☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



1000杯イベント終了
ゆるキャラ「とさけんぴ」クンも登場したイベントも無事に終わりました。
おぃおぃ、うちの店の前で記念撮影?商売の邪魔じゃ~!(笑)

131020-1.jpg

「とさけんぴ」とは
モデルは土佐犬、頭に播磨屋橋、相撲が好きで?化粧まわし、それに鳴子をさしてます。

個人的に見るとカツオ人間よりも正統派のゆるキャラですね・・・・
むろんカツオ人間はマニアに人気があって、自分の姪っこもファンですが(笑)


それはさておき、1日目が終わり、ネギの補充をとこだわりの野菜類などを選んで置いてある店に買いに行きました。そこで高知県越知産の小麦粉が目に留まり、ついつい手が伸びて買ってしまいました。
御主人とお話しをしていると相当うどんが好きらしく昔からの(廃業された)老舗をよく御存知で、でもうどんは打てないようで「じゃぁ、今度つくってきてあげるね」と約束して帰ってきました。(翌日打って届けました)

その早速打ってみた地粉うどん。
高知県産の地粉100%のうどんは正直言うと現代のうどん好きにはちょっと???と思うものが出来ます。しかしながら昔のうどんを知っている御年配の方には懐かしい味がするのではないでしょうか?
味は地粉共通のことなのですが「そば粉」と同じ感じです。細く作って黙って出して食べさせれば多くの人が「そば」と言われるでしょう。

今風に美味しいうどんを作るなら、通常使う小麦粉7割に地粉3割で打てばいいと思います。風味と食感を地粉風のままに喉越しもコシも良い今昔折衷うどんができます。

ただ今回は地粉100%で「地粉だけで打つとこうなんだ」というのを味わってもらうつもりで打ちました。

しかしこの小麦粉の製粉具合は結構いい感じ。こちらの製粉したキナコも凄く香り良く挽けてましたので、粉よりも製粉所に少し興味を持っています(笑)

131020-2.jpg

加水は通常よりも若干高めにしました。低加水では繋がりにくい粉です。
延ばしの感覚は蕎麦を打ってるのと非常に似ていて、蕎麦100%みたいに切れることもなく綺麗につながります。
こりゃ蕎麦とブレンドすれば切れにくい美味しい蕎麦ができるんじゃね?
是非とも今度やってみたいと思います。

131020-3.jpg


さて、休む間もなく今週末には平山ノートなんですが台風27号の進路が・・・
今の所、25日には台風26号と同じ進路変更をして四国の南で急に東向くという予測もあるのですが、まともに来たら大変なことになってしまします。
しかし伊豆大島のほうがまた心配ですね。




         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 
関連記事


この記事に対するコメント

うどんの生地のことはよくわからないのですが、TV番組で王手パンメーカ-Pascoの食パン超熟の製造過程を紹介してました。超熟はモチモチ感で人気があるらしく、そのモチモチは混ぜる水温と時間が肝だそうです。熱湯と言ってました。その温度と時間はン万回?も試行錯誤したみたいです。うどんでも違いがでるのでしょうか?

【2013/10/21 09:49】 URL | 三丁目 #- [ 編集]


ちょっと調べてみましたが、これですね?
http://www.telejirou.com/archives/2419
なかなか興味深い記事でした。

記事にはモチモチの正体はデンプンであると書かれています(当然ですが)
そもそもうどんを食べる前の工程には「茹でる」作業があり、それによってデンプンがモチモチ感をも演出しています。
一方、パンの加温は焼く工程であって茹でる工程がないことから、事前に熱湯を使って茹で状態にした一部の小麦粉を生小麦粉にブレンドすることでモチモチ感を引き出し使ったのでは?と思われます。

すなわちパンでやった手法は、単純に言えばうどんでは当たり前に日常的に行なわれている工程と同じような意味があるということでいいと思います。(その方法には一朝一夕で答えを出せないいろいろな企業秘密はあるでしょうけど)

まあ何事も実体験をしないと偉そうなことは言えませんが、私個人が想像する限りでは「茹でうどん」と「生の小麦粉」を混ぜ合わせて再度うどん生地を作って茹でたいと思いません(汗)

でももしこれを試してみた方がおられましたら、ぜひ結果をお教えください~。(案外凄いものができてたりして・・・・)
 

【2013/10/21 11:57】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック