター持参し、40リッター現地で追加しました。
手前はポリタンクだらけです(笑)
130414-12.jpg

充分な麺の洗い締めができないので、ゆる締めを前提に茹で加減を調整。

こういう現場では弁当が主になり、特に夜は暖かいものが恋しくなるようで、うどんなどは「美味しい」「出汁美味しい」と、とても喜んでもらえました。

うどんを大量一気に出せる出張サービスは他にないこともあり結構重宝されています。
まあそのぶん機材やら要領やら色々と必要なわけですが言うだけなら簡単だが、これだけは実際やってみないとわからない(笑)

どうしても待たさなければならない時はクチで商売!?待ち時間を感じさせない工夫も。
えぇえぇ、うどん代の7割はしゃべりネタ代という噂も(笑)

おまけに深夜の味噌汁の段取りも引き受けてしまいましたとさ。

130414-1.jpg


後日は小道具の調達手配も・・・(笑)



         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

  
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック