☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



「そらのとまと」新発売!
毎年、仁淀川町の山の上に出張うどんをするために出かけています。
お友達が仲間と立ち上げた、いわゆるフルーツトマトの栽培ハウス。外国製の全自動調温・調湿システムなどハイテクなハウスです。しかし四国と言えども標高1000mとなると冬は凄く雪が積もり数千万円のハウスが倒壊した年もあったりと、苦労も多くありましたが・・・・・、

ついに今年から独立したブランドで栽培出荷を始めたとの事。
栽培ハウスも拡張し某料理番組にも出たハウスも入手し栽培面積も2倍に?

そして・・・・・
以前は「ぴゅあトマト」としての栽培グループの一員だったのですが、今年からは・・・

150630-2.jpg

    そらのとまと ブランドで出荷を始めています。

ぴゅあトマトの頃から、友達のハウスのトマトは評判が良かったし、自分も正直あまりトマトを食べないほうなのですが、ここのトマトだけは別なんですね。

150630-1.jpg

毎年、収穫を始める前にトマトを取ってくださるバイトのお母さんらに、よろしくお願いしますの意をこめ御馳走を振る舞う宴をしており、それに毎年私のうどんも加わってるという訳です。

ちなみにパッケージの可愛い絵を書いた子の名前、個人情報のこともあるのでアレなんですが、このパッケージそのものを表すような微笑ましく可愛い名前なんですよ。

流通販路も今年から大きな企業さんと契約したことから、私らがハネ物をいつでもパクるという訳にはいかなくなりますが(笑)、多くの皆さんに自分も好きな「そらのトマト」を食べていただきたいです。
 

          ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する