☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



ワンセグ付き携帯NHK受信料不要の判決
密かに注目していた裁判の判決が26日に出ましたね。
以下、弁護士.comニュースを参照し書きました。

内容:
  テレビを設置せず、ワンセグ機能付きの携帯電話を所有しているだけで、
  NHKの放送受信料を支払う必要があるかどうかの確認を求めていた裁判
争点:
  「受信設備を設置した者」に受信契約の義務があると記した「放送法64条1項」の解釈
双方の主張:
  (原告)携帯電話のワンセグは「設置」ではなく、「携帯」であるから設置ではない
  (NHK)「設置」とは「放送を受信できる状態にすること」ゆえTVが見れる携帯も設置になる
判決:
  ワンセグは設置ではないので受信料は不要
  
  マルチメディア放送(サービスが終了したNOTTVなど)の定義を定めた放送法2条14号で
  「設置」と「携帯」が分けられていることから、ワンセグも「設置」とするNHKの主張を「文理
  解釈上、相当の無理がある」

まぁ、こんな感じだったようです。
こういう問題が生じたのは、そもそも国営放送から中途半端な民営?になって色々な問題が起きた中のひとつと言えるでしょう。
しかし矛盾しているのは衛星BS放送、これなんか例えば韓国でも無料で見放題ですが、NHKでは外国の各家庭にまで受信料の徴収に行ってますか?
それをせずに日本国内だけで済まそうなんて、そりゃ理屈が通りません。

受信料が必要ならBSの有料チャンネルのようにスクランブルをかけて契約者にだけ視聴サービスをすればいいし、公共放送の立場が残っているのなら必要に応じてスクランブル解除をして放送すればいいと思うのですが、それなら受信料を払っている方々にとっても公平で納得がいくかと思います。

それと現実によくある事例で、一般家庭に2台のテレビがある場合2台分の受信料を取っているのかということ。法の解釈でいけば2台分の受信料を徴収すべきでしょうが、実際には1軒1台分を集金したらヨシとするケースがほとんどじゃないでしょうか?
そしてそのあたりの解釈をし采配しているのはNHK集金人という、何ら会社運営に決定権のを持たない社外の人間ですよね?だからなのでしょうか?その態度も横柄だったりで嫌われてるケースも多々あるようですけど(笑)


話を戻して・・・・携帯などワンセグでも受信料を必要にしたければ、放送法を改訂し明記して電話会社と提携し、機種変更の時点から契約を結ぶということにしないと難しいでしょうね。

まさかワンセグは負けたがフルセグは受信料が必要なんて言わないですよね?(笑)

追記: NHK側は控訴するらしい・・・・・



追伸:うちの自宅では受信料(BSも含み)きちんと払ってますので念のため(親が・・・)
    自分の事務所では「テレビ?そんなものはない!」と追い返しましたけどね。
    そりゃ無い物に金は払えませんから。(笑)


            ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する