☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



奇跡、霊?
御注意: 怖い話しが嫌いな方はお読みにならないでください。

当直勤務が終わり、そそくさと海に出かけた。
新しいポイントに入るため、堤防沿いの狭い道を行き止まりまでバックした。
行き止まりの所には海に下りる階段があり、上には小さなお宮さんがあるようだ。

車を降りて準備をしていると・・・・

「コツコツ・・」  ん?何の音????

おや!野鳥だ、うちの田舎でもよく見るひょこひょこと長いシッポを振る小鳥が、バックミラーの上に乗ったりフロントガラスの前にとまってガラスを叩いていた。

この鳥は妙に人懐こいのが特長でもある。
なんだこいつか、と思いながら釣りの準備をしていたら・・・

ぎょっ! 

開けていたドアから車内に入ってダッシュボード上に置いてある手袋の上にチャッカリ乗っかっている(笑)

131209-3.jpg

しかし出れないと焦っているようなので反対側のドアを開けてやると慌てて外に出て上にある木にとまった。

131209-2.jpg

そしてまたバックミラーにとまった。

131209-5.jpg

トンビもすぐ上を飛び人を怖がらない。試しにパンを上に投げてみたらトンビは即反応してパンを取ろうかと反応しながらも躊躇した。ここ自然の宝庫のような所だね~。



ところでこの写真、鳥のところが何か変じゃない???

たまたま連続で撮れた写真にはない透明なものが鳥をかぶせるように写っている。

131209-4.jpg

これね。

131209-6.jpg

もしや心霊写真?

あ、そうそう! この野鳥の名前ですが、たぶん

奇跡霊 キセキレイ だったと思います。


な~んだ、おやじギャグかい!?






いえ・・・実は この後で聞いた話なのですが、


夜ここに釣りに来た知人が不可思議な心霊?現象を体験したらしい・・・

今度どういうのだったか聞いてみよう。

とりあえず昼間はともかく夜は行くのやめとこう・・・・ビビってます(笑)

         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

関連記事


この記事に対するコメント

車内にまで入ってくるとは!自分も数年前、高松市内の山頂にある、うどん屋に友人4人で行きました。広い庭の20mぐらい先にトイレがあったので敷詰められた砂利を歩いていたら、すぐ後ろから砂利を踏みしめる足音が着いてきてました。トイレの前まで来て振り返るとだれもいないんです。いい天気の昼間の出来事です。怖かった!

【2013/12/09 10:14】 URL | 三丁目 #- [ 編集]


ホント人懐こい小鳥ですね。
歩く音ですか?怖い話しですね~。
背後の気配といえば自分も経験があります。
しかも場所は暗室で独り写真の作業中(それだけで怖いでしょ?)
霊感とは無縁の私ですが、あの時はビンビン感じました(汗)

【2013/12/09 19:06】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する