☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



一時停止5秒?警察あんたらどうよ?
先日、父親が南国の某ワークウェイで客の会話を耳にした。

「香南署では一時停止取締りが厳しい、止まって5秒せんと捕まえる」

なんと!勝手に持ち出した5秒ルールの押しつけ? 
さすがは田舎の警察?ホントなら都会で適応したら大渋滞必至ですな。
5秒規定なんて聞いたことありませんし一時停止違反で秒数の規定はありません。
本当に停止線上またはその寸前で停止をしていたとしたら、それは5秒未満でも何ら一時停止違反にはなりませんので裁判へ持ち込むつもりで抗議すべき。たいがいきちんと証明ができれば検察の段階で不起訴が取れると思います。バカを相手するにはやはりドライブレコーダは必須です。こんな時こそ補助的とはいえドライブレコーダの映像・画像は大いに威力を発揮してくれることでしょう。

さて、一時停止とは・・・・・調べてみると意外な事もわかりました。

過去に「一時停止の解釈」として、車輪が完全に回転を停止した状態でもなく「5Km以下あるいは3Km以下程度でいつでも止まれる速度の事」という判例もあったとか。
そうなると明確な規定はないかのようにも思えますね。

でも私の解釈としては「一時停止とは車輪が完全に回転を止めた状態」だと思います。

もちろん交差点ゆえ左右など周囲の安全を確認しなければなりませんが、その安全確認を怠った場合は一時停止違反ではなく安全運転義務違反など別の違反となるのが正解のはず。

だから「停まったけど左右確認ができてないから一時停止違反」などと言うような交通法規を知らない警察官の詭弁には注意が必要です。そういう時は携帯にある動画撮影機能(音声も録れる)などをONしておき会話を録音しながら、「一瞬でも停まった事実は認めたという発言をさせる」よう誘導して録音しておきましょう(笑)

ただし停止線を越して停まった場合、一時停止違反ですので停止位置には御注意を。
また多くの場合、停止線で止まっても左右の安全確認ができない位置であるケースも多く、さらに前に出て交差点直前にて安全確認をしなければならない事も多いですが、例え左右が見えなくても(見なくても)停止線では一旦停止しないと違反に問われます。
法律は実情とは違うということです。合理的に考えればそんな手前の停止線は意味がなく交差点直前において停止し安全確認をすれば問題ないじゃないかと思われますが、そんな常識は通用しないのが法律です。(実は手前の停止線にも意味はないわけではないのですがここでは割愛します)



ちなみに安全運転義務違反とは(わき見運転、漫然運転、安全不確認、動静不注視などの種類の総称で、一時停止の時に同時に問われる可能性があるのは「動静不注視」や「安全不確認」だと思われます。
「動静不注視」 
相手車両の存在をあらかじめ認識をしていたが、それが事故に結びつく具体的な危険はないものと判断して相手車両の動静の注視を怠った結果、事故にいたったような場合をさします。(来ている車の速度判断ができず直前で飛び出した場合などがそれになるでしょうね)
「安全不確認」 
一時停止をしたものの、十分な安全確認をしなかったため相手車両を見落としたり、あるいは発見が遅れた結果、事故にいたったようなケースです。

上2つの違いは、動静不注視は相手が見えていたが判断を誤った場合で、安全不確認は相手を見落としたり発見が遅れた場合ということですね。まあどちらも安全運転義務違反ということで結果は同じなのですが、少なくとも一時停止違反ではなく別の違反となりますので区別しておきましょう。

そんな事を書いてる矢先

香南署の一時停止取締りに遭遇!



結果、停止は5秒しなくとも捕まえなかったですね。まあ当たり前な話ですが。
5秒ルールは停止せずに捕まった本人が指導を受けた際に「5つ数えるぐらいハッキリと止まるよう」にという感じで言われたのではないかと思われます(笑)

しかし闇に隠れるような取り締まりは、交通安全のためではなく反則金を稼ぐためと言われても仕方ないですね。


・・・・・と、そんな5秒ルール疑惑も晴れた矢先に

香南署パトカーの一時停止に遭遇!

じっくりとごらんください。



  これはもう笑うしかない?

5秒どころか停止すらできてない。これじゃ他人様を捕まえる資格なし!
止まったのに捕まったら切符を書かれる前に是非この動画を見てもらい、合法な交差点通過かどうか聞きましょう(笑)
(ただし一時停止をしてない自覚がある場合は論外ですよ。)

<補足説明>
レコーダーを付けてる方は存じかと思いますが広角レンズの特性上、映像は実際よりも2~3倍ぐらい遠く小さく見えます・・・が実際は結構近いところに見えています。
ブレーキにより停止する場合、ノーズダイブ(前方が沈む)が発生し戻った時に停止となりブレーキランプは点いたままになるはずなのですが、このパトカーはノーズダイブから戻る時すでにブレーキランプは消灯、すなわち完全に停止できていないまますぐ走行の体制に移ったという事がわかります。
また録画と同時にジックリとその動静を肉眼で観察もしており、パトカーは完全に止まりきらずに加速動作に移ったのをしっかりと現認しました。
場所:高知県香南市野市町東佐古503番地南側の信号交差点。日時:映像にある通り。

壁に耳あり!車に目あり! 今時、違反を見ている方も見られていると言う事ですよ!


やはりドライブレコーダは付けとくべきでしょう! いつ付けるの? 今でしょ(笑)

          ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 


関連記事


この記事に対するコメント

なんてタイムリーな!!!

先週、一旦停止で捕まりました。
夜の11時前くらいに、
市営球場の裏の橋のそば暗がりで
網にかかりました。涙

0キロになっていませんでしたよ。とのことで…

【2013/07/22 11:30】 URL | oniyome #YGz6v9qQ [ 編集]


いや~( ̄□ ̄;)!!
そりゃまた御愁傷様です。
「じゃ、何キロでしたか?それが示せないなら話になりませんね」と言ってあげれば良かった(笑)

香南警察のパトカーが一時停止をしてない動画がありますが、あれが合法なら私は模範運転手だと今後は言ってあげましょう。

【2013/07/22 12:32】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


自分は、止まれの標識を見落とさない限りは、どんなに見通しが良く車来てなかっても止まります。その代わりこっちが優先のときは、止まれる感覚で相手がいても容赦してません。そんな時は、クラクションの嵐ですね・・・  ただ、Sだけは出てますが、取り締まりの計測地点はちゃんと走ってます(今日もボートピアの前東行き)止まれの旗を持って立ってる公務員横を通る時はちょっと踏んでますね。
連荘で計られたら 完璧アウトです!

【2013/07/22 22:00】 URL | とうやく #nmxoCd6A [ 編集]


とうやく さん
わかります!わかります!自分も田舎でも夜中でも止まります。
近年はホントに危険運転をする運転手が多いですね。
マナー低下を凄く感じます。毎日違反車両を見ない日はありません。
自分に反則金キップを切らせてもらえたら今頃は別荘5つ、高級車
12台は持っていますね~(笑)

そうそう、昔に聞いた話です。高知署のネズミ捕りにつかまって、
腹いせにアクセル踏んで走りだしたら1km程先にあった南署のネズミ
捕りにつかまった人がいたとか(笑)

【2013/07/22 22:13】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック