☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



ひかり電話とネット回線
遅ればせながら先週の事、田舎に自分の電話とインターネット回線を引きました。
もちろん「光」です。数年前に光回線が通りましたので、田舎でも引き込みが可能になっていました。

170617-1.jpg

電柱のところから引き出す工事です。既存の自宅電話回線や電線は昔から引いてありますが、今回は自分の部屋へ距離が近い方の電柱から新たに引くようです。「こっちからでいいですか?」と聞かれても何法かわからんが道路を横切る高さなどの法律に抵触しないのであれば自分は問題ないですと。
計ってみて道路から4.5mの高さがあれば問題ないようで、ぎりぎりあったみたい。
でも無法地帯の田舎ゆえ、誰かが変な荷物を運んでたらひっかけられるかもね。(笑)

電柱から既存の線に沿ってきて架線の途中から枝分かれする感じで家に引いています。

170617-2.jpg

左上が家に引き込む線で、下に向いてるのがこれから本線に沿わせ電柱まで行く線(引く前なのでたるんでる)です。
枝分かれさせている線は光ファーバーの本幹を宙づりにしているワイヤーなので強度に問題はないらしい。向こう(下)にある横の線はメタル線(通常の電話線)です。
電柱と書いていますが電話線用の柱だけで電気の線(いわゆる電柱)でない柱もあります。ただし所によっては電柱も電話線も共用の電柱もあります。

この分岐点から電柱側と家側を同時に工事をしています。確かに両側同時にやれば仕事は早いよね。
作業を始めて1時間ほどで完了しました。

170617-3.jpg

室内も壁に露出でいいよと言っておいたので、簡単に引き回して終わりです。
業者さんはレベルを計測しOKとのことで電話開通の確認をしています。
その間に自分はネット接続の設定をして無事に電話とインターネットが開通。

Airステーションもセットしていますので自宅のどこでもインターネットが使えます。
もちろんスマホもWiHiで使えます。

・・・・が、使いこなせるのは自分だけという何ともったいない状況(笑)


            ←Blogランキング、よろしければクリックを。
  
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する