☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



餌の魚(海老?)をさばいた・・・
早くも12月ですね。今年の冬は冷え込みも厳しそう・・・・

そんな中でもヘタな漁師は海水につけられ引きずりまわされている餌木(ルアー)を真水で洗って塩分を抜き、そのコンディションチェックをしています。

魚!  ギョっ! 

131130-1.jpg

手持ちで普通に見たら何の異常もないけど水中に入れると横倒し・・・・死んでる(笑)
これに気付かず使えばイカが全然釣れないうえに、根がかりばっかりになりますね~。
メーカー品の高いエギならともかく、こんなの知らずに使ってたりしませんか?

原因は中に海水が浸水したものでしょう。さすが安物のエギです!(覚悟の上の購入です)

131130-2.jpg

おなかも裂けています。でもこれは浸水の直接の原因ではないですね。

裂けるし水も入る・・・・この個体1個だけがいいかげんに作られていることがわかります。
もしかして新人アルバイトの作かも知れません。(安物はこういうリスクがあります)

皮を剥いてみました。派手な下着ですね~~。

131130-3.jpg

下着がレインボーで上着がパープルというタイプのエギです。


そして、いよいよ下着もとっちゃいます。 (ここからR18指定!?)
決してお子様には見せないでください(笑)


131130-4.jpg

きゃ~! 裸になりました。


  さらにお尻に浣腸ドリルで穴を開けてみました(笑)

131130-5.jpg

するとボタボタと海水があふれ出てきました~~、やはり内部浸水が原因でしたね。
水を抜いて乾燥させて、あとは開けた穴と浸水しそうな合わせ目など厳重にアロンアルファを塗って塞ぎ、お好みの衣装を着せたらオリジナルのエギに生まれ変わります。
買うよりも高くつくかも知れない修理代(笑)

(次回予告:餌木の再生) 

         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック