☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



笑える「偽装」と笑えない「産地偽装」
バレンタインでこの歳になっても一応義理チョコとはいえ、いただけるのは有り難いことです。きっとその中には本命もある?・・・・と損じて いや信じています。(笑)

そんな中で気の利いたものをひとつ。
近年また魚釣りに狂っている私を知ってて、こんなものが入っていました。

170214-1.jpg

カツオですな・・・・この中にはチョコ味のサクサクとしたファーが入っていました。
下は、自分は酒は飲まないが洋酒入りのチョコは好きという変な人なので、ちゃんと気を利かせてくれています。
これはきっと愛されているということなのでしょう(・・・・としておこう:笑)

まぁこういうようなジョークのカツオみたいな偽装は笑って見過ごせるのですが・・・・・

笑えない産地偽装

JAが米を偽装?という話題が最近ネット上に出ていますね。
ニュース元・・・・週刊ダイヤモンドONLINE

それによるとブランド国内米の10粒中6粒が中国産米だったとか、驚くような内容が書かれています。60%が偽物?そうなると残る40%が仮に国産であったとしても産地がマジ正しいとも信じがたい・・・というような気がしませんか?
いや!本物が入ってますよ!・・・・って、ドリンク剤によくある「朝鮮人参エキス配合」。。。。ドラム缶に1滴たらしただけでも入っていると書ける・・・みたいな?(笑)

170215-2.jpg

まぁ、お米の産地偽装は今に始まったことじゃないですがね。

そもそも
「魚沼産コシヒカリを日本国中で売ってること自体がおかしいでしょ?」

これは自分が昔から言ってました。普通に考えてブレンド米にそれが少し入っているというならまだしも、100%魚沼産を全国規模で販売できるはずがありません。

耕作面積を考えれば即座にオカシイと気づかなければなりません。
下は新潟県魚沼市の地図、赤囲い部分が魚沼市全体。そのうち田耕地面積は僅か数%でしょう。これだけで日本中のスーパーや販売店に魚沼産米を置けるはずが無いわな(笑)
170215-1.jpg
お米は製造工場とは違います。工場は毎日毎日次から次へと同じ製品を作ることができますが、基本的にお米は年に1回しか収穫できません。
しかも1反(300坪)でまぁ9俵(540kg)とれれば良い方です。
実際に魚沼市の田耕地面積は. 3,270 ha(ネット検索による) とのことですので、
32700反全部×9俵(1俵60kgとして)=17658トン (実際はこんなにありません)

まぁこんな計算をしなくても簡易に考えると29万人が1年間食べるぐらいの量というほうがわかりやすいのかも知れませんね。

新潟県人口が228万人と考えても、29万人分の米しかできない訳ですから・・・・

新潟県内だけで消費しても、一年中それを食べれる人は8人に1人しか居ません。
全国規模で見れば、228万人どころか1億人以上で取り合いをすることに・・・・・?

魚沼産コシヒカリという本物の米に行き当たるのは難しいでしょうね(笑)
だからブレンドでない100%魚沼産コシヒカリが手に入る事自体が稀有なんです。

もちろん偽装している者が一番あくどい!のですが・・・・・
消費者側も もうちょっと賢くなったほうがいいかと思います。

*今回の記事に関する米の偽装について私にその真偽はわかりません、
  これに関しては2月18日の週刊ダイヤモンドに詳しく載っているそうです。
  もちろんお米以外にも以前からある産地偽装等には充分気をつけたいものです。


            ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する