FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



人に食べさせるうどんは難しい。。
1
(クリックで拡大します)

食べれないっていう失敗はないのが「うどん」。。。どんな物ができても、それなりに食べれるのが「うどん」。。。でも「人に食べさせれる」物をつくるのが難しいのも「うどん」である。ましてやお金をとって食べさせるっていうことが、どれだけ大変で難しいものか・・・・

ええ、ありますよ、こんなうどんでよう商売やってるなぁ・・・っていう所。 数軒は知ってます(笑)
と、偉そうに言いながら自分がやってみると・・・やはり「人に食べさせるうどん」は難しいものだと痛感。
材料にもこだわって素材には問題なし。そして水あわせもまずまずOK。鍛え方も悪くない(翌朝、玉を現役うどん屋さんに見てもらって踏みとかの工程は問題ないねと言ってもらったけど・・・・塩分濃度と熟成に問題が?)とても人に食べさせれるものではない。。。要するに腕が悪いだけとも言いますが。。。。不出来が気にかかっていたのか珍しく夢にまで見てしまって、とにかく気に入らないからやり直し!!

そして玉を見てもらったうどん屋さんに、問題点を話してアドバイスをもらって再挑戦です。
・・・・・・できました。
やはり仕上げは腕に問題があるものの、それなりに意図したものが表現できたかな?って感じの麺ができました。

本日のテーマは「さぬきの夢2000に敬意を表して」・・・(でも地粉は夢2000を使ってません)
まずは高知の名店「三宅」さんの配合を意識して冷用のキリっとした麺、名づけて「三宅のマネ似せん」
やはり・・・・全然似てない(笑)
次は、加水率を2%誤って多くしてしまったおかげで偶然できた加水52%モッチリ麺、名づけて「ふやけの夢52」です。
どちらも引っ張りテストで凄い粘りを見せ、一気に3倍に引っ張っても切れない。。。
そのかわり、切ってさばく(ばらす)時に自重で延びて細い麺になってしまう(笑)

え?味は???? 御想像におまかせします。幸い腹痛が起きたとかの苦情はありませんでした(爆)

いやはや、うどんって面白い。。。
関連記事


この記事に対するトラックバック