☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



足元が新車みたいに気持ちいい
すっかり足元がリフレッシュできた愛車です。
軽いハンドリングと安定性、そして雑音のないしっかりした走りが戻ってきました。

140303-5.jpg

しかし修理工場の現場では・・・ロアアームブッシュの交換が大変だったようです。
専用工具はもちろん、周囲の足回り関連もバラシて、エンジンも吊り上げたらしい。
どうもMINIの場合フロントはスタビライザのブッシュも含め構造が面倒なようです。

140303-1.jpg

スタビライザのブッシュは車の手入れをよくする人なら自分自身で異音に気づき交換することも考える部品ですが、ロアアームのブッシュは整備員が車検整備中に(きちんとチェックしていれば)気づき指摘されてから交換するケースが多いと思います。(・・・というよりヘタりが出て交換するまでに車を買い替える場合がほとんどだと思いますが)

今回はスタビライザブッシュのヘタリによる異音が右後輪で出始めたのに気づいた事で交換を思い立ったのがきっかけで、ロアアームブッシュはまだ大丈夫だったけど経年劣化を考慮しついでに早めの交換。(これが整備士泣かせの作業でしたが)
MINIは車重が軽いけど、その割にはここが痛むのが早いという情報もあったので良かったかも。実は他のブッシュ類も全部交換とも思ってたのですが、これら以外は単体では交換できないアッセン交換部品ばかりでユニット全体を買うことになり超高くつくので断念したという予想外の事もありました(汗)。

さて気をとりなおし・・・・笑
タイヤも交換(新品タイヤになるとハンドリングが驚くほど軽くなる)
140303-2.jpg

ディスクローターとディスクパッドを交換(普通はパッド交換だけしかしない事が多い)
140303-3.jpg
しかも今回はスリット加工(1万円)したローターに交換です。
パッドの減りは少し早まるがブレーキの効きは確実に良くなる・・・はず。



以上でとりあえずは完璧!(ショック関連は劣化が出てからということで未交換)

これで   走る ・ 曲がる ・ 止まらない 


ん? 止まらない??  あかんじゃん。。。

パッドもローターも新品ゆえアタリがつくまでブレーキの効き目が甘いのです。
だから急ブレーキを踏まない安全運転に勤めながらしばらく走って(止まって)あげなけばなりません。少し走るとパッドとの摩擦でローターのコーティングが剥がれ、パッドの幅で金属色が見えてきます。(下の写真)

140303-4.jpg

無事に完成し、スタビライザのコトコト音も消えて、軽やかなハンドリングとキビキビした挙動性が戻り、足元が新車の頃に戻った感じで気持ちよく走れています。そしてもう数日乗ればブレーキも通常の効き目が期待できるようになります。

計算してみると総額で170,000円ぐらいかかりましたが、車のバランスに合ってないデカいホイールにワイドタイヤを入れて「格好だけキメル」より、「思った走りができてキッチリ止まるという実質的な性能回復」をやったほうが絶対にいいと思います。

しかし・・・・そういう自分も若い頃は・・・・でしたが・・・笑


*MINI乗りの方で、まだまだ使えるローターとパッド(いいやつです)中古品が必要な方はいませんか?費用は送料だけでかまいません、いなければ処分しますけど。

 
         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

関連記事


この記事に対するコメント

初めて買った車がランサーでした。ゆっくり止まる直前に前からゴリゴリと音がするので整備工場にもっていきましたが原因不明でした。行きつけのカーショップのオヤジさんに乗ってもらうと、ショックやということで、コニーに交換してもらいました。ゴリゴリ音も消え、コーナリングも以前とは大違いに踏ん張りました。

【2014/03/06 09:53】 URL | 三丁目 #- [ 編集]


なつかし~~
KONI のショックは当時あこがれでしたよね~。

【2014/03/06 21:45】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する