☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



続:ラーメン1杯=イカ1杯+ヒイカ1杯
5月21日の ラーメン1杯=イカ2杯+タコ2杯 の記事に続き・・・

非常に似た記事ですが、また釣りに行く前に三里うどん本舗、夜の部。

140602-1.jpg

前回は塩ラーメンだったので、今日は醤油ラーメンです。

大将と釣り談義をして、時間を見計らって釣り場に。。。。

最近はまた地獄の修行の日々で、ここ3回アタリすらない釣行で心も折れかけてます。

ところが4晩目、始めて1時間半頃?ちっこいヒイカが上がってきました。
そして2時間経ったころに・・・・・・

リールを微速で巻いていると、かすかな抵抗感を感じました。そっと竿先で確かめてみると微妙に竿先が引かれ生体反応あり!

自信を持って(実は祈る気持ち半分で)合わせを入れると・・・・

ガツン、ぐ~んぐ~ん!!! (久しぶりのアオリイカです)


こりゃ~ kg超えの引きじゃないの? (期待は最高潮!)

しかし途中から素直になり、上がってきたのは・・・・・・

140602-2.jpg

500gのアオリイカ(雄)でした。  (4号エギが小さく見えます)

そろそろシーズンも一段落らしく周りはまったくというほどイカが上がってないようです。

アタリも糸をゆるめていると(張りすぎも駄目)イカがエギを抱いても気づかず、ちょっとしたらエギを離すので、しゃくって緩めてという釣りではまず釣れないみたいですね。
動きに不自然さを感じさせないよう常にエギを手に感じながらコントロールしないと抱く瞬間がわかりません。それだけ今はシビアなようで、神経を集中してないといけません。

それだけにかすかなアタリ(といえないぐらいシビアな違和感)が来たときは、根や藻でないことを祈って合わせ、それで本物が来てたら嬉しいですね~。


そういえば・・・・・

三里に寄った時に限ってアオリイカが釣れてます。

ジンクスに頼るようになったら終わりかも・・・ですが紙にも藁にもすがる気持ち(笑)

 

 ←イカ釣り関連

         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

 
関連記事


この記事に対するコメント

三里でラーメンやね。うどんくったら!冒険はやめてラーメンやね。前回400gと600gやろ!やっぱり塩ラーメン!

【2014/06/05 09:22】 URL | 三丁目 #- [ 編集]


そういえば・・・・
意外と「スジ肉」あるいは「たまご」のおでんかも知れません(笑)

【2014/06/05 12:07】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する