FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



機能を見込んだスポイラー
車をいじるのが好きで色々と付けてみる、しかしながらたいがいは無くても済むものが多いのは確か。
中には確実に機能性や性能がアップしたりするものもあるが。
多くは見た目だけ重視のものが多いのは否めない。

スポイラーと聞くとレース車両に付いてる羽のようなものが真っ先に思い浮かぶと思う。
フロントの下にも付くものもある。
これらは空気抵抗を利用して車両の接地力を上げて走行の安定性をアップしたりする意味がある。
またフロントの場合は空気をうまく流して空気抵抗を軽減する意味もある。
まぁ一般道を制限速度でチンタラ走るには不要といえば不要、空気抵抗は燃費には少々関係してくるかもしれない程度。

そんなことは百も承知だが、違う目的でこんなものを付けてみた。

20200828112905866.jpg

ボンネットの後ろの端、フロントガラスの少し前方。(カーボン調のスポイラー)

20200828112904c00.jpg

バンタイプの車はフロントガラスが垂直に近い立ち方をしていて、飛び石などが当たると直角方向に近い角度で当たるのでそのダメージが大きい。その飛び石で先日フロントガラスを交換するはめになったのも記憶に新しい。

そこで高速などのパトカーなどが付けているアクリルのボンネットスポイラー、それは虫よけの意味の方が大きいようだが、風を上方に逃がすことでガラスに付きにくくなるようだ。速度が上がれば比例的にその力も強くなるのでこれは理にかなっている。

それに倣ってフロントガラスの前方で風をフロントガラスに当たる前に上方に向けてしまう工夫がこのスポイラー。
エアカーテンのごとく上昇する気流ができれば飛んできた虫や小石が少しでもその風に流され上方に向きを変えてくれれば、結局ガラスに当たったとしても直角ではなく少しでも斜めの角度になって当たることで直接的なダメージは減るはず。

見た目の格好ではなく実用本位の部品と考えていますがどうなるやら?
しばらく様子を見てみたいと思います。



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 
関連記事


この記事に対するコメント

高速ではかなり風圧掛かりますが取り付けは両面テープとボンネット後端に
アタッチメントで固定ですか。

【2020/09/03 14:11】 URL | mitanimomo #- [ 編集]


固定はご推察の通りです。(自作のクリップ📎風のアタッチメント)
3Mの専用テープならそれだけでも大丈夫かとは思いますがさすがに高速道路で落下物を新たに作る訳にはいかんですからね。

【2020/09/03 20:53】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する