☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



告白(笑)
この記事は下記の通り公開しても大丈夫なようなので書きます。

裁判所ホームページQ&Aより 一部抜粋

「裁判員等でいる間,裁判員等に選ばれたことを公にしてはいけません
                              (裁判員法101条1項)。
   ~中略~ 

なお,裁判員等でなくなった後に,
自分が裁判員であったことを公にすることは禁止されていません。


上記の通り法的に問題ないと判断し、裁判員に選ばれる可能性ある候補者という1年間の呪縛から解き放たれたので告白します(笑)

①まずは一年間を期限に候補者リストに選ばれましたよというお知らせが
  最高裁判所から11月頃に来ました。(翌年1年がその期間となる)
②そして該当する裁判が管轄内である場合、裁判員候補者としてリストから
  抽選され、当選すれば写真のようなお知らせの封筒が来ます。
  (自分は下記のような事情で辞退し結果的に本裁判員にはなってません。)
  ここで当選しなければ何もなく1年が過ぎて終わります。

自分は裁判員制度にも興味があって、2日ぐらいなら休みをもらって体験してみたいかな~?なんて思っていたのですが、いざ候補者の1人に選ばれて送られてきた書類を見ると、約一週間も仕事を休んで行く必要があるらしく・・・・絶対にムリムリ!お勤めしてるものが一週間も休むなんて、到底無理な話。
定年後に何もしてない人や専業主婦やフリーター、自由業?などでないとなかなか難しいのではないでしょうかね?そうなると行ける方の職種?や年齢層などが偏る可能性も大いにあるかと思いますし、またそれらの方でも当然ながら諸事情で困難な方もいらっしゃるかと思いますが・・・・。

まぁ実際のところ判決は裁判官の裁量で裁判員全員の意思を覆すような判決であっても下すことができる仕組みですので、国民は「とりあえず参加をしているという形だけのもの」であるので何ら問題はないんでしょうけどね(苦笑)

でもそんな仕組みとわかっていても自分は興味があったけど残念・・・・・
「仕事一週間も休むの無理っす」ということで、事情を書いて認めてもらいました。

しかし妙なところでクジ運が強い?
わずか2カ月後、別の裁判での抽選にも見事に 「当選!」
2通になっちゃいました。なんてクジ運だっ!2回連続当選って宝くじより難しくない?

160219-1.jpg

そしてまたこの2回目も「仕事一週間も休むの無理っす」ということで断念。。。
候補者リストにある1年間はまた選ばれる可能性があるとのことでしたが、さすがに3回目はなかったですね。(確率的に2回でも凄いと思う・・・・笑)

裁判員制度、
せいぜい参加は2~3日以内かなと安易に考えていたので一週間は想定外でしたね。


神様仏様、こういう運は・・・・宝くじに廻してくださいな(笑)


          ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 
 
 
関連記事


この記事に対するコメント

2回続けて・・・
3度目の正直ってことわざもあるね

【2016/02/20 21:22】 URL | とうやく #nmxoCd6A [ 編集]


3度目は宝くじと願ってましたが・・・・・汗

【2016/02/21 16:15】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


裁判員に選ばれて仕事を一週間休めるのは、
公務員・大手企業位か。

【2016/02/22 22:05】 URL | タメやん #- [ 編集]


一庶民の自分は無理でした(笑)

【2016/02/22 22:10】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する