FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



うどん教室 最終日
2月は毎日曜に行われた県立かほく青少年の家の「うどん教室」も最終日でした。

思い起こせば、かほく青少年の家では2009年、2012年、2013年3回、2014年、2015年3回、2016年2回、2017年4回、2018年4回、2019年5回、2020年3回と、計27回の教室をし累計で1000~1500名?という数の方々にうどん作りを教えたことになります。

12C_1943.jpg

そしてあとは3月の中旬にある「漫画教室」?での昼食のうどんをケータリングするのみ。


教室そのものは大変意義のあることだと考えるし、子供たちの楽しそうな姿を見るのは嬉しいもの。しかしその裏側では契約の事で少々問題があり・・・・むろん金銭的な問題ではありません。
少なからずこういった社会への貢献の一環として活動できることは有難い話で、自分自身もボランティア精神の要素は強く、少々の無理は致し方ないとも思っていました。しかし安全面を考えると・・・・それで今年は事前に条件を提示し了承してもらっていたにも関わらず・・・・

あまりネット上で詳細を書くのもどうかと思うので簡単に言えば、「私が契約条件として提示し約束した内容を相手方に守ってもらえなかった」ということです。

だから来年度、もし声がかかった時は引き受けるべきか否か・・・・悩んでいます。
大人どうしが一度交わした約束ですからね~。

私はちょっと嫌と思っても割と断らないほうではあるのですが、一度裏切られて嫌と思うと徹底的に頑固になるようです。(笑)


     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
  
 
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する