☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



期待が大きいほど・・・・・汗
県外へ釣りに行くたびに気になる「うどん屋」さん・・・・ついに寄ることができました。

160426-13.jpg

チェーン店?正体も知らずに入ったら・・・・「あぁ、セルフ店なんやね。」

ちょっと暇な時間帯ゆえ客は1組、見るからに茹で置き状態の麺だけが少な目にザルのような入れ物に入った状態で置かれてて、店の方に教えてもらうに「普通の1杯が2~3玉ですので丼に入れてください。」とのこと。

それを自分でテボに入れ湯煎(20~30秒とのこと)、そして好みのトッピングなどを取り会計をする時に出汁をかけてくれるというシステムでした。

調子こいて取り過ぎた~~~~笑

160426-14.jpg


麺3玉、おにぎり2個、かき揚げ、チク天を取りましたが、やはり麺2玉におにぎり1個とかき揚げだけで良かったと後悔。

お味は・・・・・かき揚げはそれなりに美味しかったし、出汁は万人向けに無難な美味しさでしたが・・・・・・・・・・・・・・・・あとは余り覚えていません(汗)

まぁ何度も前を通るだけで期待値だけが盛り上がってしまってたようです。(笑)

 
          ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 
  
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する