☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



SNSって・・・・
多くの人が何らかのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用していますね。自分も趣味の繋がりがきっかけでMixi(古っ)やTwitterへ誘われて匿名という事で登録しましたが、最近になってその利用価値がどうも・・・・

まぁ自分が上手に使えてないというのもあるでしょう。自分は連絡手段なら電話やメールが手っ取り早いと思っているし、それとSNSに関わる時間がもったいないというのが本音?かも。そして近年FacebookやLINEといった物ができてからは特に、どちらかというとSNSが嫌いになったという感じです。

これを読む方はまさかSNSを御存知ないという方はおられないでしょうが、

みんながやってるSNSって何が楽しいの?
「SNSって何?」そうきかれたとき、答えられますか?
 ←参考リンク 

*本記事は私個人のボヤキですので文字ばかり、読まなくても結構です。
  ましてや反論コメントなどは特に不要です。(笑)

お断りしておきますが本記事は私個人が考えているSNSに対する個人的な見解であり偏見も多々ありますし、SNSをやっている方がどうであるとかを言うのが目的ではありませんので御理解いただきたく思います。

自分としては特にFacebookやLINEの2つは登録することで個人情報をごっそり抜かれるというのが嫌だったんですね。(匿名のSNSでもそういうのがあるから何もこの2つだけではないのですが)
パソコンであればメーラーの中の知人の登録アドレスやアルバムの写真や動画、PCの使用傾向・嗜好など。スマホでは電話帳は勿論、使用傾向や特定の人への連絡状況の頻度など、思いっきりプライバシーな内容がすべて常に運営者に抜かれています。
それらの情報を解析分析し、例えばFBなどは「誰々さんとお知り合いではないですか?友達登録しませんか?」というようなメールが来るようです。それが驚くほど図星で当たってて、電話番号もメルアドも知らない顔見知りの人や職場の人だったりするわけで驚かれた方もいらっしゃるのでは?
まぁ時には偶然にも抽出条件がハマった全くの赤の他人が出たりもしますが(笑)

実は以前、試しに個人ではなく「うどん」のほうで事業者として登録を試みましたが、嫌気がさして全く使うことなく今はとても後悔しています。

タチが悪いのは登録した本人の個人情報が漏れるのは自業自得だとしても、自分がSNSをしてなくても自分の電話帳に登録している知人などがこれらのSNSをやっていれば、向こうも自分の電話やアドレスを登録しているので、自分の情報の一部も抜かれてしまっているので、実際にこれを遮断するのは難しいんですよね。
登録した人はたぶん細かく読んでないでしょうけど、使用に際する許諾事項にスマホやPCの中の情報を(他人のアドレスなど個人情報も含め)すべて運営者に渡すことを許可していることになっているのです。承認して登録した(はいを押した)から法的に問題ないことになるのですね。
だからSNSをやってない人が嫌だと思っても知人とのやりとりにアドレスを交換していれば、その知人が本人の許可なく自分の情報として運営者にアドレスなどをアプリを使う代償に自分自身はもちろん他人の個人情報を渡すことが違法ではないということになる?実にうまい所を突いているという仕組みです。
ですからSNSをしなくても、たいがいは個人情報をかなり抜かれているということです。

LINEが普及し始めた頃に、「LINEやるなら私の電話やメルアド削除してからやってよ~と」言った事もありますが今や遅し、そういう事を簡単に考えて(いや考えもせず)、自分が享受できる利益(楽しみ)の為に他人の個人情報なんか考えることなく簡単にタダで渡してしまうのでどうにもならないわけです。
ただ・・・もし登録前に自分の情報の事前削除を全員にやってもらったら(不可能ですが)友達はほぼ居なくなるでしょうね(笑)

怖い世の中です。

漏れた情報は消せません、もうすでに自分の個人情報も間違いなく出回っていますから今更抵抗しても消せません。
もともと社会人でない少々個人情報を晒したところで何ら失う物がない学生が考え出したコミュニケーションツールといえば失礼にあたるかも知れませんので先に「ごめんなさい」と謝っておきますが、そのバーチャルの中でのリアルなコミュニケーションができる新たなツールとして話題となり、大きなブームとなって幅広く受け入れられ世界的に普及しました。しかしその反面、個人利用では非常にデメリットもあるのですが便利さ楽しさにかき消されている感じです・・・・。一方その反面で会社組織などは集客・宣伝・商行為には凄く利用価値のあるツールだと思います。その為には個人を一人でも多く集めることが重要なのですが、ここまで集まれば凄いですね。しかしそろそろ過渡期かという噂も・・・・

自分としてはTwitterが自分が使う最後のSNSツールだと思っていて、しかもそれすら最近は見ていません(笑)
お会いしたことのある方であれば、どうしたとか見ても面白いこともあるしコミュニケーションも否定はしませんが、匿名で誹謗中傷する書き込みを見たりすると凄く嫌になりますね。(だから実名登録が良いという方向で実名SNSに騙された流れたというのもあるでしょうけど)

自分は「文句があれば実名でリアルの世界で直接目の前に来い。」というタイプなので匿名での議論は鬱陶しいだけなんですね。だから自分もネット上では議論しません。書いて来ても自分の見解を一度書けば終わり(あるいは無視か削除かBlogで晒して笑うだけ)。

しかし、今は多くの方がFacebookやLINEをやってるので、時に自分が知らない世界でなんか村社会ができていたりして妙に気持ち悪いって感じることもあります。知らないのは自分だけみたいな(笑)・・・かといって始めようとも全然思いませんし、それに費やす時間があればもっと自分の為に時間を使いたいと思うので(笑)
ですから私と連絡を取る方には時に御不便をおかけしているかと思います。
どっちみち漏れてるみんなの個人情報で無意味ですが、せめて「自分からは不用意に知人の個人情報は安易に漏らしてませんよ」という自負、これが自分の良心でもあると思う変に意固地な私です。(汗)

しかしながら、そのうち老人になって話し相手も無く寂しくてSNSに参加したら、その時は気難しいジジイですが歓迎してくださいね。もうその歳だと奪われるものと言えば短い命ぐらいなので何ら困る問題もありませんので。(笑)


            ←Blogランキング、よろしければクリックを。
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する