☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



主夫の段取り
仕事しながら主夫していると、なかなか時間がないので徐々に要領がよくなって?きます。時間がある時や食材が余っている時、食材が安かった時、食材を貰いすぎた時など、多く仕込んで完成品や下ごしらえ分などを作り置きをします。
そして冷凍庫にストックし必要に応じて使います。こうやると下ごしらえの時間が省略され、ちょっと手のかかるものでも手早く作れますね。

170906-2.jpg

また料理をほとんどできなくなった親の為に明日のおかずを作って冷蔵庫に。
(サンドウィッチ=パンが好きな母親のため)*そしてウィッチではなくイッチと書く(笑)
右の生姜漬けも自作です。

170906-3.jpg

こっちが家計をやりくりしている一方で、作ってもらう方は大好きな刺身を自分で買ってきてはチャッカリ食べてるから困ったものです。

それも・・・・魚好きの度を超えています。

漁師だってそんなに魚ばかり食ってないぞ!!

高齢になり認知症の影が忍び寄ってくると、本能がむき出しになってくるんでしょうけど。
こんなに魚狂いだったとは・・・・・

実例をあげるのも恥ずかしいので省略させてください。(汗)

だから、こちらは余計に野菜をメインにしたものを多く作って食わすようにしてるんだよ!

170906-1.jpg


            ←Blogランキング、よろしければクリックを。
  
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する