☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



確定申告の時期
今年も確定申告の時期がやってきました。
昨年度分は税理士さんがついて指導してくれたので、なんとなく無事に終わりましたが、今年はひとりでしなければなりません。まあ帳簿類は教えてもらった通りにつけていくだけなので苦はないのですが、申告書をどういうように書くか?実はそれがイマイチわかっていません(笑)
去年も税理士さんに書いてもらい提出もしてもらったので・・・・

150309-1.png

うどん稼業を申告する前は、給与支払い明細(職場2つ分と講師料明細数枚)の数字を自動計算するように組んでいるExcelへ数字を入力すれば自動的に計算してくれたので、そのまま数字を書き移せば抜かりの無い完璧な申告書が完成しており郵送して済ませてたのですが、個人事業が絡むと諸経費やら売上金やら交際費やらサラリーマンでは出てこない色々なケースがあるので申告となると税務署で項目を質問されたり説明をしたりが必要になる?

その点、税理士さんがチェックしてくれていれば、よほどの事がない限り税務署はすんなり受け入れてくれるようです。(たぶん)

そう考えると平日に休みを取って税務署へ出向き待たされて、それも1回で終わればまだいいけど、もし終わらなかったら・・・・と思うと、ちょっとはお金が要っても申告書の仕上げと提出を税理士さんにお願いしたほうが時間と手間と気苦労が大幅に軽減される、たかが個人の簡単な経理と笑われるかも知れませんが(笑)そのメリットは大きいです。

まぁ自分の場合、事業は確実に赤字なので(笑)還付申告になるので、還付分から税理士さんに報酬を支払っても余る・・・はず。

しかしながら赤字がずっと続くようであれば事業をやる意味を問われ兼ねません。ですから「何とか数年のうちには黒字に転じてガッポリと儲け、その時には税金もどっさり払うつもりで頑張りゆうぜよ。」などというように意気込みだけは見せておきたいところ・・・・(笑)

「・・・で、その見込みは?」

山雀 「ぁ、ぅ・・・・・・・(滝汗) 

          ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

  
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する