FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



ながら運転、赤信号停止中は?
携帯・スマホ操作をしながらの運転に12月から厳しい罰則が科せられました。
これは事故抑止の意味を考えると歓迎なのですが、曖昧なのは赤信号停止中の操作の是非。

車のニュースという記事の中に「警視庁総合相談センター」へ聞き合わせて回答をもらったものがあったので紹介しますね。

参考URL: こちら  2019年8月の記事です。(消えると読めないので下の続き(追記)に本文を載せておきます。)

警視庁総合相談センターによると

「厳密にいうと、赤信号での停車時にスマホを操作しても違反にはなりません。道路交通法でも、『当該自動車等が停止しているときを除き』とあるように、タイヤが完全に停止していればスマホの操作は可能です。それは、渋滞中の停車も同様で、徐行ではなくタイヤが完全に止まっている停車であれば取り締まりを受けることはありません」


確かに文面を四角四面に分析すればそういうことですね、まぁこれが法律の解釈ということです。

しかしながら・・・それは違反ではないと解釈された訳ですが、実際には(以後にも書いてあるように)信号が青に変わったことに気づかず後ろの車にクラクションを鳴らされるケースも多いと思われますし、実際にそういう場面によく遭遇します。
すぐに発進しないのは「故意でなければ違反ではない」と書かれていますが、円滑な交通を阻害しているのもまた事実。
実は昨日も片側二車線の信号待ちで青になったが先頭の並んだ2台ともが発車せず、数秒後に2台目の私と横にいる車に同時にクラクションを鳴らされて発車したといった事があったばかり。

だから信号で停止している場合も、すべきではないと思う訳で、やはり走行する車線からはずれた待避所などへ止めて操作すべきだと思います。

また曖昧で細かな部分は都道府県によって条例が異なるケースもあるので、疑わしき事柄については避けるほうが賢いと思われます。
「警視庁はそうでも高知は解釈が違うから違反!」と揚げ足を取られることもあるかも知れません。

揚げ足よりも「揚げ出し豆腐」のほうがいいですからね(笑)

20200121084225de1.jpg



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
  


運転中の「ながらスマホ」禁止のボーダーラインはどこ? (本文です)

 警察などの地道な啓蒙と取り締まりの成果もあり、運転中のスマホ操作が法律で禁止されていることは、一般に浸透しつつあります。

 そこで気になるのが、スマホの操作が禁止されている「運転中」という条件のなかに、赤信号で停車している時間は含まれるのかということではないでしょうか。
道路交通法第七十一条 五の五では、運転中のスマホ操作について以下のように定められています。

「自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。」

 この条文のなかで、「当該自動車等が停止しているときを除き」とされているため、赤信号で停車中は含まれないと解釈することも可能です。いったい、どちらが正しいのでしょうか。警視庁総合相談センターは、次のように説明します。

「厳密にいうと、赤信号での停車時にスマホを操作しても違反にはなりません。

 道路交通法でも、『当該自動車等が停止しているときを除き』とあるように、タイヤが完全に停止していればスマホの操作は可能です。それは、渋滞中の停車も同様で、徐行ではなくタイヤが完全に止まっている停車であれば取り締まりを受けることはありません」

 運転中の「ながらスマホ」禁止のボーダーラインは、タイヤが完全に止まっているかどうかのようです。

 それでは、赤信号で停車中に操作したスマホに夢中になりすぎて、信号が青に変わったことに気付かない場合は違反にはならないのでしょうか。

「その場合も、故意でなければ違反にはなりません。ただ、青信号に気付かずに後ろのクルマにクラクションを鳴らされたことでトラブルになるケースもあるので、赤信号でのスマホ操作は違反にはなりませんが、あまり熱中しすぎないよう十分注意してください」(警視庁総合相談センター)

※ ※ ※

 運転中の携帯電話の使用は、保持をしているだけでも5万円以下の罰金そして、違反点数1点と反則金6000円(普通車)が課せられます。

 さらに、2019年12月1日から施行予定の道交法施行令改正案では、違反点数・反則金が現在の3倍となるだけでなく、懲役刑が課せられるなど厳罰化の流れです。

 それほど重大な事故を巻き起こす可能性が高い、運転中の「ながらスマホ」。違反になるからではなく、交通事故を起こさないために、運転中は使用しないことが大切です。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する