FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



やっと籾摺りを済ませた
稲を刈り脱穀して籾(もみ)を倉庫に取り込んだら、あとはお天気に関係なく籾摺りができる・・・・と安心してしまうとついつい面倒になってしまう。

実際には脱穀から籾摺りまでに一週間ぐらいは置いたほうが良いので、その程度は置く。その理由は天日乾燥した籾は乾燥具合がまちまちなので一週間ほどまとめて寝かせることで水分量が均一化すると言われているから。

20191029204757d4b.jpg

前日に機械をセットしていざ翌日開始しようと籾を入れて回したら・・・・・あれ?
籾が途中から動かない。取説を何度見てもわからず(去年は問題なかった)
JAの先輩に電話して来てもらったら、籾が引力で落ちる穴につづり虫が古い籾を詰めてしまってて、穴が閉じた状態だった。このつづり虫は籾を蜘蛛の巣状に固めてしまうので穴を詰まらせる。
取り除けば問題なく動いた。
さすが本職、来るなり一発で原因場所を特定し、瞬時に解決!

               <順調に籾摺り中の図>
201910292047566d1.jpg

こうして無事に今年の籾摺りを終え玄米ができました。あとは保冷庫に入れて必要な時に精米すればよし。

結局のところ、採れた玄米は去年よりも3俵ほど少なかった。(笑)
イノシシにずいぶんやられたものだとある意味感心。

そして終了の掃除をしていて、ふと最初に落ちた不良籾をみると良い籾も混じっているようで、試しにこれだけを摺って精米もしてみたら・・・・

201910292047538ba.jpg

案外食えそうな白米が4合もできたので初の新米として炊くことにした。
めでたしめでたし。。。。

来年はイノシシ対策と今年の問題点を解決してもうちょっと収穫したいねぇ。
 



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
  
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する