FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



師匠のイタズラか?

先日、尾道に行ったのだが松山道途中の入野PAに立ち寄った。
午後2時半過ぎだったが、まだお昼を食べてなかったから。
何か食べようかなとコンビニ横の店の前に車を止めて、店の前でメニューを見た。
「親子丼🍜もいいな、ざんきカレーも」(ざんきとは、新居浜あたりで唐揚げのことをそういう)

店内の食券販売機に行き、結局はざんきカレー🍛にした。
店内に客は一人だけ。しばらくして携帯を忘れたことに気づいてすぐ前の車に取りに行ってきた。

カレーができ呼ばれてカウンターに取りに行ってカレーを食べていたら、先客が出て自分ひとりに。

20190709212651665.jpg

そしてカウンターで「親子丼🍜の方~」とお盆が出てきた。

「ん?自分が食べようかなと迷った物を頼んだ人が?」
しかし誰もいないので、もしや自分が車に忘れ物を取りに行ってる間に頼んで、コンビニにでも行ってるのかな?ぐらいに思ったが、自分が席をあけたのはわずか20秒程度だし、コンビニから来て買ったとしても券売機の操作をする時間はないはず。
もちろん自分は他の客を見ていないし、来客はないと断言できる。

まさか自分の食いしん坊根性が機械を狂わせた?
実はふと思ったことがあった。

結局、親子丼の客は来ず店員は首をかしげながらそれを奥に仕舞った。

「ごめんなさい、それ多分私の師匠です」

また一緒に御飯にも行きたい、釣りにも行きたい、それを叶えることなく先立った師匠は、ちょうどその前日にお墓に納骨された。
天国に行く時に私が見えて、お別れに御飯を一緒してくれたような気がしてならない。

こういう科学では説明できない不思議なことってありますよね。
不思議だけど嫌な感じはなかったから、きっと師匠のイタズラだと思うのです。ニヤニヤしたイタズラ小僧みたいな顔が思い浮かべられます。

師匠、あちらで先立たれた最愛の奥様が待っていてくれるから寂しくないですよね、お幸せに。

できれば私のこともお守りください。(あつかましい?)



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
関連記事


この記事に対するコメント

唐揚げがザンキで今治は鉄板焼鳥ですよね。
唐揚げラーメンは?ですがザンキカレーはイケそう。

天狗の帰りの月曜日須崎から虚空蔵山方向へ舵を...
あぁもう藤家無いのよ、早ゃ49日でしたか。 

どいても旨いうどん食いとうて久しくまるしんへ。
待ち時間にブゾブゾ言うた女房も旨さ再認識でした。

【2019/07/17 18:42】 URL | mitanimomo #- [ 編集]


長いドライブ🚗💨お疲れ様でした。
まるしんの大将にも、わざわざ来てくださってること、今度話します。きっと喜び励みになると思います。

【2019/07/17 21:00】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する