☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



教室のレシピ
うどん教室を行なったら当日と同じ作業工程を書いた画像付きレシピを参加者に渡している。

A4で2ページに無理やり収めているのだが、本当にお伝えしたいことなどはほとんど省いているのが現状です。
そこであれもこれもと付け加えているうちに・・・・なんと5ページにもなってしまった(醤油の豆知識も含めれば6ページ)

140124-1.jpg

内容は

・どんな小麦粉を何に使うか
・麺のコシについての理論解説
・うどんの作り方と茹で方
・菊練りのやり方
・簡単なだしのとり方
・釜抜き麺と洗った麺の違い
・メニューの例
・醤油の豆知識(JAS5分類)
・土三寒六常五杯とは


                 などが書いてあり超充実仕様となっております。

これって趣味のうどん打ちには充分過ぎる内容が網羅されているかと思います。
読めば納得、益々うどんに興味が湧いてくること請け合いです!(たぶん・・・)

今年の教室では大人相手、特に熱心な方が集まる教室でお渡ししようと思います。

しかし・・・これを渡せばもう充分過ぎて習いに来なくなる???(笑)

いえいえ
   そんなにうどん打ちは甘くない!

突き詰めれば突き詰めるほど深いんですよね~。
少しやればわかったつもりや妥協にもなるが、成長はそこまででストップです。

さて明日(25日)の教室、気合入れて楽しく頑張ってきま~す!

 

         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

  
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する