☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



横浜文化センターで教室からの~近所でうどん(笑)
久しぶりの高知市横浜での教室、確か3回目ですね。
ここは熟年の方達が多くて作業は問題ないですが、おしゃべり好きな方が世間話しに夢中で話を聞いてないという場面もたまに・・・・。
まぁコミュニケーションの場でもありますからヨシとしましょう(笑)
しかしそんな中に、自宅で作ってみて再度確認したいという方もおられ、実際に一緒に作ってみて「抱えていた問題点が解決できた。」との事で、教室の価値があったなぁと嬉しく思いました。

毎度のことですがお世話いただいた生涯教育課のOさんには色々とお気遣いしていただき、また忘れ物の連絡までしていただき感謝です。
実はOさんから忘れ物のお電話いただいた時に「すいぶん帰られていたのでは?」と言われましたが、実は私・・・・そこから100mぐらいの所に居ました。
そしてまさに割りばしを割ってうどんを食べようとした矢先!(笑)
教室で皆さんとの試食はせず・・・実は寄りたかった店がすぐ近くにあったんですよね。

170218-1.jpg

活気のある店のスタッフ、麺も出汁もそれぞれが丁寧に作られています。
小麦粉はハイブリッド?すごく均整のとれた麺で、出汁も無難にまとめられています。

一言で言えばこれは 優等生のうどん!

本当によく作られてます。高知のうどんマニアが特に気にする長時間の茹で置きとかさえしなければ(していないと思いますが)高知では上位に位置するうどんと言えるでしょう。
(この麺はダレるとすごく変わるので茹で置きは厳禁だと思います)

(以下、個人的な感想です)
・・・・これより私個人の嗜好なので読み流していただければ幸いなのですが、感情移入なく一人のうどん好き客として見ると、麺も出汁もそれぞれが良くて・・・・が、それらを合わせた時、ちょっと一体感に物足りなさを感じました。
まぁ私自身カツオ風味が好きなのもありますし、一体感と言っても果たしてそれが評価されるのかは微妙ですが、これに一体感を持たせ自分好みにするのにはどうすれば良いのかもわかるし試すことも簡単ですが、それによりまた好みが今と違う方には合わないと言われる可能性も無きにしも非ず・・・・全ての方に合わせるというのは飲食業の難しいところです。
こちらのお店は余計な心配をしなくてもそういう事も含め試行錯誤して、そして今の味があるのでしょうけどね・・・・とても良い勉強をさせていただきました。

良いものを見せていただき、自分だったら(仮に失敗でも)更にこうして試してみたいと思う所が見えたということは、それと同じでない違った個性の物をまだ自分が作れる余地はあるということなので、さらに自分の思う物を作るために精進しなければと思いました。


            ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 
関連記事


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2017/02/22 22:17】 | # [ 編集]


ご丁寧にコメントありがとうございます。
出汁も勿論自作したものです。
お誉めいただき恐縮です。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
次回の出店は4月29日に予定をしております。
詳しくはホームページに掲載しますのでよろしければ御来店ください。

【2017/02/22 23:51】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する