☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



名前間違いと個人情報(銀行のモラル)
久しぶりに回ってきた役目で落ち着かない日々を送っていましたが、先日やっと無事に終了した研修会。
161122-1.jpg

しかしそろそろ引退も近いし、次の世代の方達に頑張ってもらい自分は後方から見てる・・・・といえばカッコいいですが、ほとんど閑職状態で(笑)
まぁそれでも資料の誤字脱字などの校正は得意なので(自分のBlogなどの誤記は棚に上げて)いくつも見つけて修正。
ただ・・・・(プログラム)行程表、自分がそれをもらわずで校正してなかったのですが、運が悪いことに一番やっちゃいけない人の名前の漢字間違いがあったのは痛かったですね。
いくら職員で身内とはいえ間違えられた本人は気分は良くないですからね、自分が校正したわけではないですが当日ご本人に重ね重ね謝っておきました。

そんな自分もよく名前の漢字を入力変換で間違えられます。
難しい字でもないのですが、他の漢字が多いせいか?よく間違えられるんです。


そんな中で一番ひどかったのは「四国銀行」
職場の給与振込口座通帳の漢字が間違ってたんです。

当時は行員が職場に定期的に来てたんで何度か「間違ってる」ことを伝えたのですが、そのまま放置されていました。自分もカードしか使わないし、そのうちネットバンキングで使うので通帳そのものを使うことなく(修正せず)ずっと放置状態。(そういえば窓口に行ってくれと言われたこともあったような。そっち(銀行)のせいで何でわざわざ仕事を休んでまで行けるかよ!)
そして何年も過ぎたある時に「かくかくしかじかで担当が変わるたびに何度言っても放置とはどういことだ?」と行員に言ったところ、後日なんかの用紙を3枚ぐらい?持ってきて全部に住所名前など変更届みたいなのを書けという・・・・・
「間違ったのはそっちでしょ?口座開設の時に自分が自分の名前を書き間違うはずがないやん!」と言ったが、これらの書類を書いてもらわないとダメだと・・・・確かに簡単に通帳名を書き換えるなんてことができれば確かに危ないですが、そもそも間違いの原因は銀行側の入力変換ミスだとはっきりしているし、しかも本人が言ってるんだからね、そこは考えようよ・・・あまりに馬鹿にしてませんか?

書類を書けば、あたかも私の過ちのごとく処理されるなんてふざけすぎでしょ!
・・・・で結局それを書いたかどうか不明(笑)

思い出しても腹が立つので、ちょっとコーヒータイム(笑)
161122-2.jpg

決して四国銀行に対して、いわれのない誹謗中傷をしているのではありません。
すべて自分自身に起こった事実について自分が思ったことを書いただけです。


あ、そうそう~まだありますよ。w

まだ個人情報保護法が成立してなかった頃の話しなので法的に詰め寄る事はできませんが、常識としてオカシイでしょ?と詰問し、それに回答をさせるぐらいはできましたけどね。

具体的な内容を書けば自然災害で車両が全損、それで車両保険の保険金が下りたんですよね。そして口座に振り込みがあったわけです。

ただ問題はそこからです。

その口座は給与振り込み口座で当然ながら行員はそれを知りえます。
だから平日の真昼間なら職場にいる確率が高いことも容易に想定できるでしょう。

ところが行員は平日の真昼間に自宅に電話をかけてきました。
そこで家人は当然ながら「仕事で居ない」と答えます。
「あぁそうですよね」で終われば何ら問題はなかったのですが・・・・・

なんとその行員は「山雀さんの口座に700万の振り込みがあった」と伝えたそうです。もちろんそれを聞いたのは家族とはいえ、私本人じゃなく突然言われて驚きますよね。
ましてや車代は自分個人で払ってるから家人は知らない訳で・・・・。

これって今なら個人情報を本人以外に喋ったということで問題になります。

その頃は法律が制定されてなかったとはいえ、常識で考えたら本人以外の人に銀行員が口座情報を漏らすなんてオカシイでしょ?

行員の魂胆としては「それなりの金額ゆえ定期預金の勧誘をしよう」ぐらいに思ったのでしょうが非常識も極まりない下衆の極みというヤツですね。
そんなことがあって、「何の金よ?」「車両保険だ!」「そんな金額おかしい」・・・etc.
それ以来、家庭が更に不和に・・・・そして家庭崩壊の逆恨み(笑)で、私は四国銀行は信用するに値しない銀行のひとつと思うようになりました。
ただ・・・・まだ職場の取引がある関係で給与口座に仕方なく使ってますが(汗)
まぁ地方ではそれなりの大手企業にとって、はした金しかない私の口座なんかどうでもいいでしょうけどね(笑)

さすがに現在は個人情報保護法もあるのであんなゲスな事は流石にしないでしょうが。

            ←Blogランキング、よろしければクリックを。
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する