☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



久しぶりの手練りは大変!
今日の教室と明日の教室用にうどんを作ったのですが・・・・・
6kgの粉ゆえミキサーは後で洗うのが面倒だし、手練りをしました。

130628-2.jpg

塩分濃度11%の塩水で加水49%、総重量は約9kgです。
最近は一回に粉8kg、10kgなどの単位で作っていたので全部ミキサーを使ってました。

練る前の粉を見ると・・・・・こ、これは!!!

アイガー北壁よりも切り立った粉のマウンテン! 

130628-3.jpg

試練を予測するかのようなカタチですなぁ~~。

案の定、やってみると結構大変でした。しかしミキサーを入手するまではMAXで10kg、通常は8kgを手練りしていたことを思い出しました。

「よ~今まで8kgも10kgも手練りしていたもんだな~~~」と自分ながらに感心。

逆に言えば最近はミキサーのラクさに甘えているということでもあります(笑)

でも実際に5kg以上は手練りよりもミキサーが綺麗に混ざります。手作業は愛情が込められて良い感じがしますが、実際にできる生地の状態を比べてみると、よく混ざり生地の肌の状態がよく寝かす時間も短くて済むミキサーの勝利は認めざるを得ないです。

粉6kgという量はどちらを使うか迷う量でもあるんですね~。
5kg以下1回なら手練りですけど、7kg以上でも2回に分けて手練り?
いや7kg~10kgならミキサーで1回練りでできますから・・・な~んて悩みます。

とりあえず手練りで15人分の試食麺と25パック(50人前)ができました。


         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック