☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



告白!私の正体は・・・・
私はサラリーマンしたり、うどんイベントに出たり、その他いろいろあるのですが・・・

実は・・・・・









私のもうひとつの顔・・・・













工作員なんです。







えぇ、そうだったんです。

裏で私・・・・・・




こんなことしてるんです。

130516-1.jpg

空箱を切って、うどんをストックする時に入れる箱を作っています。
丹精こめて作った麺線がつぶれないようにする工夫です。

なにを隠そう、これぞ 工作員です。


冷凍ストッカーにピタリと収まり、トレイにもピタリと収まるサイズに工作しています。

ゆがんだり古くなった箱は捨てるので、次々と作って補充が必要。

130516-2.jpg

こんな感じに作って完成です。切り方と折り方に工夫をしたので以前より丈夫になり耐久性アップの新型! ノドン・・・いやウドンです(笑)

そして2時間近く工作して・・・・・15個できました。

130516-3.jpg

作り慣れてるのでゴミも最小限しかできません。ん~綺麗な仕事!(工作員自賛)

これで全体で30個ちょいあるのでストッカー満杯分の麺を収めれます。

さっそく26日は300食イベントなので30個を使います。(320杯分です)



         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

  
関連記事


この記事に対するコメント

あの箱はわざわざ手作りされてたんですか!
ぴったりサイズの市販品かと思ってました。

ぶきっちょで、図画工作全く駄目の私には、
想像もつきませんでした~。

【2013/05/19 21:10】 URL | 紅千鳥 #- [ 編集]


紅千鳥 さん

そうです、手作りなんですよ。
普通にイベントうどんは機械麺や冷凍麺ですから、そんな箱は
ニーズがないんでしょう、ピタリの市販品がないんですよね。
昔はビニール袋に包んでそのまま冷凍しブロック状態だったのですが
ゆがくときにほどけにくく外側の麺線を痛めるなど問題が多くて、
こういう箱になったんですが、生めんって300食イベントなど45kgも
重さがあるので大変です。
陰では色々な工夫や苦労があります。

【2013/05/19 21:37】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック