☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



鼻血と噴飯
漫画の「美味しんぼ」の原発事故関連の記事で世間が盛り上がっていますね。
風評被害だのなんだのと大騒ぎになって、とうとうローカル新聞にも出ています。しかしながら事実を伝えることを妨害することもおかしいなどの意見もあります。
以前から作者は時々こういう鋭いネタも作中に織り込んで食べ物の漫画として人気で、「美味しんぼ」は自分も愛読者のひとりなのですが・・・・

マスコミ側はおおむね鼻血に否定的な報道が多いのですが、
例えばこんな記事、下記の文字をクリックしてください。(期間がすぎると消えるかも)
「美味しんぼ 福島の真実編」抗議相次ぐ 「科学的にありえない」
産経新聞 5月13日(火)7時55分配信


この文中で気になった部分があります。

「一般の人々より被曝線量の高い放射線技師や宇宙飛行士は鼻血が止まらないことになる。」

私は鼻血どころか・・・ご飯を噴き出してしまいました。

宇宙飛行士やパイロットは確かに地上に居るよりは空や宇宙に出れば実際に放射線被ばく量が高くなると言えますし、頻繁に飛べば比例して被ばくが多くなるのは事実です。(高いところでは宇宙線の影響を地上よりも多く受ける)
また放射線技師は仕事上でリスクは高いと言えないこともありません。
しかしその発言も逆に風評被害を煽るようなシロート発言としか思えず、ほんとに大学の偉い教授が言ったの?という疑問を感じます。

確かに宇宙飛行士やパイロットが放射線被ばくが一般人より多いのはわかります(高高度や成層圏外を飛行することで地上よりも多くの放射線被ばくを受ける)し、放射線技師も撮影介助等によって少なからず被ばくをするでしょう。(ある測定会社の集計で平均1.3mSv/年というデータもある)
しかし現実は「放射線技師や宇宙飛行士は日頃業務中に鼻血が出るような被ばくはしていないと断言できます!」
こんなクソ記事を知らない人が読んだら、該当職種の方は世間から誤解を受けることになりかねず、それこそ風評被害を受けかねないですよね。
なぜなら放射線技師を例にすれば放射線被ばく量を常に測定し記録管理をしており、何mSvの被ばくをしているのか完全に管理されているのです。そしてその被ばく履歴も30年保存から永久保存と法律が変わりました。
確かに一般人より被ばくは少し多いとは言えども一般人とは違い完全な管理下でどれだけの被ばくをしているのかがキチンと数値で証明できているわけで、それも法律上の限度が来たら業務配置変更などをし被ばくをそれ以上させないなどの措置を講じることになっており、当然ながら鼻血が出るほどホッタラカシにする訳がないのです。(まあそれ以前にそこまで被ばくすること自体がないのです・・・・原発などの事故以外はね)
果たして本当に学者さんがそういうことも知らないで発言したんでしょうか?という疑問も沸いてきます。
例えば実際のデータを出しますが、放射線技師で22年間業務して職業被ばくは0.44mSvという例があります。おそらく多くの放射線技師の方がこの程度でしかなく1年あたりの平均値は0.02mSv、ところが原発事故の後3年を過ぎて一般人の方を住まわせようとしている数値は年20mSv未満とされています。

年20mSvを容認????これこそが大問題!なわけで私は驚きました!

これって実例で紹介した職業人(放射線技師)よりも1000倍も多い被ばくを容認するということなんですけど。しかもロクに健康診断や被ばく測定記録の記録管理もせずに・・・・
とにかく国がこの基準で現在の被災地に住民を戻そうとしている事は、放射線の専門家からするとあり得ない話しなんですよね。(年8mSvでも意味は同じような事)
そんなとんでもない数値が容認されるって、それじゃ放射線業務している人達が施設基準を満たすために大金をかけてシールドして、お金を払って被ばく測定をして、従事者には精細な血液検査などの健康診断を受けさせ記録するなど、日頃の被ばく軽減努力は何なの?ってことなのです。

もうおわかりですよね?「一般人よりも多く被ばくしている職業の人が鼻血を出してないんだから、民間人では鼻血が出るはずがない」なんて発言はチャンチャラ可笑しい話なのです。まったく職業の中身を理解せず自分勝手な憶測で比較することこそが問題でしょう。
数値を管理している職業人にそういう事は(事故時以外は)起こらないんです。
だから一般人に起こるはずがないと記事は言いたかったのでしょうが破綻しています。
先ほども書いたように一般人と職業人では被ばくする環境が全然違っていて、職業人は完全管理下にあって法に守られている。逆に危ないのは原発事故で近隣の一般人の方たち、実際にどれだけ被ばくしたのかなんてわからないのに、嘘つきの電力会社や国がデマカセな推測値をそれもかなり控えめに発表をしていて真実はわからないし、また隠していた事もたくさんあったわけで、本当に危ない目に晒されていたのは被災地の一般人だったのです。

年20mSv・・・これこそ鼻血も出そうな噴飯ものの国の措置なんです。
この20mSvという数値、これはICRPが勧告しているから正しいんだと国は正当化をしていますが、大人も子供も妊婦も一律になっており、もはや無茶苦茶であるとしか言いようがありません。
法律上では一般公衆は年1mSv以下にしなければならないんです。
そして放射線に従事する職業人でさえ女性は特別に低い上限の数値が採用されているのです。(20mSvはこの数値を参考にしていると推察しますが、実はこれにも数字のトリックがあり、職業人女性でも許容されるのは一時的な事なのです)

この20mSvという数値がいかに酷いものかしっかり理解すべきです。

健康被害のリスク以外で20mSv/年を考えると・・・これは短い期間で環境を年1mSV以下にする除染ができないということを表しているということでもあるのです。単純に考えても被災地が年1mSv以下に戻るのは何十年、いや百年単位・・・・・またこういう事を言って不安をあおるなと言われるのでしょうが、少なくとも現世代が生きているうちは画期的な除染技術でもできない限り無理であるというのが厳然たる事実だと思うのです。それをきちんと説明せず隠し誤魔化して嘘で国民を騙すことが正しく本当に良いことなのでしょうか?

