☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



2つの教室終了
先週、先々週にうどん教室をしてきました。

8月26日、高知市:布師田ふれあいセンター

9月2日、 高知市:朝倉ふれあいセンター

170903-1.gif

手順等は何度もやっている会場ゆえに作るのは何ら問題無く順調にできたのですが、実は布師田の会場で試食麺をゆがくと・・・・麺が切れる切れる・・・・汗
翌週の朝倉では同様の条件でも何ら問題なく切れずに綺麗にゆがけたんですが・・・・

何の要素が違っていたのでしょう?

おそらく水だと思うのですがね。


実は過去のイベントや教室で同様の経験が何度かあります。まだその頃は今よりも未熟な頃だったので余計に焦りました。(笑)

ささいな環境要素がひとつ変わると出来あがりの状態が変わってしまう、たかが単純なうどんと思いがちですが実はデリケートなものです。
あちこちに出向いて環境の異なる所でやってみると身をもって感じ取れます。
一定の環境下のいつもの自分の仕込み場所ばかりで作業していると気づかないものですが、武者修行(笑)をしているとそんな体験をするわけです。

そんな環境下でも2回目以降はその問題をクリアすべく考え試行することで解決もできるのですが、今回はうっかりしていました。

そんな見た目の悪い試食を文句も言わず食べていただき(味は狂っていない)、寛容に御理解いただいた皆様、ありがとうございました。


<お知らせ>
さて、今年の今後ですが年内にイベントの打診が2件あったのですが、当方の諸事情により出店をお断りさせていただく状況になっております。
また年内の教室も全部あるいは一部お引き受けができない可能性があります。


どうぞ御了承くださいませ。


            ←Blogランキング、よろしければクリックを。
  
関連記事


この記事に対するコメント

原因は、水でしょうね。
でも過去に同じ場所で教室やってるのか・・・・・?
やまちっちさんの師匠の所も引っ越しした時苦労したみたいだったし
他には、要素がないですね。
しかし本番でこれは、あせりますね!!

【2017/09/06 19:13】 URL | とうやく #nmxoCd6A [ 編集]


そうですよね、他に要素がないし。
f(^^;焦ります。

【2017/09/06 19:41】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


そういや、こっちに引っ越して
チャンピオンを打ったけど思うような麺じゃなかった。
水が原因かなぁ・・・

【2017/09/07 06:26】 URL | とうやく #nmxoCd6A [ 編集]


記憶が曖昧ですが、なんか他の粉と比べて違った感じだったような。水質でなく水分量の違いだったかと。麺の質感が個性的だったような記憶が。(うろ覚え)
もうずいぶんになりますが、某店開業準備の時に初顔合わせの日、店主がそれを使うつもりだと言ってました。(昔の話しです)

【2017/09/07 06:37】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する