☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



親切心がアダに・・・・?
先日、某所で車が横転していました。
大きな交差点でもないのに何故?と思ってたらすぐ近くに猫が御臨終になってました。

もしや猫を避けようとして????

・・・・・ところが、近所に住む方からの情報では「子供が道路を渡ろうとしていて(近くに横断歩道なし)、それを渡らせてあげようと車を止めてるところに別の車が来て・・・・(結局はどっちが横転したのか不明)」

160513-1.jpg

事故の詳細や猫は巻き添えなのかなどは不明ですが、要するに横断者の為に車を止めたところ、他の車が気づかず(気づくのが遅れ?あるいは抜こうとして?)結果事故に繋がったということのようです。

その日職場で皆とその事故に関することなどが話題になり、信号の無い横断歩道などで歩行者の為に止まってあげると(正しくは止まってあげるではなく止まるのが義務ですが)、その止まった意味に気付かない後続車に追い越され危ないと思ったことがあるとか、後続車が車間を詰めて来ていると止まってあげたくても追突されるのが怖くて止まれない、などの意見がありました。

そうなんですよね、以前に自分も信号の無い横断歩道で止まったところ対向車がいつまで経っても止まらないとか、別のケースでは止まってたら対向車も止まり、歩行者が横断歩道を渡ろうとしたら対向車の後ろの車が追い越しをかけてきて、しかも止まってる車に接触したとか・・・・。
また止まって歩行者が渡り始めた時に追い越しをかけられ慌てて右手を窓から出し車を制しながら歩行者に危ない!と声かけたことも。
こんなことが多々あるから止まるか否かの判断は実際にはけっこう難しいです。(交通法規上では止まらないといけないのですがね。)

なぜ前の車は止まった(止まってる)んだ?という理由を考えない、何だコイツ邪魔だとしか思わないような自分本位な運転が多いと思います。
正直言うと自分も気づくのが遅れハッとしたことも過去にありました。

以前にも書きましたが県民性というやつもあると思います。高知よりは松山市のほうがそういうマナーは全体的に良いと感じます。
しかし県民性だから仕方ない・・・という話ではありません。
 
自分の通勤路は通学路として子供が多く通る道を通りますので気を付けています。
皆さんも事故にならないよう周囲の人や車の動向に注意し御安全に。。。

            ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 
  
 
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する