FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



茶番?一生懸命なのはわかるけど・・・・
最近、都会でもイノシシが出没しているようで、今日もテレビでやってたが・・・・

「あれじゃ捕まえるの無理でしょう、それともわかっててパフォーマンスでやってるの?」

じゃぁオマエは捕まえられるのか?   って?

「無理ですね」 キッパリ!
だから稲の田んぼ2枚分もイノシシに食べられ潰したんですよ。

あの鬼ごっこを見ていると野性のイノシシをなめてるとしか言いようがないですね。
そもそもは自然界で一番悪いのが人間の存在、しかし人間として生きてゆくには・・・・
動物を殺して食べなければならない。。。少しの良心で必要以上に殺すことは避けたいが。

人間とイノシシだけで言えば、その境界線が壊れてきている。田舎にいるとわかるが、そもそも人間の里とイノシシがいる山の境目はあった。しかしながらその境界線をどんどん広げて人間が使うようになり、そしてその管理をしていたお年寄りが減り、次世代の我々が境界線の管理(草刈りや雑木伐採)をしなくなったことで、その境が徐々に里に近づいてきたことからイノシシが下りてくるようになった。

20191210095653f8f.jpg
        (写真は記事と関係ありません)

わかっちゃいるけど、自分だけではどうしようもない。また仕事しながら山の管理は無理だと思います。だからイノシシの害(人間の都合で言う害)は仕方ないとも言えます。
でも怪我をしたり亡くなったりするのは避けたいところ。

都会にイノシシ、やばいね。もはや動物愛護団体の声が・・・とかも言ってられないでしょう。
ハッキリ言っておくと、イノシシは走る凶器です。下手したら大人でも殺されます。
だから、人間が危険に晒される恐れがあれば保護などと悠長なことは言ってられません。
即刻 銃などで〇処分は止むをえないと自分は思います。
自然界で人間が一番悪い存在だと思いますが、人間が生きてゆくためには・・・・・ですね。

様々な御意見もあろうかと思いますが、議論はしません。

もちろんイノシシに悪気があろうはずもなく、しかしながら死人が出てからでは遅いということ。

都会のおまわりさんに一言、ご苦労様です、
でもテレビに映ってるようなやり方では下手したら死人がでますよ。
仮に網(ネット)に絡めて動きを止めてもその後の仕留め方を確実にやらないと危険。
走り回って追いかけて捕まえられるほど野生の動物はやわじゃない。


     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
      
関連記事


この記事に対するコメント

同じ思いで観てました、野獣を家畜辺りと勘違いですよね。
猪突猛進やき曲がれんとか誰が言い出したんでしょ。
何方にしても出逢わん方が賢明(食するのは大好き)

先日須崎から佐川へ抜ける折り藤家跡へ、この古民家が
又賑やかになる事は無いろうなあと思った事でした。

【2019/12/11 16:39】 URL | mitanimomo #- [ 編集]


ホント驚きの光景ですよね。タックルって、もし間違えて捕まえたら間違いなく牙で突かれ、顎で腕を噛み砕かれますね。
瀕死の重症ならまだよいほうでしょう。あまりにも無知な所業です。
あの短い足でチョコチョコ走る姿が可愛いから本性を知らんのでしょう。
少なくとも熊と同等にみないと痛い目にあわされますね。

【2019/12/11 18:30】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する