☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



虚偽表示?それって立派な犯罪!
最近になって広がる食材やメニューの虚偽表示。ずいぶん前から悪徳な商売をして太ってきたものだな~と呆れてしまう。
大手デパートだから有名なホテルだからと信頼していた庶民はずぅ~っと騙されてきていたわけである。

131106-1.jpg
(この写真と記事の内容は無関係です。写真:熊本あじさい牛)


安物のニセ材料を仕入れ

本物だと表示して売る

それは立派な

「詐欺行為」 だと思うのだが・・・

(人を騙すといういう意味での一般的な言い方です)

300円のガラス玉の指輪をダイヤモンドと称して100万円で売ってたと同じようなもの。

騙されたまま気付かなかった消費者がバカ?

いえ絶対に騙したほうが悪いに決まっている。
下町の怪しげな魚屋のオヤジが車海老だと言えば怪しむが(笑)
高級レストランで出されれば偽物でも誰もが信じるというものだ。
そのためのブランドでもあり先に信用してもらっているからこそ
値段が高くても買ってもらえるのである。

それを利用して客を騙し不当な利益を詐取していたわけで、
だから訴えがなくともやったことは「詐欺的行為」である。


こういうのを法律では、

「商標法違反」および「不正競争防止法違反」このあたりに該当することになるようである。

ということで、
商標法違反の場合は
10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科
そして不正競争防止法違反も加わると
5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金に処し、又はこれを併科

となる可能性があるわけで、それを回避したいがゆえ?見え透いた言い訳の数々が実に見苦しい。くちの縁にアンコをつけて自分は喰ってないと言うのと同レベルなのだが(苦笑)

「気付かなかった」

そんなはずがあるか!(笑)


「納入業者まかせだった」

じゃ納入業者を訴えてみろ!(逆に10倍返しになって余罪を暴露される?)


「バイヤーやマネジャーが違った素材に
 なっていることを把握していなかった。」


どんなシロートを働かせてるんだ(呆)


まぁ、これだけ大手企業が営利の為に客を欺き不正をやり続けてきていたのは間違いないようで、飲食業界の風上にも置けないということがハッキリした。
これからしばらくは信用できないということで、やりなおすなら地面をはいずって泥をなめる覚悟で信用をゼロから再度築くしかないだろう。
そうそう利用客だけじゃなくコツコツ真面目にやってる中小の同業者にも謝罪すべき。

しかしまぁ、こういうことは今に始まったことでもなく違法すれすれの範囲や倫理的にどうよ?というのも含めば、業界ではそういうのは履いて捨てるほどあるのも事実。

例えば回る寿司などの魚は聞いたことも見たことすらない魚?を普段よく知っている名称のネタとして握られていると聞くが、JASの食品表示法には食材販売の場合は抵触し違法だが、飲食物として提供する場合は除外されているので違法とはならないらしい。
イクラ・・・・マスの卵「マス子」
カンパチ・・・コバンザメに似た「スギ」
アナゴ・・・・ウミヘビ科の「マルアナゴ」
ヒラメやアイナメ・・・深海魚の「ヒモダラ」など。

自分としてはこれを知ったら余り好んでは食べたくないですね。


スーパーなどの牛肉表示もムチャクチャです。
単純に「和牛」「国産牛」「輸入牛(産地国)」でいいのだが

 よく見るのは「国産和牛」??なんすか?それ。 
 実は売っている店員もよくわかってない(笑)

   *和牛と国産牛の過去記事こちら 

以前、知人が「安くてボリュームのあるステーキがある」というので一緒に言ったら牛脂注入肉で、見てすぐわかったので説明してあげたら、それからは食べに行くのをやめた(笑)
まぁそれはそれで美味しいんだけどね。
それと某焼き肉チェーン店がOPENした時に行ってみたら見事に合成肉だった(笑)
でもそれはそれで柔らかくて食べやすいからお年寄りなんかはいいかも。
だから代用がすべて悪いとは思わないが、その表示や料金が不当でないかということが問題になるでしょうね。


それに「手打ちうどん」
明らかに機械麺なのに「手打ち」と表記している店が多い。
でも逆に考えれば「手打ち」はあこがれブランドだということなのだろう。(牛肉なら和牛がブランド)
そう思えば自分は頑張って手打ちを極めようと励みになるしイベントで少しでも多くの方に本物の手打ち麺を食べてもらい、手打ち麺の良さ美味しさを感じてもらいたいと思う。(でも逆にヘタな者がする手打ちは機械麺にも劣る場合があるので誰もかれもが手打ちなら旨いわけではないですが・・・)


さて、最後に・・・現在は偽装表示のレストランらは返金に応じるとかしているようだが、
偉そうに色々と書いてる自分、どこにも返金要求ができない状況・・・ということは、
そういう高級レストランに行けてないのだという貧困さを自ら晒したようなもの orz
これって間接的な被害者にならんかにゃぁ~・・・・ならんでしょ!(笑)


         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

関連記事


この記事に対するコメント

虚偽は虚偽であると見抜ける人でないと(外食店を使うのは)難しい。

偽装を見破れる上等な舌を満ち合わせておらず
納得して食った後で偽装が分かり、
己の舌を責めずにワーワー言い出すのも何ぞみたいじゃの。
味音痴にも三分の理か‥。

【2013/11/10 21:59】 URL | タメやん #- [ 編集]


>己の舌を責めずにワーワー言い出すのも何ぞみたい

騒ぎすぎもちょっとアレですね。
ただ、偽装をした組織は恥を知れと言いたいですね。

最近は代用品も高度になっているので、自分はたまたま
肉のことは勉強し実食していたのでわかったのですが、
分野が違えば見抜けないかと思います。
だからきちんと表示しなくてはならないのですが、
困ったものですね。

【2013/11/11 01:12】 URL | 山雀 #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック