☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



なぜ彼は行動できなかったの?
北海道の7歳男児が無事に見つかったのは本当に良かったと思います。
世の親は改めて子供のしつけということを考え直す機会にもなったようです。

しかし、行方不明になった当初から情報の錯綜(証言の変化)などもあり、色々な憶測があったことも否めません。実は自分も色々と憶測した一人です(汗)
しかしながら無事で本当に良い結果でした。

・・・・・が、報道の混乱ぶりも目立ちました。

こんなことを書くと関係者から「現場の実情も知らずに!」とお叱りを受けるかも知れませんが、いつも何かの事件や事故の報道では情報が錯綜し誤った報道がなされることが毎回といっていいほどあります。
なぜこんなに間違うのでしょう?
おそらくですが統括する立場の者が情報を一元化して掴んでないのもひとつでしょうね。
担当を分けて取材し、ある現場からの内容をそのまま報道する・・・・確かに現場は混乱し急いでいるのもわかります。しかし視聴者が見聞きしてすぐに「あれ?それおかしいでしょ?」というような単純な誤りで疑問を持たすような内容を報道するのことも多々あるわけで、そこらへんもっと正確にお願いしたいところですね。
情報の一元化は大事だと思います。

また先日の男児発見の時の某新聞社の出した地図、本来なら○○より引用とすべきですが、発見場所が間違っているのであえて引用元を明記しません。
(矢印の場所が本当の発見場所です)
160606-1.jpg
なぜ間違えたか推測するに・・・・GoogleMap上で「陸上自衛隊駒ヶ岳演習場」の文字がそこにあるんですね、ですから自衛隊演習場で見つかった=ここだとデスクがMAPを作ったと推測されます。その誤った発見場所には該当する建物などはありません。
しかしながらこれだけを見たら(建物もない)山の中でよく居たものだと思うでしょう。

また、ネットニュースで文字の記事と一緒に動画が見れるページがよくあります。先日も見ていたら文字では演習場内で自衛隊員が発見と書いてましたが、動画によるアナウンサーの言葉では「自衛隊が発見し民家に保護されているというように言ってました。

なぜ民家に??自衛隊内で見つかったなら自衛隊内で保護してくれたらいいんじゃね?

こんなふうに余りにも矛盾した報道が、とても耳につく訳です。(それだけ興味(関心)を持って見ているという事でもあります)
そんな私でも「おにぎりと」、「おにぎりとお茶」とかの違いまでを突っ込み入れるつもりはありませんが、やはりこれらも所詮は伝言ゲームなんだなと思います。


さてさて無事に子供が帰ったのは良しとして、子供の行動が報道の通りだとすれば子供が何日もそこに留まっていたのはなぜなのか?そういう疑問がありますね。
やはりネットとかでも今度はそっちの憶測が色々とあるようです。

子供(個人)の心理から助けを求めること(行動を起こすこと)ができなかったのか?そこらへんはよくわかりませんが、地理的には決して助けを求めに行けない場所ではなく、100m以内にゴルフコースもあり行方不明の翌日にはゴルフ客もコース上に居たと考えられます。
また演習場内からは近くにあるホテルが見えるようです。(夜にはホテルの明かりが見えるとのことです)

位置関係をみるとこんな感じです。(画像をクリックすると拡大します)
160606-2.jpg
民家とは割と近いですね。ですから何キロも山道を歩き着いた者がすぐ近くの民家に行けないわけがないということになってしまいます。
それで行けなかったのか?行かなかったのか?そして・・・・行方不明の2日後の30日に自衛隊員が点検で開けた時は居なかったなどという情報?もあったりで、実はそこには居なかったのでは?などという憶測が出てくるわけです。これも情報の錯綜なのか虚偽の情報なのか伝言ゲームになったのか真実はわかりません。

別の角度から地図を見るといかに民家がある場所から離れてない所にあるかがわかります。(画像をクリックすると拡大します)
160606-3.jpg

そこに男児が(本当に)何日もずっと居て、それで行動できなかった(出て来れなかった)としたら、その要因は心理的なものであったと考えられます。
そうなると相当な心のアフターケアが必要になるだろうな~と思います。


            ←Blogランキング、よろしければクリックを。
関連記事


この記事に対するコメント

さいとうたかをのサバイバルを思い出した。

【2016/06/08 21:13】 URL | タメやん #- [ 編集]


> さいとうたかをのサバイバルを思い出した。

ゴルゴ13のさいとうさんですね?
見たことないです~(汗)

【2016/06/10 09:00】 URL | 山雀 #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する