☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



リベンジついにやったじゃイカ?
前回記事でイカも散り、リベンジに萌えて燃えていたのですが、翌日は小雨模様。
それでも実は夕方ちょこっと行ってました(笑)
アタリもなく1時間後には雨足も強くなりかけたので断念し帰宅しました。

そして更に翌晩・・・

どうしようかと考えた結果、昼間の風も止んだので潮の満潮~引きはじめを狙って夜10時から出かけた(笑)
こうなるとただの意地である・・・・

案の定、この時間になると釣り場には誰も居ない。
前夜、ここで会った人に話を聞くと「最近、釣れたのを見たこと無い」と言っていた。
だから皆あまり釣れてないと思っているのだろう。

しかぁ~し・・・

ここ数日は毎晩だれかが1杯釣っているのを自分は見ている。だから釣れないわけではないのだが、とりあえずその人に口調を合わせておいた(自分だけ釣ろうという魂胆)

釣り場は貸切状態!遠くにスズキ狙いが1名だけ。
あちこちと投げてみて、一番匂う場所で粘ることにした。
始めて1時間経が経過。。。。今日もだめかな?と不安がよぎる。

そのとき、かすかな違和感を感じる、そっとエギに触れているような????
動かないが違和感を感じたままなのできっとエギを抱いているに違いない。

自分を信じて合わせを入れてみる。

うぉりゃ~~!

違和感は的中した!

  来た~! ガッツリと手ごたえ!

竿が弧を描きイカのジェット噴射が海底で起こっているのを感じながら慎重に巻く。

約1kgのアオリイカ(雄)でした。(恥ずかしながら今までの最高が600g)

140406-1.jpg
       4号エギが小さくみえます(絞めたあとで撮影しています)

正直言うと寄せてくるまでは先日みたいにハズれないかとドキドキでした。。。。

2日越しのリベンジ達成!


その後、シンコ(子供サイズ)を1杯追加して嬉し軽々帰ってまいりました。

さてこれからは 山雀さん爆釣街道まっしぐら!?(世間はそんなに甘くないぞ)




         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 
関連記事


この記事に対するコメント

ここで絶対釣れるという確信やね。そうゆうポイントがどんどん増えていくがや。
 

【2014/04/06 10:31】 URL | 三丁目 #- [ 編集]


> ここで絶対釣れるという確信やね。

それがどんどん現実になると嬉しいですよね。

【2014/04/08 18:45】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する