☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



早くも今年を振り返る時期?(笑)
まだ1カ月以上あるのですが本年のイベントや教室など、すべてが一段落したので
(要するに閑古鳥)、今年を振り返ってみました。

しかし今年は出動件数が少ない・・・・どれだけ少ないかとグラフにしてみると・・・・
昨年比ではなんと39%の落ち込みで普通なら倒産?(笑)
141128-1.jpg

そしてその活動内容をみると、
今年:イベント47%、教室53%
去年:イベント46%、教室54%
                       その比率はあまり違いません。

やはり平均して少なかったということになります。

しかしながら今年のトピックスとして、スペインの方にうどん作りを教えたこと、初めて「かるぽーと」にて教室をさせてもらったなど新たな展開もあり、決して件数だけでは計れない収穫もありました。


今年の残った日々はまた勉強をしようかなと思い過去の資料を見ていて何年か前の資料を発見しました。

141128-2.jpg

これは某事業者が作るうどん出汁と自分の出汁との使用する素材量の関係を表にしたものです。凄いですね~こんなことを調べて研究を自分はしていたんですね~(笑)
表を見ると左の高い山になる素材はただ多く入れても一定以上は効かない物なので(出汁を知ってる方ならわかります)私は一定量で止めています(コストが抑えられ無駄がなくなります)。また右側の2つの山の違いは、それぞれの素材で出汁に特徴を持たせていることがわかります。そして右端の素材は私は使いますが某事業者は使っていません。これが某事業者と私の出汁の個性の違いともいえるわけです。
こうやって表を作ってバランスを見比べるだけでも色々な意図が読み取れます。

物を評価するにも受け売りでなく自分自身がきちんとデータを取って研究した裏付けがあってこそ、あ~だこ~だと言えると思いますので、やはり勉強はしておくべきですね~。
 
         ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

関連記事


この記事に対するコメント

今年はBTRの最終戦のうどんは無いのですか?

【2014/11/30 18:34】 URL | butch.t #9DD8ZWDM [ 編集]


いつもありがとうございます。
今年は草大会のまわりらしく参加者も少なめのようで、また自分もちょっと都合もありまして、出店は無しとさせていただきました。

【2014/11/30 18:53】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する