長期に渡る低線量被ばくは子孫に影響することが懸念されますが、今の政治家らは(私も)その頃にはこの世に居ないわけで、ここしばらくを誤魔化しておけばあの世まで追いかけられ責任を問われることもない訳で、実に無責任なその場しのぎな嘘を並べてたてても逃げれるんですよね。

国民の健康よりも金を優先しているからこそ、ああいう事ができるのです。

また知っておきたいことはmSvやμSvといって発表されている数値は、X線やγ線だけであってβ線やその他の放射線は無視されていたということ。事故当時はストロンチウムなどの事について指摘を受けても、「重い核種だから遠くまで飛散しない」などとワケワカメなふざけたことを言ってましたが、これも嘘だったことは周知の事実。
鉄は綿よりも重い、だから「鉄1kgは綿1kgよりも重いのが当然みたいな話し」で噴飯もので鼻血が出そうでした。
外部被ばくはまだしも内部被ばくとなった場合は事態は更に深刻です。
こんな裏話を聞いたことがあります、事故が起きて緊急避難して来た家族の父親が作業員が持っているカウンター(測定器)を奪い取り、自分の子供にあてると針が振り切った。父親いわく「自分は原発作業に従事しているからその意味をわかっている。」
こういうような暴露話は風評被害を煽るなどということで?(本当は隠蔽の意味で)報道もされず黙殺され隠されてきましたが、結局はあちこちで晒け出されていますね。
しかし、そいう話が表に出ると今回のように叩かれるんですよね?・・・どこか裏側で都合の悪い方々が叩くように扇動しているとしか思えませんね。

本当に放射線の影響で鼻血が出た人がどれだけ居たのかは私自身でデータを取ってないしわかりませんが、とにかく国や電力会社は「住民はそんなに多く被ばくをしていない」と言いたいのです。

それと下のブログを読んで思い出したことがあります。
ネット界では超有名なきっこさんのブログでも当然ながら取り上げられています。
  リンク: きっこのブログ
この記事をよくお読みください。

現政権の政治家が当時は野党で「鼻血」を引き合いに当時の与党に迫っていたことなど、呆れるような話しがいくつか書かれています。

なぜマスメディアは漫画家を叩く前に、
      政治家を叩かないのでしょう?


あの時は許されて、今回は叩かれる・・・・政治家には説明してもらいたいね。

5月18日の別記事・・・・安倍首相「美味しんぼ」問題で風評に「全力を挙げて対応」 
笑わせるな!と言いたい。これもまた噴飯ものです。
安倍首相「根拠のない風評には国として全力を挙げて対応する必要がある。払しょくするために正確な情報を分かりやすく提供する。今までの伝え方で良かったのか、全省的に検証する」

それなら「根拠のないネタ?で当時の与党を責め立てた貴方達のこと」についてをまず先に説明してもらいたいものです。

そしてマスコミも受け売りの言いっぱなしで漫画家叩きに加勢しているだけ?まるでどこかの独裁国のごとく上の顔色を伺うだけの政府広報になったかのようで真実を追究する姿勢は見られなくなったように思えてなりません。

とにかく事故当時からしばらくは一般人がどれだけの被ばくをしたなんてわからないのが現実だったと思うのです。(勿論今も解明できてない)
だから鼻血は一時的な大量の被ばくのせいだったかも知れないし、被災のストレスによるものだったのかも知れないし、指で鼻く○をほじって出たのかも知れない(笑)

最後に、私が経験した不可解なこと・・・・・
原発事故から1年以上経ったころ、被災地の近隣県に出した私の出した郵便物が被ばく?
なぜそれがわかったかというと、毎月送っている郵便物が放射線測定チップで、あて先が被災地の近隣県なのです。そしてその頃の数ヶ月間だけおかしな数値が出ていたのです。それまで10年以上前まで遡ってもそしてここ最近も正常だったのに、その数ヶ月だけ反応が出るはずがないチップにも出ていたので不可解でした。もちろんチップの保管も毎月同じ方法で環境条件は全く変わってないのに・・・です。
想像するに郵送における自然環境中での被ばくとしか思えませんでした。そして当時は結構遠くのあちこちへも放射性物質は飛散しているんだな~と妙に納得したことでした。

美味しんぼ騒動、忘れ去られつつある原発事故問題を再度思い出させて考えさせられることになったことだけでも、大きな効果があったとも言えますね。

まぁ、国や東電にとっては邪魔で鬱陶しくて仕方ないんでしょうが・・・・・

事故直後に鼻血を引き合いに当時の政府与党に詰め寄った現与党政治家は
どう説明するのか・・・・また無視?そしてマスコミも政治家の顔色を伺い沈黙?
ここを突っ込んでくれるような素敵なマスコミはおらんのかいな?

         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する