☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



萌える?男の赤トラ
白髪山、標高1700mもあり他の山に雪がなくても雪をかぶって頭が白くなっていることから「白髪山」という名がついた・・・・と思う(想像)
ヘタしたら富士山?と思うほどその姿は美しい。(携帯画像じゃ見えんが!)
綺麗な雪をかぶった姿、そして他の山もまだ雪をかぶっています(↓↓の山々)
20080127-1.jpg

そんな白髪おろしの吹く中、男は赤いトラクタで農作業をしました。
今の時期は草を生やさないよう、また土の中に空気を入れるために田んぼを耕します。おおまかにふんわりと土を起こすのがコツです。トラクタの轍(わだち)を一切残さない鋤き方がちょっと得意。
途中トラクタから降りて風景をパチリ!のどかでええとこでしょう~。
20080127-2.jpg

南向きの棚田で綺麗な水があり、昼夜は寒暖の差があり美味しいお米を作るにはバツグンの条件のところです。
ふと見ると、気の早い蓮華が一株だけ花を咲かしてました。寒いやろうなぁ~。
20080127-3.jpg

それが終わって昨日から熟成させていた「うどん」を3kg延ばして切りました。
ん~~、ええ麺ができてる。と喜んでいたら電話。。。。。。
昨日の居酒屋さんです。
「昨日のうどん、めっちゃ凄い旨かったですよ。うちの若いもんも唸ってました。家で子供に食べさせたら「めっちゃウマ!」と驚いてましたよ」と作り方のことを聞かれました。

あえて言うなら考えた生地の畳み方かな。それとこの時期に塩分・加水、麺の太さがピタリとマッチしたこと。たったそれだけですが全然変わってしまうようです。不思議ですね~。


関連記事


この記事に対するコメント

萌える男になる日もあるんじゃな・・・

【2008/01/28 21:19】 URL | QOO36 #eMkLRZRc [ 編集]


>QOO36さん
そうなんですよ、まもなく燃え尽きた世代に・・・汗
せめて気持ちだけでも萌え〜〜。(意味不明)
 
ところでQOOさんの個人情報がいまだに届きません〜。
で、アレが送れません。。。(モチ無料です)

【2008/01/29 09:27】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック